駐在員の仕事って?とある台湾駐在員の平日を大公開。

シェアする

こんにちは、みみたまボーイです。

今回は駐在員の平日という事で、台湾に住み始めて3年を超えるみみたまボーイの一般的な平日を公開してみましょう。これから駐在員生活を始める人に少しでも参考になれば幸いです。




一般的な平日のスケジュール

まずは、全体感を掴むため、みみたまボーイの一般的な一日のスケジュールを羅列してみましょう。なお、みみたまボーイは相当な朝型なので、夜型の人には参考にならないかもしれません(笑)。

みみたまボーイのとある一日

  • 4:00:起床
  • 4:00~5:00:メールチェック
  • 5:00~5:45:自由時間
  • 5:45~6:30:走る
  • 6:30~7:00:朝ごはん&出勤準備
  • 7:00~8:30:通勤
  • 8:30~12:00:仕事
  • 12:00~13:00:昼ご飯
  • 13:00~18:00:仕事
  • 18:00~19:30:帰宅
  • 19:30~20:00:晩御飯
  • 20:00~20:15:お風呂
  • 20:15~21:00:子どもと遊びながら、メールチェック
  • 21:00~:就寝

一日のスケジュール詳細

全体感が掴めたところで、次はひとつひとつの項目を、もう少し詳しく見ていきましょう。

4:00起床

だいたい4時前後に起きます。目覚まし無しで自然に起きます。起きる時間は人それぞれで良いと思いますが、目覚ましで強制的に起きる、もしくは起こされるのは体に良くないかなと思っています。体はまだ眠いわけですから。

仕事にも寄りますが、駐在員になってから日本でいるより体調管理が重要だなと感じます。人数限られてますから、変わりがいない。風邪でも引いて寝込むわけにもいきません。そんなわけで、しっかり寝て、自然に起きるように心がけています。

駐在開始当初は寝れなかった

駐在開始当初は全く寝れませんでしたね。仕事に慣れてないし、プレッシャーもあって、毎日12時に寝て3時に起きて仕事するとか、無茶することも多かった。どうなることかと思いましたが、自分に適したやり方を見つけてからは余裕です。慣れって凄い。

4:00~5:00メールチェック

とりあえず、朝起きたらメールチェック&処理する事が多いです。夜中の内に欧米からメール来てる可能性もありますし。ここで、一日の仕事の段取りをつける感じです。

前日夜に段取りをつけると、朝起きて欧米からの要求で段取り変更になると二度手間。欧米がそこそこ活動して、日本が始まる前のこのタイミングが効率的かなと思います。この時間帯なら家族も寝てて、集中できます。

裁量労働制

みみたまボーイは裁量労働制で、特に働く時間を柔軟に選べれるため、こういう事ができますが、働く時間が決まってると、これはできないですね。でも、他の会社でも、日本と比べると海外駐在員は時間を柔軟に使えるシステムを採用しているケースが多い気がする。

みみたまボーイは時間が柔軟に使えるので、裁量労働の方が生活スタイルとしては好きです。顧客クレーム時とか凄いことになりますが、それはしょうがない。ガチガチに労働時間を縛られた日本の生活に戻りたくない、というのは、駐在員あるあるです。

5:00~5:45走る

健康維持のため、朝は走る事にしています。台湾に関わらず、駐在員生活で運動を始めた、運動にハマったという人は結構います。代わりがいないので健康維持が重要ですし、なにより言葉の問題とかで、テレビ見てもおもしろくない。つまり、やることがない(笑)

労働時間も自由に選べるので、新たな趣味を見つけれる人も多いですね。

6:30~7:00朝ごはん&出勤準備

朝ごはんを食べて、会社に行く準備をします。みみたまボーイは技術営業(営業っぽいことしてないですが)なので、スーツで出社です。まあ、工場勤務とかでもない限りは、海外駐在員は基本的にはスーツですね。

7:00~8:30出勤

職場が新竹なので、台北から新竹までDoor to Doorで一時間半かけて出勤。娘を小学校のバス乗り場まで送っていく役割も担っています。台北から新竹へ出勤している駐在員は意外と多く、新幹線で日本人駐在員らしき人がいっぱいいます。

この一時間半、詳細は、家→台北駅(30分)、新幹線(35分)、新竹駅から会社(10分)、その他は待ち時間。基本的にこの時間を利用して、Youtubeとかで中国語を勉強しています。往復で一日3時間ありますからね。かなり勉強できます。

新竹には日本人学校が無い!

