【毎日10分】台湾中国語勉強 実用視聴華語1 第八課の要点レビュー

シェアする

こんにちは、みみたまボーイです。

台湾在住日本人の99%が台湾中国語の勉強に使っているであろう「実用視聴華語」。そんな実用視聴華語のみみたまボーイ的、要点&レビュー(1-8)。




第八課 這是我們新買的電視機

第八課は「這是我們新買的電視機」=「これが私たちが新しく買ったテレビ」から始まる会話をベースにした基礎文法と単語の学習です。

第八課は「的」の使い方

また「的」の使い方です。「的」は凄く色々な使い方ができるよ!という事がいいたいんでしょう。これまで見てきたのは、「私の財布」=「私的銭包」とかでしたが、じつは前に動詞が来たりする事もできます

例えば、「絵を描くのが好きな人」=「喜歡畫的人」。「絵を描くのが好き=喜歡畫」+的(の)+人、みたいな感じです。前に何が来るかが違うだけで、それほど違和感なく覚えれるのではないかと思います。

「的」の使い方を覚えるために、他にも例を見てみましょう。

  • 他畫的畫=彼が書いた絵
  • 你做的菜=あなたが作った料理
  • 你唱的那首歌=あなたが歌った、あの歌

第八課の単語

第八課の中からみみたまボーイ的に「よく使うな~」と思う単語をピックアップ

常常

「常常」=「いつも」です。家でよく使いますね。小さい子どもがいる家なら、頻出でしょう。いつも言ってるけど…=我常常説…みたいな。

不錯

「結構いいね!」という感じです。良いね!にも段階があって、中国語でも使い分けがあります。では、程度を表す言葉の使い分けをみていきましょう。

モノの良し悪し

例えば、「旅行どうだった?」とか聞かれた時の返答ですね。旅行に限りませんが、モノの良し悪しを表現するときの言葉の順序は以下です。左から良い順。

非常好>不錯≒還不錯≒好>普通>>還好>不好>非常不好

食べ物の良し悪し

他によく使うのはご飯を食べた時、おいしかったかどうか。左からおいしい順です。

非常好吃>好吃>不錯>還不錯>還好>不難吃>不好吃。

為什麼

「為什麼」=「なんで?」です。頻出です。しょっちゅう使ってますね。なんでやねん!=為什麼~!みたいな感じです。

以上、みみたまボーイ的、台湾視聴華語、第一冊目第八課の感想でした。中国語マスターの近道はとにかくしゃべり続けることです。どんどん使って行ってください。では、また。実用視聴華語を探す-楽天



シェアする

フォローする