台湾の工業都市新竹の観光地を完全主観でランキング!

シェアする

こんにちは、みみたまボーイです。

みみたまボーイの住む台湾のシリコンバレー、新竹の観光スポットまとめ。新竹は工業都市なので、基本的には有名な観光地はありませんが、それでも、いくつかマイナー観光地があり、新竹市民を楽しませてくれています。




Contents

まず、新竹ってどんな都市?

  • 台湾北西部に位置する都市。人口約45万人。
  • 台北から車で約一時間。
  • 冬の季節風が強く「風城」と呼ばれる
  • 古称は竹塹。清代に新竹となった
  • ビーフンが有名
  • 台湾のシリコンバレーと呼ばれる新竹科学園区(サイエンスパーク)がある

新竹の場所

Google mapです。台北まで約1時間と、まあまあアクセスしやすい。新竹から台北へのアクセスはバスがお勧めです。住んでいるなら、定期券。

台北、新竹間の高速バスを徹底解剖。頻繁に乗るなら回数券がお得。

新竹お勧め観光地ランキング

新竹駅、竹塹城迎曦門、城隍廟という新竹の顔を始め、新竹の観光地を完全網羅。完全主観で新竹観光地ランキングと一言レビューを作成してみました。

新竹観光地ランキング

  1. 新竹駅:新竹の顔
  2. 竹塹城迎曦門:これぞ新竹。
  3. 城隍廟:鉄板、外せない。
  4. 南寮:定番を除けば間違いなくNo.1。
  5. TSMC Museum:その道の人に。
  6. 小人國:幼児がいるならお勧め。
  7. 六福村:小学生以上にお勧め。
  8. 緑世界:アルパカの脅威。
  9. 新竹動物園:休園中。昔は良かった。
  10. ガラス博物館:ただの博物館だけど。
  11. 十八尖山:花を見ながらハイキング。
  12. The One南園:台湾建築&庭園。
  13. 小叮噹科學主題樂園:ドラ〇もん?
  14. 黒蝙蝠中隊文物陳列館:平和を考える。
  15. 眷村博物館:歴史を感じる。
  16. 新竹市美術館:小さいけど、暇つぶしに。
  17. 新竹消防博物館:3歳以下なら楽しめる。
  18. 北埔:老街の雰囲気は好き。
  19. 槺榔驛古輕便車:難易度高すぎ。
  20. 内湾:一回で良いです。
  21. 辛志平校長旧宅:特別感なし。
  22. 青草湖:ただの池では。
  23. 青青草原:原っぱ。
  24. 影像博物館 :何だココは。

初めての新竹で行くべき観光地

初めての新竹訪問や友人知人が来た時に使えそうな観光地を書いてみましょう。それぞれの場所のアクセスの関係もあり、必ずしもランキング上位が入るとは限りませんよ。

新竹駅、竹塹城迎曦門、城隍廟は必訪!

まず、新竹駅、竹塹城迎曦門、城隍廟のトップ3は外せません。これを外すと、「本当に新竹に行ったのか?」と言われかねないので、この3つは必ず行きましょう。

位置関係は上のマップの通り、3つ全て徒歩圏内ですし、城隍廟周辺ならレストランにも困りません。この3つで半日くらい潰せますし、時間がない時はこの3つだけ回っても良いくらいです。さすが定番、困ったときはトップ3に頼りましょう。

ちなみに鼎泰豊の新竹店もすぐ近くにあります。台北の鼎泰豊は行列でX時間待ちとかですが、新竹の鼎泰豊なら殆ど待つことなく食べることができ、お得な感じがします

新竹観光地トップ3周辺はお土産も充実

観光地にも困る新竹ですから、当然お土産にも困ります。「何買ったらいいの?」というのが、悩みの種です。一応、お土産ベスト3は以下です。

  1. 福源花生醬
  2. ビーフン(三川商行米粉)
  3. 新復珍竹塹餅

この内、1位の福源花生醬と3位の新復珍竹塹餅はトップ3観光地の周辺なので、合わせて買うことができます。あまりパッとしなくても、この辺で買っておかないと、TSMC MuseumでTSMCグッズを買うことになります(笑)。

