子どもも満足、台北おすすめ親子カフェ5選はここだ!

シェアする

こんにちは、みみたまボーイです。

今回は台北の親子カフェを紹介していきます。子どもなんて公園に連れてけばいいだろ!という声もありますが、ここは南国台湾ですから、夏は暑すぎで室内で遊びたくなりますし、冬は天気が悪い日が多いので、親子カフェは活用できます。




台北親子カフェの特徴

台北市内に大量にある親子カフェ。特徴は2点。

  1. 時間制限有
  2. 最低消費金額有

どの親子カフェも、2つは設定しています。まあ、この手のカフェは一定金額以上払って、回転率上げていかないと、儲けるのが難しいビジネスモデルなんでしょうね。

台北親子カフェ5選

大量にある台北親子カフェの中から5つピックアップしてみましょう。

大樹先生的家

大樹先生的家は台湾で最も人気のある親子カフェチェーン店です。台北近郊に2店舗、台中にも1店舗あります。滑り台、ボールプール、アスレチック、おままごと、砂場など、一通りそろっているおり、さすが有名親子カフェチェーン店。

最低消費金額ですが、7歳以上は180元+10%サービス料、6歳以下は清潔費として150元(休日180元)になります。まあ、これくらいが台北親子カフェの相場です。予約が必要ですが、ホームページからできます→大樹先生的家

安定のクオリティを誇る大樹先生的家ですが、7歳以上は遊戲區に入れないので、そこだけが残念。みみたまボーイの娘は7歳になってしまいました。あ、あと、ご飯はあまりおいしくありません。

年齡限制:學齡前/ 6歲(含)以幼童方可進入遊戲區國家或以上 超過6歲孩童可以用餐,但不會進入遊戲區。

  • 古亭店:台北市大安區潮州街38號
  • 安和店:台北市大安區安和路二段83號
  • 崇德店:台中市北區崇德路一段212號

Crazy Cart Cafe by TDS

ここはもう、親子カフェを通り越して、半分アミューズメント施設と言った方が良いかもしれない。平日350元、休日550元以上消費しなければならず、値段もそういう設定です。

ここは、家族でのんびりランチを食べに行くというよりは、むしろ車が好きで好きでしょうがない子ども or 大人が金に糸目をつけず、遊ぶ。そんな感じでしょうか。車好きの子どもなら、間違いなく楽しめるものの、財布には優しくない

  • 住所:台北市內湖區陽光街300號一樓
  • 電話:02-27975300
  • 営業時間:12:00-20:30(一~五) / 11:30-20:30(六、日)
  • Web site:Crazy Cart Cafe by TDS

樂福親子餐廳

ミニ観覧車があることで、親子カフェ業界では一目置かれている樂福親子餐廳です。最低消費金額は、平日は何か一品オーダー、休日は350元。8歳以下のこどもは無料ですが、別途清潔費として150元(休日180元)が必要です。

あまり大きな親子カフェではありませんが平日のコストパフォーマンスは台北の親子カフェでもずば抜けている、。

住所:新北市三重區五華街200號
電話: (02)8287-0666
営業時間: 11:30~21:00
web site:樂福親子餐廳

農人餐桌

親子カフェには珍しく、料理がおいしい。遊ぶところはおままごとキッチンくらいですが、料理がおいしいせいなのか、結構混んでいます。スタイリッシュ親子カフェ。最低消費金額はひとり250元。
住所:台北市中正區重慶南路二段51號B1
電話:(02)2322-3716
営業時間:月~金11:30~21:00;土、日11:00~20:30。
web site:農人餐桌

レストランに入る前に

レストランに入る前に「Green and Safe真實物專賣店」というのがあります。このお店は有機新鮮野菜、果物、調味料などなどを買えるので、大人はこっちの方が興味あるかもしれません

Money Jump親子餐廳

なかなかゴージャス感があるMoney Jump親子カフェは、台北では有名な親子カフェです。なんせ、メリーゴーランドがありますからね。5つに分かれたキッズスペースで各年齢のこどもが楽しめます。

最低消費金額は、一歳以上十二歳未満は200元、大人は平日300元、休日500元です。他には、1700元のセットメニューで大人2人、子ども一人が利用があります。料理もなかなか本格的。完全予約制ですし、この値段なので、クオリティは高い



シェアする

フォローする