【大湖・台北】台湾のイチゴ狩り情報。摘んで食べたらペナルティ

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20180224150329p:plain

いちご狩りがしたい!

今回は台湾のいちご狩り体験情報!台湾=イチゴというイメージはあまり無いけど、台湾でもイチゴ狩りは可能!台湾でイチゴの一大産地は苗栗の「大湖」。毎年、12月~3月がいちご狩りシーズン!

台湾で「いちご」と言えば「大湖草苺」

そんな日本人にもお馴染みのイチゴ狩り。でも、台湾のいちご狩りは日本のいちご狩りとは少し違う。イチゴ狩りに行く前に、しっかり違いを確認しましょう。

台湾のいちご狩り事情

何より大きな違いは「採ってもいいけど、食べちゃダメ」。日本人には当然の「その場で食べる」ができない。日本人には理解しがたいシステムですが、これこそ、台湾スタイルのいちご狩り。

台湾のいちご狩りは「採ってもいいけど、その場で食べるのはダメ」

台湾いちご狩り事情まとめ、注意点

他にも違い、注意点があるのでまとめておきましょう。
  • 台湾の有名イチゴ産地は大湖(苗栗)
  • 台北でもいちご狩り可能
  • 12月~3月がシーズン(旧正月時期は混むので避けた方が良い)
  • 予約は不要
  • イチゴは狩れる。ただし、その場では食べない
  • イチゴ狩り1回500円といった固定金額ではない=入場料はない
  • 採ったイチゴは量り売り(300元/600gくらい:時期による)
  • 狩らずにその場で売っているイチゴを買った方が安い

苗栗「大湖」でいちご狩り

大湖には、イチゴ農園が沢山あり、殆どの農園でイチゴ狩りができます。

いちご狩り農園の探し方

f:id:mimitamaboy:20180224154057p:plain

イチゴは中国語で「草苺」で、狩りに相当するのが「採」。合わせて、イチゴ狩りは、「採草苺」。

「採草苺」や「自採」と書いてあるイチゴ農園でイチゴ狩りができる

大湖いちご農園への行き方

大湖でいちご狩りをするなら、まずは大湖酒莊に行きましょう。大湖酒莊から徒歩圏内にイチゴ狩り農家が沢山あり、選びたい放題。草苺文化館もあり、イチゴ関連のお土産も買えますよ。

  • 住所:大湖鄉富興村八寮灣2-4號
  • 電話:037-996736-8;037-994986

大湖への具体的な行き方2つ

大湖に行くには、この2つのどちらかでしょう。

  1. 台湾鉄道苗栗駅から、新竹客運5656に乗り「大湖酒莊」で下車。苗栗駅から約1時間。苗栗からタクシーは高いのでお薦めしない
  2. 台湾鉄道の銅鑼駅まで行き、タクシーで20分(約350元)。

大湖酒莊の様子

草苺文化館はこんな感じ。建物は古め。いちご推し。

f:id:mimitamaboy:20180224154208p:plain

定番イチゴお菓子が売ってる。

f:id:mimitamaboy:20180224154302p:plain

イチゴソーセージが売ってるが、全く食欲をそそられず。他にもイチゴ臭豆腐とかも売っているが、なんでもイチゴに絡めればいいわけではない。

f:id:mimitamaboy:20180224154333p:plain

台北「内湖」でいちご狩り

台湾最大のイチゴ産地は「大湖」だけどアクセスがイマイチ。でも、大丈夫。台北「内湖」でもいちご狩りができます。

台北「内湖」でも、いちご狩りができる

内湖のいちご農園への行き方

内湖にも複数のいちご農園があり、いちご狩りができます。台北MRTの「内湖」まで行き、そこからバス(S2シャトルバス)に乗って「観光草苺園」で降りればOK。降りれば、イチゴ農園がいっぱいある。

台北MRTの「内湖」→S2シャトルで「観光草苺園」下車

イチゴ狩り(摘み取り体験)

f:id:mimitamaboy:20180224155144p:plain

採った後に量り売りなので、入場料は無し。イチゴ農園の前に置いてあるカゴ&ハサミを勝手に取り、勝手に農園に入り、イチゴを狩る。一応、農園の人は周辺にいて「イチゴ狩りに来たの?うちのは美味しいよ。」とか言われたりする。

いちご狩りの流れ

台湾いちご狩りの大まかな流れは以下。量り売りなので、勢いあまって取りすぎると、思いもよらず高額になる。必要な分だけ採りましょう。

  1. いちご狩り農園を決める
  2. カゴ、ハサミを取り、農園に入る
  3. 必要な分のいちごを狩る
  4. 採り終わったら農園の人に渡す
  5. 重さを量って、お金を払って終わり

イチゴ狩りの様子

高架になってて取りやすい農園もあります↓

f:id:mimitamaboy:20180224155239p:plain

いやー、おいしそうだ。

f:id:mimitamaboy:20180224155353p:plain

最後は入り口(カゴのあるところ)で、重さを量って、お金を払って終わりです。何度も言いますが「採りすぎ注意!」

f:id:mimitamaboy:20180224155632p:plain

普通にいちごを買う事もできる

お金を払う場所には、パックに入っているイチゴも売っています。金額だけを考えれば、いちご狩りするより、これを買った方が安い。まあ、でも子どもは自分で狩った方が楽しいし、イチゴ代+体験代ですね。

農園で売っているイチゴの方が安いため、自分で採るのは楽しむ程度にして、食べる分は買って帰った方が、トータルコストは安い。

大湖のイチゴは、とても美味しいので、是非一度行ってみてください。では、また。