台湾で性病に感染したら何科を受診すべきか?常在菌による発症も。

シェアする

こんにちは、みみたまボーイです。

台湾で性病に感染したら何科を受診したらいいですか?という質問を頂きました。まず、性病にかからないようにしましょう。それが一番です。とはいえ、かかってしまう人もいるでしょうから、調べてみました。




台湾で性病に感染したら何科を受診すべきか

性病に感染、感染の恐れがある場合、台湾では泌尿器科、皮膚科、感染科、産婦人科といった専門科を受診するのが良いようです。デリケートな問題だからこそ、自分のためにも、他の人に迷惑をかけないためにも、早期の受診が勧められています。当然です。

  • 泌尿科
  • 皮膚科
  • 産婦人科
  • 感染症

外から見てわかれば皮膚科、産科

どんな性病があるのかよく分かりませんが、みみたまボーイの調べたサイトには「ヘルペスのように水疱や発疹だけが現れると皮膚科や産科で診断を受けることができます」と書いてあります。

このサイトを参考にしました(中国語です)→http://www.commonhealth.com.tw/article/article.action?nid=73624

内診が必要なら泌尿科、産婦人科、感染科

同じく、上のサイトで「淋菌やクラミジアなどの感染症は、下腹部に痛み、膣内の異常分泌物、出血などがあり、通常は内診が必要であり、好ましくは産科および婦人科」と書いてあります。

男性が産科、婦人科に行くのも無理なので、男性で内診が必要な場合は泌尿科、感染科に行くことになると思います。

このサイトも参考にしました(中国語です)→https://health.udn.com/health/story/6047/352050

困ったら総合病院に行けば良いのでは?

症状次第で大まかに受診科の当たりをつけて、どうせ行くなら総合病院に行けばいいと思います。外に適切な科があれば、その場で紹介してもらえるでしょうし、地元病院より言語問題も少ないでしょうし、検査設備なども充実してるでしょう。

みみたまボーイの住む新竹だったら、馬偕病院です。関連記事:新竹の大病院は馬偕紀念医院。予約簡単。困ったらどうぞ。

自分でできる性病の検査

自分でも検査できるんですね。性病というと性交渉で感染すると思いがちですが、どうもストレスなどで体の免疫力(抵抗力?)が落ちている時に、常在菌が増えて感染するケースもあるようです。デリケートな話なので、まずは自分で検査することもできるようです。

海外生活で、慣れないことも多く、その結果、知らず知らずにストレスなど体に負担がかかって、抵抗力が低下してしまうことは、意外と多いそうです。思えば、みみたまボーイも台湾に来て、これまでなったことのない蕁麻疹になりました。体って敏感ですね。

男性用

STD研究所 性病検査キット STDチェッカー タイプR 男性用 7項目 クラミジア 淋菌 HIV エイズ hiv 梅毒 B型肝炎 性器 のど 咽頭

created by Rinker

STD研究所 性病検査キット STDチェッカー タイプF 女性用 7項目 クラミジア 淋菌 HIV エイズ 梅毒 B型肝炎 トリコモナス カンジダ おりもの

created by Rinker

最後に

ストレスなどで抵抗力が低下して発症してしまう場合を除いて、積極的に性病に感染するようなことをしないのが一番です。健康第一。不必要なリスクは取らないようにしましょう。では、また。



シェアする

フォローする