トップ3以降は好みで選択ですが

じゃあ、次は南寮か?と思いますが、南寮は新竹在住の人が行くには上位ですが、初の新竹とかであれば、もう少し台湾っぽいところがいいかなと。

時間に余裕があれば、The one南園とか、セレブ気分と台湾感が出てて良いと思います。「7歳以下の子どもが参加できない」、「一日ツアー」、「何より高い」とか色々と制約がありますが、逆に言うと、特別な時じゃないとナカナカ行かないとも言える。

他には、客家人の街、北埔でしょうか。みみたまボーイランキングは低いですが、台湾っぽいレトロな街並みが受けると思います。老街に行くなら、みみたまボーイは内湾よりも圧倒的に北埔をお勧めしますね。

一部、その道の人(業界の人)なら、TSMC Museumです。その道の人なら行っておけば話のネタになりますよ。Intel Museumに行ったことある人はいっぱいいますが、TSMC Museumに行ったことある人は殆どいないので。

新竹お勧め観光地 第1位 新竹駅

いきなり駅か…という気もしますが、みみたまボーイは結構好きです。じつは現存する台湾最古の駅で、設計は日本人。歴史のある建物なんです。外観に趣があり、どこに行くにもここが起点。まさに、新竹の顔。だから一位。

観光時間5分。外から見るだけ。これで一位になれる競合の少なさが新竹の魅力。台湾のニッチ市場、新竹。

新竹お勧め観光地 第2位 竹塹城迎曦門

f:id:mimitamaboy:20171009215837p:plain

新竹の象徴、迎曦門。新竹駅の目の前にあります。新竹に来た人が最初に見る史跡でしょう。みみたまボーイ的にもこれが新竹のイメージ。ロータリーの真ん中にありますが、階段で繋がっており、門の真下まで行くことができます。

門であり、門以上を期待してはいけません。それでも、新竹と言えば迎曦門。

新竹お勧め観光地 第3位 城隍廟

城隍廟は新竹が誇る廟であり、新竹人の心として長年君臨してきた、新竹市民に愛され続けるパワースポットです。新竹では他を圧倒する存在感。休日は朝からお参りに来る人でごった返しています。ここに行かずして新竹語れず。

城隍廟のまわりは市場や屋台が並んでおり、むしろ城隍廟の中も屋台が並んでおり、台湾グルメを楽しみたい人にとっては、観光名所兼グルメスポットとして重宝される存在。みみたまボーイは台湾料理が苦手なので、食べることはありません。

関連記事:城隍廟と新竹のマーライオン(龍鯉)を見逃すな!

  • 住所:新竹市中山路75号
  • 電話:(03)522-3666
  • 営業時間:10:00~21:00(屋台は各屋台で異なる)
  • Web:http://www.weiling.org.tw/

4位と見せかけ、実は1位 南寮

正直なところ1位~3位は別格と言うか、まあ定番なわけで、実はみみたまボーイは新竹で南寮が一番好きです

何を思ったか、地中海風のお洒落な建物が立ち並び、まるで台湾ではないような雰囲気。子どもは凧揚げ、大人は新鮮魚介類を楽しめます。親子でサイクリングもできます。リフレッシュするのに最適。新竹の一般観光地としては、圧倒的にNo.1である。

関連記事:新竹おすすめ観光地「南寮」 新竹No.1観光地の7つの魅力を徹底解析

  • 住所:新竹市北區南寮街
  • 営業時間:南寮としては時間制限ないが、サイクリングをするなら片道1時間(電動の場合)は見ておかないと夕暮れまでに帰ってこれない。

その道の人なら。 第5位 TSMC Museum

ご存知でしょうか、TSMC。新竹というか台湾を代表する世界最大の半導体ファウンドリです。その道の人なら知らない人はいないでしょう。IntelならIntel Museumがあるように、TSMCも作ってしまいました、TSMC Museum

なんと入場するのに予約がいります。予約はネットでできますが、予約がいるなんて何て強気なんでしょうか。Intel Museumは誰でも普通に入れるのに。しかし、それでも、その道の人なら一度はいっておきた、それがTSMC Museum。

  • 住所:新竹科學園區力行七路1號
  • 電話:03-5636968
  • 営業時間:平日09:00~17:30、土曜日10:00~17:30、日曜休館
  • Web:TSMC MuseumのHPへリンク

子連れに嬉しい 第6位 小人國

ただの遊園地です。新竹周辺に4つある近隣テーマパークの内、5歳以下の子どもにとっては小人國が最適。小さい子どもが乗れる or 遊べる施設が、他と比べて多め。夏のプールも、小さい子どもが遊べるプールがあり、とても助かります。

単身赴任の人とか、全く行く必要ありません。小さい子を引き連れて新竹に来た人にとっては上位に食い込む観光地でしょう。

関連記事:新竹周辺テーマパーク、小人國!夏場はプールもいいですよ!

