駐在員が選ぶ台湾駐在生活必需品7選&あると便利なもの3選

シェアする

こんにちは、みみたまボーイです。

今回は台湾駐在生活も3年を越え、台湾生活にすっかり慣れてしまったみみたまボーイが、それでも台湾駐在生活を始めるにあたって必要だと感じる、台湾生活必需品トップ10を紹介します。




台湾生活必需品7選

みみたまボーイ的、台湾生活必需品ランキング。基本的に必要なものは台湾で買えばよいと思うのですが、この7つは日本から持ってきた方が良いと思います。

1.空気清浄機(除湿機能付き)

台湾の空気は日本と比べて圧倒的に汚いので、長期で住むなら空気清浄機は必須です。知らず知らずに体に影響が出たら困ります。小さい子どもがいると、余計に気になります。みみたまボーイも下の子が1歳で台湾に来たので、空気清浄機3台持ってきました→台湾の空気は日本と比べれば悪い。特に冬場は気を付けて。

あと、空気清浄機を買うなら除湿機能付きがお勧めです。台湾は空気が汚く、洗濯物は基本部屋干し。ただでさえ湿度が凄い台湾で、その上、部屋干ししたら大変なことになります。台湾あるあるで、かばん、服、靴にカビが生えます

そんなわけで、除湿機も必須です。でも、空気洗浄機と分けて買うのは、大変なので除湿機能付き空気清浄機がお勧めです。当然、台湾でも買えますが、お値段2倍ほどなので、日本から持ってきた方が圧倒的にお得です。除湿空気清浄機-amazon 楽天市場

2.炊飯器

第二位は炊飯器。日本の炊飯器は台湾で売っていますが、古いモデルにも関わらず、値段が高く、買う気が起きません。台湾人気グッズ電鍋でもご飯は炊けますが、保温機能はないし、使い勝手がイマイチ。→炊く!煮る!蒸す!温める!何でもできる大同電鍋は台湾人の必需品。

毎日の生活で使うので、予約機能や、早炊き、保温など、やはり日本の炊飯器は便利。また、炊き上がりのふっくらもちもち感も日本炊飯器ならでは。さすがの日本クオリティ。そんなわけで、日本の炊飯器は日々の生活に欠かせません。炊飯器-amazon 楽天市場

3.洗剤&柔軟剤

台湾生活で最初にぶち当たる難題「洗濯」。台湾ローカル洗剤を入れて洗ったら臭かった。そして柔軟剤を入れてもバッキバキ。そんな経験が懐かしい。→台湾洗濯事情。天日干し?部屋干し?

もちろん、日本の洗剤も売っていますし、世界的に有名なブランドTideなどもあるので、値段を気にしなければ、現地調達は可能です。みみたまボーイはもったいないので、日本から大量に持ち込みました。やっぱり日本で買った方が安いし。部屋干し洗剤-amazon 楽天市場

4.歯ブラシ

台湾の歯ブラシ、ブラシ部分が大きいんですよね。まあ、これは台湾に限らず、アメリカでも感じていましたが、海外の歯ブラシはブラシ部分が大きすぎ。磨き難くてしょうがない

そんなわけで、歯ブラシは大量に日本から持ってきた方が良いです。歯磨き粉は現地調達で問題ないです。問題はブラシ

更に困るのが、特に子供用歯ブラシ。日本は子ども用歯ブラシクオリティ世界一です。こどもが大人用歯磨き粉を嫌がる場合は、子ども用歯磨き粉も買って来た方が良いです。みみたまボーイは前任者のアドバイスで数年分買ってきましたが、買ってきて本当に良かった。歯ブラシ-amazon 楽天市場

子ども用歯ブラシ-amazon 楽天市場

5.風邪薬

健康第一なので風邪薬は必須です。日本の風邪薬は台湾でも割高で売っていますが、風邪薬は量も大したことないので、日本から買って来た方が良いです。

みみたまボーイが良く使うのは痛み止め。持ってくれば良かったと後悔したのは、酔い止め。台湾の離島に遊びに行ったりする時に、船が揺れます。酔い止め無しだと船酔いの可能性が高いので、子ども用含めて持ってくれば良かった。→吐く人続出。宜蘭ホエールウォッチング体験談。これぞ自然の厳しさ。

まあ、あくまで風邪薬は風邪のひきはじめの初期対策ですが、長く住んでいると急な痛み、発熱に見舞われることもあるので、リスク対策として必要です。風邪薬-amazon 楽天市場

6.リージョンフリーDVDプレーヤー

リージョン規制の為、台湾の一般DVDプレーヤーで日本のDVDは見れません。逆に日本の一般DVDプレーヤーで台湾のDVDは見れません。困ったものです。そして、これを解消する方法として、リージョンフリーDVDプレーヤーがあります。

リージョンフリーDVDプレーヤーなら、台湾のDVDだろうが、日本のDVDだろうが、全部見れます。最初は日本のDVDだけ観れればいいかなと思っていましたが、中国語の勉強がてら日本DVDの中国語版とかを見ると思うので、あった方が良いと思います。→映画の中国語版はリフレッシュしながら中国語勉強ができて一石二鳥

DVDプレーヤーを2台買うのも、もったいないですし、ひとつで全部見れた方が良いですよね。リージョンフリーDVDプレーヤー amazon 楽天市場

7.Kindle

仕事の勉強とかで、どうしても本は読んだりします。ただ、台湾の一般的な書店には当然日本の本はありません。でも、台北には紀伊国屋さん、ジュンク堂さんがあり、注文すれば入手することはできます。

とはいえ、いちいち買いに行ったり、取り寄せたりするのも面倒だし、当然お値段も割高なので、電子書籍で済むなら、それが一番。場所も取りませんし、通勤でも読めるし。昔は日本に帰るたびに大量に買ってましたが、電子書籍にして楽になりました。Kindle-amazon 楽天市場

必須ではないが、あったらいいな3選

続いて、必須ではないものの、「あったらいいな」と思うものを3つ。

1:ファブリーズ

洗剤&柔軟剤と同じような理由です。洗剤&柔軟剤は必須ですが、ファブリーズもあると何かと便利。必須ではないけど、あったら助かる。それがファブリーズ。ファブリーズ-amazon 楽天市場

2:赤みそ

赤味噌が売っていません。これは高い、安いの問題ではない。赤味噌が売ってないんです。でも、飲みたくなるんです、赤味噌が。そんなわけで、赤味噌好きな人は忘れず日本から持ってきましょう。赤味噌-amazon 楽天市場

3:赤ちゃん離乳食

ちょうど離乳食が必要な頃に駐在になったら、これは必須。絶対あった方が良いです。台湾だと日本クオリティの離乳食はなかなか手に入らない&高い。ただでさえ過酷な子育て、こういうグッズも使って行かないと、体がもちません。離乳食-amazon 楽天市場



シェアする

フォローする