【毎日10分】台湾中国語勉強 実用視聴華語1 第十一課の要点レビュー

シェアする

こんにちは、みみたまボーイです。

台湾在住日本人の99%が台湾中国語の勉強に使っているであろう「実用視聴華語」。そんな実用視聴華語のみみたまボーイ的、要点&レビュー(1-11)。




第十一課 你幾點鐘下課?

第十一課は「你幾點鐘下課?」=「あなたは何時に学校終わりますか?」から始まる会話をベースにした基礎文法と単語の学習です。

第十一課は「就」の使い方

第十一課の肝は「就」の使い方です。「SV了O、就~」で「XXしたらすぐ、~」という意味合いになります。「前の文章(了のある文章)が終わったら、すぐに~します」という感じです。

第十課の復習も兼ねて例文です。

  • 我下了課、就回家了=学校が終わって、すぐに家に帰った
  • 我下了課、就回家=学校が終わって、すぐに家に帰る
  • 我下了課、就要回家=学校が終わって、すぐに家に帰るつもりだ

他にもみてみましょう。

  • 我吃了早飯、就到学校来=ご飯食べたら、すぐ学校に行きます
  • 他吃了晩飯、就念書=晩御飯を食べたら、すぐ勉強します
  • 吃了晩飯、就睡覚=晩御飯食べたら、すぐ寝ます

後でやるときは?

すぐじゃなくて、後でやろうかなと思っている時は「等一下」ですね。「我還有工作、等一下回家」=「まだ仕事あるので、あとで帰る」みたいな使い方です。

ただ、「等一下」は非常に幅広い「あとで」であり、人によって「等一下」の時間は違います。10分後くらいかと思いきや、30分だったり。なので、みみたまボーイ的には、「今すぐではない」という風にとらえています。

第十一課の単語

第十一課の中からみみたまボーイ的に「よく使うな~」と思う単語をピックアップ

差不多

「差不多」=「だいたい一緒」です。台湾人は差不多が好きですね。しょっちゅう差不多と言っています。

「差、あるやろ?」という時も「差不多」と言ってきます。都合が悪い時とかも「差不多」でごまかしきったり。みみたまボーイも仕事でデータに差があるな、という時でも「差不多」と言って乗り切っています。これは使える。

没問題

これも頻出ですね。「没問題」=「問題ない」。オッケー的な意味合いで、使いますね。また、よく使う「没」のつく単語として、「沒辦法」があります。「辦法」が「方法」の意味なので、方法がない→万策尽きた→「しょうがない」という意味です。

對不起

「對不起」=「ごめんなさい」です。他の言い方は「不好意思」ですね。日常生活では「不好意思」の方がよく使われている印象があります。では、「對不起」の使われている歌をみてみましょう。

以上、みみたまボーイ的、台湾視聴華語、第一冊目第十一課の感想でした。中国語マスターの近道はとにかくしゃべり続けることです。どんどん使って行ってください。では、また。実用視聴華語を探す-楽天



シェアする

フォローする