台北は歩きたばこ禁止!じゃあ、吸える場所はどこなの?

シェアする

こんにちは、みみたまボーイです。

今回は台北の喫煙事情のまとめです。たばこを吸う人にとっては、死活問題になりうる台北の喫煙事情を簡潔にまとめてみたいと思います。台北は台湾の中でも最も厳しい喫煙規制があり、違反者は当然罰金なので、ご注意ください。




台北でたばこを吸える場所

屋内と屋外でたばこを吸える場所を非常に簡潔に書いてみましょう。

屋内

喫煙スペースのみ

屋外

路上で立ち止まって吸うのみ

しかし屋外は注意が必要

屋外で立ち止まって吸うのはOKですが、非常に細やかな注意が必要です。屋外で吸う場合、以下の点に注意してください。

  • 歩きたばこはダメ:いいですか、屋外で立ち止まって吸うのはOKですが、歩いてはダメです。歩きたばこは禁止です。吸うなら立ち止まって吸うべし。
  • 小学校とかの周りはダメ:立ち止まって吸ってもOKですが、小学校の周りはダメだったりします。特殊な規制があるところは、上の写真のような看板がある事が多いですが、「気づいてたら吸ってた」ということが無いようにしましょう。
  • コンビニ前など軒下はダメ2019年9月1日から、コンビニチェーン5社、カフェチェーン10社が展開する店舗の軒下での喫煙が禁止されました。この10社の軒下でなければ吸ってもいいわけですが、10社も覚えれので、1Fの軒下はダメだと思っておいた方が良いです。

屋外の軒下(1F)での喫煙が禁止された店舗

セブン-イレブン(統一超商)、ファミリーマート(全家)、ハイライフ(莱爾富)、OKマート(OK超商)、シンプルマート(美廉社)。カフェは、スターバックス(星巴克)、85度C、ルイサコーヒー(路易莎)、ミスターブラウンカフェ(伯朗)、ダンテコーヒー(丹堤)、イカリコーヒー(怡客)、バリスタコーヒー(西雅図)、カマカフェ(cama cafe)、クラウンアンドファンシー(金鉱)、ピーターベターカフェ(彼得好)

台湾の喫煙禁止エリア

一応、法律で定められている喫煙禁止エリアもリストアップしました。でも、こんなの覚えれないですから、「屋内は喫煙スペース、屋外は路上で立ち止まって吸う」だけ覚えておけば良いと思います。

一、高等学校以下の学校、および児童や少年の活動が目的の場所
二、大学、図書館、博物館、美術館およびその他の文化または社会教育機関の室内
三、医療機関、介護施設
四、政府機関および公共事業機関の室内
五、公共交通機関、タクシ、バス、MRT、駅、旅客待合室
六、燃えやすいものを製造、管理、販売している場所
七、金融機関、郵便局および通信事業会社の営業所
八、体育館やジム
九、教室、図書室、実験室、講堂、展示室、会議室、エレベーター
十、オペラハウス、映画館など公共の娯楽施設
十一、旅館、商店、レストラン
十二、三人以上が共有する室内の仕事場
十三、その他の公共の室内空間、各自治体が指定した場所、公共交通機関<その他>
「禁煙」と指定されている場所。3歳未満の子どもや妊婦がいる場所。

違反したら罰金

たとえば、2019年に台北で施行された「軒先で吸ったらダメ」の場合、2000台湾元(約6800円)以上1万元(約3万4000円)以下の罰金です。こんなので罰金取られるのも嫌ですし、ルールですから、しっかり守りましょう。

電子タバコもダメ

台湾は電子タバコもダメです。そもそも電子タバコの台湾への持ち込みは禁止です。日本のビジネスマンが、このルールを知らずに空港で没収されているというニュースもあります。どうも、本当に没収されるようです。ルールを知って、しっかり守りましょう。

以上、台北の喫煙事情でした。では、また。台湾人が貰って喜ぶお土産トップ5!一番ウケる日本土産は?



シェアする

フォローする