雨の日も楽しい台北観光!定番観光地や各種体験、子どもが楽しい遊び場紹介

シェアする

page top

こんにちは、みみたまボーイです。

今回は雨の日の台北観光について書いてみましょう。台北は結構雨が降ります。特に冬場は雨の日が多く、冬に台北観光に来るなら傘は必須。台北に住んでいても雨の日をどう過ごすかは悩みどころ。そんなわけで、雨の日でも遊べる場所を集めました




雨もへっちゃら、定番の屋内観光施設

まずは雨が降っても全く気にすることなく観光できる定番観光地。台北旅行で雨が降った時にはココ!という感じで把握しておくと、何かと使えます。

世界三大博物館「故宮博物院」

台湾で最も有名な博物館といえば、故宮博物院。台北中心部から微妙に離れていたり、最寄りのMRTの駅から微妙に離れていたりしますが、世界三大博物館とも言われており、雨が降ったら行ってみるのもアリでしょう。

公共交通機関だと、MRTの最寄り駅(士林とか)まで行き、そこからバスでの移動が必要です。(詳細は故宮博物院への行き方)。結構面倒なのと、故宮博物院そのものがかなり大きいので、ツアーで要所を効率的に見て回るのも一つの手ですね。

故宮博物院

台北101で食事&ショッピング

簡単に行ける定番屋内施設なら台北101でしょう。台北101はショッピングモールですし、有名レストランも多数入っているので、雨が降ったら、割り切って台北101を楽しみ尽くしちゃうのも、良いかなと。

地下一階に鼎泰豊もありますし、じつは高層階に高級レストランもあります。高級と言ってもランチは安いので、ランチと高層階からの展望を同時に味わうのもお勧め。

台北101

雨の日は屋内で体験型台湾観光

雨が降ったら屋内施設で台湾を体験(体感)するのがお勧めです。マッサージ、占い、変身写真館、台湾茶あたりが台湾っぽくて良いと思います。

台湾マッサージ&カッピング

個人的に一番おすすめは台湾マッサージです。台北市内にマッサージ店はいっぱいありますし、予約なしでもすぐにマッサージしてくれます。台北だと簡単な日本語は通じることが多いですし、心配ならツアーもあります。

全身マッサージで60分で800元~1000元。足つぼマッサージ30分で約500元。日本のマッサージとほぼ同じ値段で本場台湾マッサージを受けることができます。なお、カッピングをやると凄いことになるのでお気をつけください(笑)

台北占い横丁

当たる、当たらないはさておき、ネタとして占いに行ってみるのも面白いかもしれません。手相占いから米粒占いまでバラエティに溢れた占いがあります。

行天宮算命街、龍山寺算命街あたりが占い横丁として有名です。有名な店としては「龍の羽」とか。ボチボチ良いお値段なので、財布に余裕があれば、行ってみてください。

台湾占い横丁

  • 行天宮算命街:行天宮前の地下通路に小さい占いブースがあります
  • 龍山寺算命街:MRT龍山寺の地下街に占いブースがあります
  • 龍の羽:龍の羽のホームページ(予約もできる)

変身写真館

台湾伝統衣装を身にまとい台湾富豪っぽく写真を撮れるスポット、それが変身写真館。二着+写真で5000元と、一見なかなかのお値段ですが、体験すると「本格的なのに短時間。それでいて大変身!」と満足度が高いアクティビティです。

ツアーで行くと3000元くらいでお手軽体験できるようなので、そっちの方がいいですかね。阿法写真館とかが有名です。

茶芸館で台湾茶を満喫

雨の日は茶芸館でほっこりおいしい時間を過ごすのも一興です。作法は知らないでも大丈夫です。お店の人が一杯目を入れてくれますので、次からはそれにならってお湯を継ぎ足していけばOKですし、そもそも作法なんてあまり気にしない。

しかも、茶芸館はお土産用のお茶を買うこともできるので一石二鳥です。台湾茶は種類も豊富なので、毎回違う味を楽しめますし、まったりとお茶を飲んでいると気持ちも落ち着くので、みみたまボーイは好きですね。有名店を載せておきます。

台北茶芸館

台湾茶お試しセット(5gx13種類) 極上品

created by Rinker

子どもも楽しい屋内スポット

最後は子どもがいても楽しめる屋内スポットです。子どもも楽しめるとなると、なかなかハードルが高いのですが、台北で遊べる屋内スポットを集めてみました。雨の日でも子供に体を動かして欲しいものです。

