24時間営業の台北おすすめエビ釣り場。釣るコツも紹介。

シェアする

こんにちは、みみたまボーイです。

今回は台北のおすすめエビ釣り場「新潮釣蝦美食広場」を紹介します。台湾通だけが知っている台湾文化エビ釣り。台湾文化を肌で感じる意味でもエビ釣りはおすすめできます。エビ釣り場はローカル感が凄いけど。




台湾の大衆娯楽「エビ釣り」

エビ釣りは中国語で「釣蝦」。なかなか知っている人もいないでしょうが、エビ釣りこそ台湾の大衆娯楽。有名観光地に行くのも良いですが、エビ釣りにいくのも一興です。室内娯楽として台湾全土に定着しており、大人も子供も楽しめます

エビ釣りシステム

料金は時間制で、釣竿と餌はお店で支給されます(プロは自分の釣竿や釣り具を持参してきています)。釣ったエビはその場で食べることもできますし、持って帰ることもできます。調理場の使用量は釣り料金に含まれています。

釣り堀内に何匹のエビがいるのかわかりませんが、管理人が定期的にエビを追加しているので、釣れなくなるという雰囲気は感じません。上手い人は、食べきれないくらい釣っています(そして釣れてない人に配っている)。

エビ釣りの歴史

ビールを片手に釣竿を持ち、友人と話しながらエビを釣る。これが、台湾のローカル風景。いやー、すばらしい。

台湾のエビ釣り発展の歴史ですが、もともと台湾にエビの養殖技術はありませんでした。しかし、日本で博士号を取った廖一久さんが台湾で世界で初めてエビの養殖技術を開発。台湾のエビ生産量が飛躍的に伸びました。まさか、日本とも少し関連してたとは。

ただ、この時はまだ海水で養殖するエビが主流。台湾にいた淡水のエビは小さくて経済的な利益が薄いので、商業用と考えられていませんでした。しかし、遂に現れました。

淡水なのに大きい「タイのエビ(泰國蝦)」!

とはいえ、食用としては既に養殖技術が確立されていた海水のエビとの主導権争いなどをしていたのですが、いつの間にか、「タイのエビ」が庶民の娯楽「釣蝦」として定着しました。

台北のおすすめエビ釣り場「新潮釣蝦美食広場」

台北にも多くのエビ釣り場があります。「釣蝦」で調べると多くのエビ釣り場がヒットすると思います。その中で、おすすめのエビ釣り場は「新潮釣蝦美食広場」。良さを書いてみましょう。

新潮釣蝦美食広場の良さ

新潮釣蝦美食広場の場所、営業時間

新潮釣蝦美食広場の住所、営業時間です。費用は一時間450元、二時間800元、三時間1100元、三時間以降は一時間ごとに400元です。まあ、軽く楽しむだけなら一時間でも十分でしょう。

  • 住所:台北市北市中山區民族東路91號
  • 電話:02 2517 6200
  • 営業時間:24時間営業

エビ釣りの流れ

エビ釣りの流れは簡単です。以下、大まかな流れを簡単10ステップにまとめました

  • 受付でエビ釣りしたいと告げる
  • お金を払う
  • 釣竿と餌を受け取る
  • 釣り堀に移動して席を確保
  • 餌を付けて釣り堀に入れる
  • 釣る
  • 時間が来たら釣り終了
  • 備え付けの台所でエビを処理
  • 焼いて食べる
  • 片づけて帰る

初心者でも釣れるのか?

釣れます。エビ釣り場にはプロがいますが、初心者でも釣れます。みみたまボーイの息子(4歳)でも釣れたので、大人なら間違いなく釣れます。みみたまボーイ息子(4歳)、娘(7歳)は一時間で3匹釣りました。

エビの食べ方

釣ったエビは、その場で焼いて食べることができます。エビを焼き機があるので、そこで焼きましょう。

釣ったエビの処理方法

エビ釣り場には洗い場があるので、時間までエビを釣をして、釣ったエビを洗い場にもっていきましょう。そこにはハサミ、竹串、塩が置いてあるので、エビの手足を切り、おしりから竹串を指しましょう。

  • エビを洗う
  • エビの手足をハサミで切る
  • エビのおしりから竹串をさす
  • 塩を付ける

エビ焼き機で焼く

エビ焼き機(ガスコンロ)があります。ガスを出して、ライターで火をつけます。上の写真だと、ガススイッチを回してから、ライターに火をつけ、コンロ上部に火をもっていくと火が付きます。この機械は操作をしらないとあたふたします。

エビ釣りのコツ

基本的に釣り堀の底に餌を垂らしていれば、ほっといてもエビが食べてくれますが、それだと一時間で数匹釣れれば上出来でしょう。ヒット率を上げるためのコツを書いておきます。

餌の付け方

エサは釣り場で渡されるので、持参する以外は選択肢はないですが、支給されるエサを制限時間内に使い切ることは、ほぼないので、適当に新しい餌にしましょう。多くの場合、支給されるエサは乾燥エビです。

エサは千切るべし

乾燥エビが支給されたら、米粒大にしてから針につけましょう。そのままの姿で針に付けても釣れますが、小さい方がエビが食べたら、即ヒットです。とはいえ、小さすぎはダメですよ。米粒大です。

エサは針先が隠れるように付ける

米粒大にした乾燥エビを針に付ける時、針先が外から見えないようにしましょう。見えても釣れますが、見えない方がヒット率が高い(経験的に)。

浮きの位置が最重要

浮きの位置は重要です。浮きの位置が間違っていると、釣れようがありませんので、釣り始める前に必ず確認しましょう。逆に浮きの位置さえしっかりしてれば、数匹は必ず釣れる。

浮きの位置は、基本的には竿を貸してもらった時に、ちょうど良い位置にセットされています。が、念のため、釣る前に確認しましょう。

浮きの位置の確認、調整方法

  1. 釣竿を釣り堀にいれて水深を測る
  2. 水深よりわずかに上に浮きがあれば大丈夫
  3. 浮きの位置がおかしければ、浮きの位置を調整

投げ込むポイント

釣り堀内には複数の水流を作っている場所、酸素を送り込んでいる場所があります。エビは動くものに反応しているので、この辺に投げ込むことで、ヒット率が上がります。プロもこの辺を狙って投げ込んでいます。

釣るタイミング

最後は合わせるタイミング。エビは餌を食べる時、ハサミで口まで持っていきます。ということは、当たり(浮きが沈む)があったらすぐに引き上げてはいけません

浮きが動いたタイミングは、エビが餌を見つけて遊んでいる時間帯です。みみたまボーイの経験では、浮きが軽く動いている時は引き上げず、浮きが大きく沈んで、3~5秒で引き上げると、うまく釣れることが多いです。

初めてエビ釣りに行った時、一気に引き上げた方が良いというアドバイスをもらったのですが、じっさいにはゆっくり引き上げても釣れます。まあ、しっかり餌を食べていれば、もう外れないので釣れるということでしょう。

台湾エビ釣りあるある

プロ(常連)は、一人で食べきれないくらい釣っています。釣って食べることより、釣る楽しみが勝っているんでしょう。そういう人は、素人や釣れてない人におすそ分けしてくれます。遠慮なくもらいましょう。みみたまボーイもいっぱい貰いました。

以上、台湾の大衆文化、釣蝦でした。では、また。



シェアする

フォローする