日帰り金門旅行。レンタルバイクで台湾古民家と戦争の痕跡を辿る旅。

シェアする

こんにちは、みみたまボーイです。

今回は台湾の離島金門島観光について書いていきます。台湾の中でも戦争の痕跡を色濃く残す特別な島です。台北から飛行機で1時間で行ける金門島。そんな金門島観光記。




金門島は台北から飛行機で1時間

金門島の場所は、大まかに言うと台中から西にまっすぐ進んで、中国の目の前です。まさに最前線です。台北からだと飛行機で1時間(松山空港→金門空港)。金門は結構大きな島なので、飛行機の本数も多い。

日帰り金門旅行記

なかなか行かないと思うんですよ、金門。台湾人でも行ったことない人も多く、二泊三日は必要だという人もいれば、一泊二日でいいという人もいます。そんなわけで日帰り金門旅行をやってみました。結果、日帰りで十分でした。

朝一の便で金門入り、最終便で台北戻り

みみたまボーイの日帰り金門旅行のスケジュールです。華信航空で行きました。天候晴れ、飛行機は揺れもなくスムーズなフライト。実際のところ、帰りはあと一時間くらい早い便でも大丈夫かと思います。

  • 7:10~8:10 台北→金門
  • 18:20~19:20 金門→台北

金門空港でレンタルバイクを借りる

日帰りの肝はレンタルバイク。金門は車も少なく安全です。

レンタルバイクがあれば、金門の主要観光地を一日で回れます。金門空港にレンタルバイク屋があるので、レンタルバイクを借りましょう。必要なのは免許証(日本免許証の翻訳も可)→台湾では日本免許証の書換で運転可能

空港内のレンタルバイク店

空港内に大きく「租車(=車レンタル)」と書いてある店があるので、ここに行き手続するとバイク(車もあります)を貸してくれます。車、バイクの種類は以下の写真を見てください。みみたまボーイは一日400元のバイクを借りました。

一日800元、900元のバイクは電動バイクです。400元はガソリン車。ガソリン車は満タンにして返さないといけませんが、満タンにしてもガソリン代は100元以下なので、ガソリン車の方がお得です。

そういえば、台湾夏休み時期に行ったところ、目の前の人が予約なしで車を借りようとして、「今日は予約いっぱいで貸せない」と言われていました。車を借りる人は予約した方が確実です。バイクは大量にあり予約不要(みみたまボーイも予約なし)。

店員とのやり取りは中国語

店員とのやり取りが不安な人もいるでしょうが、みみたまボーイは中国語でやりました。英語も単語なら話せそうな感じ。日本語を話せる気配は1mmも感じず。しかし、「バイクを借りたい」「バイクを貸したい」という双方の思いは通じているので、何とでもなります

金門にはタクシーもいっぱいいる

バイクレンタルはちょっと…という人もいると思います。そんな時はタクシーを使いましょう。金門観光web siteにタクシーチャーター情報があります。金門観光Official Web Site

観光タクシー:金門1日貸切ツアーは、約5,000台湾元から。

金門主要観光地を回る

日帰りという事もあり、行く前は金門観光Official web siteに書いてある10大観光地だけ見ようと思っていました。でも、実際には10大観光地+他の多くの観光地を回っても15時半には見終わりました。最後、時間が余り、再度金門一周する始末。

みみたまボーイが行った観光地

金門凄いなと思ったのは、どの観光地も無料。入りたい放題。一個一個は小さいので、サクサク回れます。みみたまボーイおすすめは、莒光樓、獅山砲陣地、山后聚落。まあ、どれも似てるとも言える。

  • 翟山坑道
  • 古崗樓
  • 珠山聚落
  • 茅山塔
  • 得月樓
  • 莒光樓
  • 清金門鎮総兵署
  • 北山古洋樓
  • 古寧頭戦史館
  • 太武山
  • 馬山觀測站
  • 獅山砲陣地
  • 山后聚落
  • 八二三戦史館
  • 陳景蘭洋楼
  • 風獅爺購物中心

金門は戦争の痕跡を残す島

金門には台湾の伝統的な古い集落があり、それも美しいのですが、何と言っても戦争の傷跡、痕跡の印象が凄まじいです。たった数十年前に、実際にこの島で戦争が行われていたと思うと、戦争のない日々がどれほど貴重なものなのか考えさせられます。

当時の写真を見ながら戦争の悲惨さを感じつつ、たった数十年でこれほど生活環境が変わるのかと、人類の進歩の速さ、テクノロジーの進化を感じずにはいられません。

金門にショッピングモールまでできた

人類の欲望はとどまるところを知らず、金門にまでショッピングモールがありました。免税です。あまり大きくは無く、レストランも少ないですが、綺麗なトイレがありました。

では、また。台湾の離島馬祖、青の涙。



シェアする

フォローする