台北日本人学校に入学、転校!必要な持ち物、日本で買った方が良い物。

シェアする

page top

こんにちは、みみたまボーイです。

台湾に来た時は3歳だった娘も、遂に小学校に入学。現地小学校も検討したものの、結局は台北日本人学校に決めました。日本人学校に入学するに当たり、必要な持ち物、一部日本で買い揃えた方が良い物もあるので、書いておきます。




台北日本人学校持ち物の準備

台北日本人学校に通うに当たり必要な持ち物を書いておきます。当然、入学時に案内を受けますが、中には台湾では手に入りにくい、もしくは品質がイマイチな物もあり、日本で買っておいた方が良いと思います。

以下、個人的な感想も添えて一覧です。赤字が日本で買った方が良いもの。

    • 通学かばん:指定は特になし。両手が空く、背負うタイプのもの。ランドセルでも良いが、ランドセルだとお弁当が入らないので、普通のリュックで良いと思う。
    • 上ばき:運動靴。ひもがなくて履きやすいもの。体育館シューズとしても使用。台湾でも買えるが、布製のものしか売ってない。布製は汚れが落ちないので、日本でビニール製の上ばきを買って持ってきた方が良いと思う。

ムーンスター キャロット うわばき

created by Rinker
    • 上ばき袋:上ばきの持ち帰りに使用。なんでもよい。
    • ふでばこ:構造が簡単で、落としても壊れにくいもの。キャラもののふでばこはダメらしい。鉛筆を一本一本入れるタイプが好ましい。でも、キャラものじゃなくて鉛筆を一本一本入れれるものを見つけるのが面倒なので、日本で買って持ってきた方が良い。

筆箱 ペンケース 男の子 女の子

created by Rinker
    • えんぴつ:濃さは2B。黒を5本、赤を1本。えんぴつなんて台湾でも買えるだろ!と思っていたら、台湾の鉛筆は芯がすぐに折れて使いにくさ満点なので、えんぴつは絶対に日本で買った方が良い。

鉛筆セット 小学校 ナノダイヤ鉛筆

created by Rinker
    • 消しゴム:良く消えるもの、使いやすい形。
    • 名前ペン:油性、黒の細いペン。
    • したじき:なるべく無地のモノ。
    • お道具袋:お道具箱の代わりに使用。巾着や小さめのかばんでも可。机の横にかけておくので、丈が長すぎないように注意。特に一年生は机の高さが低く、地面に接してしまうので、短めの方が良い。
    • クレパス:クレヨンは色が薄いので、パスをお勧めされる。みんなサクラクレパスを使用しているが台湾で買えない。みんな日本で買ってきている模様。

サクラクレパス 16色

created by Rinker
    • 色鉛筆:12色ていどのもの。クーピー、フリクション色鉛筆はダメらしい。
    • はさみ:先のとがってないもの。15cmくらいのもの。
    • のり:水のり
    • セロテープ:カッター付きのもの。台湾のカッターつきセロテープですが、全然切れないので、日本で買ってきた方が良いと思います。本当に、全然切れない。イライラします。みみたまボーイは毎回はさみで切っていますね。
    • ぞうきん:前期に2枚。後期に2枚。
    • せんたくばさみ:大きめのモノ。
    • 絵本バッグ:丈夫な布で作られたもので、大きな絵本も入るもの。
    • 移動バッグ:音楽・英語活動・中国語などの教室への移動の際に使用。教科書、ふでばこ、上ばきなどをまとめて入れられる手さげバッグ。
    • 体操ぶくろ:体操服などを入れる袋
    • 体操服:白シャツと短パン(黒、紺、白)。指定なし。みみたまボーイ家はナイキのシャツと短パン。
    • 赤白帽子:学校で購入可能。
    • プールバッグ:ビーチサンダル、バスタオルを入れるバッグ。
    • 水着、水泳帽子:自由。ゴーグルはあっても無くても良い。
    • 絵具セット:絵具、細筆、太筆、スポンジもしくは小さめの雑巾、パレット、水入れ。台湾の絵具は水入れが水平でないなど、品質イマイチなので、日本で買った方が良いと思います。

絵の具セットSMART 小学生 (男の子・女の子用)

created by Rinker

以上、日本人学校で必要となる持ち物一覧でした。では、また。

夏の醍醐味!台湾ドリンクスタンド「大苑子」。魅惑のマンゴースムージー!



シェアする

フォローする