台湾で運転免許を取る。日本の免許があれば試験無し、書き換えだけ。

シェアする

こんにちは、みみたまボーイです。

今回は台湾で自動車免許を取得した体験談。台湾は運転が荒いのであまり運転したくないと思いますが、離島などに行くとタクシーがいない場合もあります。普段は不要でも秘境に行く時は必要だったりしますので、秘境に行く人は参考にしてください。




台湾では日本の運転免許の翻訳版で運転可

まず基本から。台湾では日本の運転免許の翻訳版(中国語)があれば、日本の運転免許証で巨かされている車種と同等の車を運転する事ができます。いちいち台湾の自動車学校とかに行く必要はありません。翻訳版があれば、法的にはOKです。

注意点として、インターナショナルライセンスは台湾では使えません。意気揚々とインターナショナルライセンスを取ってきても無駄ですよ。必要なのは中国語の翻訳版です。

日本免許証の翻訳版は日本台湾交流協会で入手

台湾で運転するのに必要な「日本免許の翻訳版」ですが、日本台湾交流協会で入手する事ができます。手続きは簡単で数時間でできます。翻訳版と言ってもカードではなく、日本の免許に書いてある内容が書いてある紙を二枚貰うだけです。

日本台湾交流協会は「台北」と「高雄」にあります。日本の免許証とパスポート、そしてお金を持っていくだけです。やりとりは全て日本語なので困ることも無く、その日のうちに翻訳版が発行されます。詳細は日本台湾交流協会のHPで→日本台湾交流協会

しかし、翻訳版だけではダメな時もある

翻訳版があれば法的には運転可能です。

しかし、「翻訳版」だけ持って、実際に原チャを借りようとすると拒否されることがあります。「ウチは外人には借さない!」と言われる始末です。この場合、「法的にはOK」と粘っても、借してもらえるか五分五分です。粘るのも中国語なので限界がありますし。

そんなわけで、普通の台湾人が持っている免許証があった方が良いです。これがあれば拒否されない。→バイクレンタルの戦いを制して台湾で最も美しい秘湯、台東の栗松温泉へ

台湾の免許証を入手するのは簡単だ

「翻訳版」意味ないじゃん。。。と思うのは、まだ早いです。なんと、「翻訳版」があれば、最寄りの台湾当局に行けば、普通の台湾人が持っている運転免許証に替えてくれます。「え、最初からそうして欲しいんだけど」と思いますが、ここは台湾ですよ?

とはいえ、当局で台湾運転免許証を発行してもらうには、「翻訳版」以外にも、いくつか準備するものが必要です。以下7つです。

  1. 申請書(身体検査の結果が必要)
  2. 居留証
  3. 日本の運転免許証
  4. 日本の運転免許証の中国語翻訳文
  5. パスポート
  6. 写真
  7. 手数料

一番面倒なのは身体検査

病院に行き、申請書に健康診断の結果を記入してもらわないといけません。しかも、受け付けていない医療機関もあるらしく、何かと面倒です。身体検査そのものは、視力、身長、体重、歩行能力(ただ歩くだけ)なので、簡単です。

↓交流協会の説明↓

事前に医療機関で所定の身体検査を受け、医師等に下記(7 )イの申請書に検査結果を記入してもらう必要があります。受け付けていない医療機関もありますので、申請時に運転免許センターに紹介してもらうか(係員が紹介する近くの病院や診療所で申請当日に受検することができます。また、施設内で身体検査を受けられる運転免許センターもあります。)、個々の医療機関に受検の可否をお問い合わせください。

受け付けてる医療機関教えて!

と、思うのですが、病院なんてできたり、無くなったりするので無理ですよね。まあ、じつは当局の近くの病院が対応してくれる&すぐ終わるので、申請当日にサッと終わらせることができます。

ちなみに、みみたまボーイは申請前日に医療機関で受診しました。申請書は医療機関が持っているので、事前に受診する際は写真を持っていきましょう。そうすれば、その場で申請書も出来上がりです。

なお、みみたまボーイが受けたのは、新竹(竹北市)の「普懷醫學診所」です。住所:新竹縣竹北市嘉豐五路一段197號。新竹周辺に住んでいる/働いている人なら、ここに行けば確実に身体検査を受診可能です。

後は当局に行って申請するだけです。台湾免許証を取って、台湾ライフを満喫してください。では、また。

台東の7大秘境!お勧め、がっかり、未踏の地。全部行ったら秘境ハンター。



シェアする

フォローする