みみたまボーイは元々新竹に住んでましたが、娘が小学校に上がるタイミングで台北に引っ越しました。新竹に日本人学校が無いからです。娘は幼稚園で中国語をマスターしてたので、現地小学校でも良かったのですが、いずれ日本に帰るでしょうから、日本人学校にしました。台北日本人学校に入学、転校!必要な持ち物、日本で買った方が良い物。

8:30~12:00:仕事

会社に着いたら、当然仕事です。週に2回くらいはお客さんを訪問して技術的な議論をします。とはいえ、みみたまボーイの仕事は台湾顧客と日本の製造部隊との懸け橋みたいなものなので、日本からのアップデート待ちだったりする時間も多いです。

そういう時間は暇なので、会社でも中国語の勉強したりしています。裁量労働なので別にサボってるわけではない。時間を有効に使っているだけです。こういうのができるのが、駐在員生活の良い点です。

台南に行くと一日潰れる

出張で台南に行く事もあります。みみたまボーイの場合、一週間に一回、台南に行っています。台南は新幹線で余裕で日帰り可能ですが、台北からだと新幹線に片道2時間近く乗ることになるので、打ち合わせの時間を考えると、ほぼ一日潰れます

打ち合わせ議事録とかは、基本的に帰りの新幹線で書いちゃいますね。新幹線台南駅からタクシーへの行き方。科学園区は固定料金

12:00~13:00:昼ご飯

どんなに忙しくても、お昼ご飯は食べましょう。健康第一。お昼ご飯の60%は麺類です。たまに炒飯、たまに餃子。会社の近くに日本食が無いのが残念です。たまに無性にラーメンが食べたくなります。新竹ベストらーめん 駐在員の心のオアシス 博多一幸

13:00~18:00:仕事

お昼ご飯を食べたら、また仕事です。朝頑張ってると、ここでやる事が無くなります。そんな時は早めに帰ります。16時になると、日本は17時で退社時間なので、「今日はもうメールも来なさそうだな」と思えば、帰ります

そもそも会社に行かなくてもいい

正直なところ、会社に行く意味も殆どありません。1人ですから。会社で上司の承認を貰うという事もありません。1人ですから。別にみみたまボーイの役職が高いわけではありません。平社員です。でも、1人なので、基本的に全部自分で決めて処理できます。

じゃあ、なんで毎日会社に行くのかと言うと、事務所の隣が、代理店の事務所になっています。たまに面倒&緊急の生産スケジュール調整とかがあります。こういう時、Face to Faceの方が間違いが無く、早いので、ほぼそのためだけに出社しています

18:00~19:30:帰宅

また一時間半かけて帰宅します。毎日3時間中国語の勉強ができると書きましたが、帰りは疲れてるので勉強する気力が湧かない事も多いです。集中できないというか。エナジードリンクでも飲めば違うのかも知れませんが、どうなんでしょうか。

19:30~20:00:晩御飯

帰宅したらご飯を食べます。基本的に日本食です。毎日、妻が作ってくれています。ありがたいものです。ありがとうございます。

20:00~20:15:お風呂

子ども達とお風呂に入ります。お風呂と書きましたが、基本的にシャワーですね。台湾はお風呂に入る文化があまりありません。お風呂好きの日本人からすると、結構馴染みにくいところかもしれません。

みみたまボーイもお風呂大好きですが、最近はシャワーだけでも過ごせるようになりました。たまにゆっくり湯船につかりたくなります。台湾お風呂事情。湯船につかるのは年3回。そもそもお風呂が無いことも。

20:15~21:00:子どもと遊びながら、メールチェック

だらだらしながら、最後のメールチェックをします。特に急ぎのメールがなければ、10分もかからず終わります。ただ、みみたまボーイ、基本的にはメールには即返信するので、「明日返信しよう」という事はしません。

即返信した方が、圧倒的に仕事が早く終わると感じています。「これ、明日返信しないといけない」という事を覚えているのが嫌なんです。そんなことに脳みそのメモリーを使いたくないわけですね。そんなわけで、「今やれ!」と脳が指令を出してきます。

21:00~:就寝

子どもより早く、一番に寝ます。

以上、みみたまボーイの一日でした。では、また。駐在員が選ぶ台湾駐在生活必需品7選&あると便利なもの3選



シェアする

フォローする