南の島でアイススケート「冰上楽園 (ICE LAND)」

南の島に来てまでスケートをする必要も無い訳ですが、子どもも楽しめる屋内施設ということで。まあ、子どもにとっては台湾だろうが、どこだろうが楽しければ良い訳ですよ(笑)。Ice landは台北アリーナにあり、アクセス抜群です。

冰上楽園 (ICE LAND)

台湾版キッザニアBabyBoss

子供たちがさまざまな職業を体験できる施設「Babyboss」。店舗・公園・政府機関・学校など50の業種と70の職業の役柄があり、子供たちは実際の仕事を体験することができます。

子ども(3〜12歳)900元、大人500元。ナカナカなものです。一日で全部体験するのは、当然無理です。

BabyBoss

  • 住所:台北市松山區八德路四段138號 京華城購物中心 7樓
  • 電話:0800−457−888
  • 営業時間:0:00〜22:35
  • HP:BabybossのHP

脳と体を動かす、奥森児童博物館

ちょっと科学っぽい体験もできたり、体を動かすこともできたりする奧森兒童博物館。体を動かし、脳も動かしましょう!という感じの博物館です。コンセプト良し、子どもも楽しい、値段は高め、そんな感じです。Babybossと同じ感じ。

奥森児童博物館

  • 住所:大安區信義路三段153號
  • 電話:02 2707 1060
  • 営業時間:AM10:00 – PM17:00
  • HP:奥森児童博物館

ミニチュア好きなら珍袖博物館

あまり長くは過ごせませんが1時間くらいフラッと時間を潰すなら珍袖博物館が使えます。台湾っぽさは無いですが、貯蔵されているミニチュアコレクションはなかなかのものです。200元と値段もそれほど高くない!

珍袖博物館

コストパフォーマンスを考えれば天文館、科学館

一日時間を潰せて、それでいて安い。コストパフォーマンスを追い求めるなら、台北市立天文館と国立台湾科学館でしょう。天文館と科学館は別の施設ですが、隣にあります。両方行くことも可能。

天文館40元、科学館100元で一日遊べます。しかも、隣に遊園地もある(入場料だけならたったの30元)ので、このエリアに行くのがコストパフォーマンスが最も高い。

台北市立天文館

  • 住所:台北市士林區基河路363號
  • 電話:(02)2831-4551
  • 営業時間:9:00~17:00
  • HP:台北市立天文館

国立台湾科学館

  • 住所:台北市士林區士商路189號
  • 電話:(02)6610-1234
  • 営業時間:9:00~17:00
  • HP:国立台湾科学館

やはり王道、台北市立児童新楽園

王道、台北市立児童新楽園。入園料30元、6歳以下は無料。遊園地なので、遊具に乗るとお金がかかりますが、無料で遊べる子ども用施設があり、ここを使えば入園料だけで終わらせれる。まあ、最終的には色々乗るわけですが。

お値段ソコソコ、子どもは楽しい「楽米楽園」

Babybossとか奥森児童博物館の方がアクセス便利で、ここは少し遠いのですが、お値段休め。活力動公園と夢幻城市の2つから構成されていて、片方だけなら450元。両方だと700元となり、Babyboss対比であまりコストメリットなし。

樂米樂園

  • 住所:樹林區樹新路40-6號6F
  • 電話:02 2675 3600
  • 営業時間:11:00~20:30(休日は21:00まで)
  • HP:樂米樂園

跳びまくれ!Flip out

台湾のトランポリン施設Flip out。大人も楽しめます。ただ、ひたすらに跳びまくる。2歳~6歳までの子ども用スペースもあり、子どもの楽しめます。子ども用スペースはボールパークもあり、子どもは主にそっちで遊ぶ。

1時間250元、2時間400元。滑り止め用靴下が必要(現地で70元でも買える)。靴下は一回買えば、次回から同じやつを持っていけばOK。意外とお得。

Flip out

  • 住所:台北市中山區中山北路二段59巷
  • 電話:02-2567-6768
  • 営業時間:10:00 – 21:00
  • HP:Flip out

以上、雨の日の楽しみ in 台北でした。では、また。

台湾台北地域の現地ツアーを徹底比較。駐在員も唸る台湾現地ツアー特集!



シェアする

フォローする