  • 住所:桃園市龍潭區高原里7鄰高原路891號
  • 電話:03-4717211
  • 営業時間(かっこ内は施設開放時間):平日09:00~16:30(10:00~16:00)、休日09:30~17:00(10:30~16:30)
  • Web:http://www.woc.com.tw/index.aspx

小学生になったら 第7位 六福村

ここも遊園地。小人國と双璧だが、六福村の方が規模が大きい。子どもが小学校に入ったら、こっちの方が楽しい乗り物がありそう。現段階のみみたまボーイ家だと、小人國の方が僅差で上回っている。でも、ここも子連れで無ければ全く行く必要なし。

六福村の特徴として、アジア唯一のサファリホテルがあり、価格はなかなかの強気設定ですが、子どもが喜ぶのは間違いない。

新竹周辺テーマパーク六福村。アジア唯一のサファリ風ホテルあり。

アルパカの脅威 第8位 緑世界

ここは農場、緑がいっぱい。アルパカ、白鳥、亀、鳥、蝶など、多くの動植物を見ることができ、子どもが大喜び。日本ではあまり見ることのない、蝶が飛び交うドームあり。アルパカの散歩で暴走するアルパカの脅威を凌ぎ切って下さい。

関連記事:新竹から日帰りで行ける緑世界。アルパカと娘の物語。

再開が待たれる 第9位 新竹動物園

現在改装中。2018年夏に新装オープンという噂が、延び延びになり未だオープンせず。2019年中にはオープンするはず。以前の動物園は小規模でしたが、入場料は安く、子どもが楽しむには十分でした。新竹市民が再開を楽しみにしています。

再開しました!第10位 ガラス博物館(玻璃工藝博物館)

こちらも新竹動物園と同様に改装していましたが、既に新装オープンしています。新竹市民は入場料無料。改装により大幅に変わる or 大きくなるかと思いきや、ほとんど変わらず再オープン。あんなに長い期間改装してたのは何だったのか。

それでも、ガラス作品は美しく、それなりに見応えがあります。まあ、暇つぶしで新竹公園に散歩に行って、ついでに寄ってみるのが良いと思います。無料だし。

  • 住所:300新竹市東大路1段2號
  • 電話:03-5626091
  • 営業時間:火曜日~日曜日9:00~17:00(チケット販売は16:30まで)
  • Web:ガラス博物館

花の季節に。第11位 十八尖山

花が綺麗。春に散歩がてら、ぶらぶらと歩くのがお勧め。軽いハイキングという感じで、結構混んでいます。逆に冬とかはあまり行ってもしょうがないような気がする。1, 2, 5, 31番のバスで行くことができます。

バス(公車)情報はここで↓

十八尖山のバス情報へリンク

  • 住所:十八尖山(新竹市東南)
  • 営業時間:いつでも。
  • Web:十八尖山

色々パ〇ってる 第12位 小叮噹科學主題樂園

小人國、六福村、緑世界と比較して最弱ですが、それでもソコソコ楽しめる。水力、風力、電力などに関する様々な施設があり、実際に体験しながら、学ぶことができる。少し小高い丘になっており、新竹市内を一望することができるのも魅力。
なぜかドラ〇もんに似た置物があり、アトラクションにはイライラ棒があったりと、色々とお馴染みのものがあります。また、おそらく台湾で唯一の人工雪によるスキー体験ができます。スキーは入場料には含まれておらず、別料金で結構高い。

世界の大物も迎える 第13位 The One南園

大人向けというか7歳以下は入ることすらできない、新竹の穴場観光地「The One南園」。台湾風の建物と庭園が綺麗な場所です。タクシーでしか行くことができず、値段もお高め。日本人建築家隈研吾さんの作品もある。建築好きなら一度はどうぞ。

関連記事:新竹の穴場観光スポット The One南園で庭園を楽しむ一日ツアー

真面目に平和を考える 第14位 黒蝙蝠中隊文物陳列館

平和が必ずしも当たり前ではないと感じることができます。過去から学び、悲惨な戦争が繰り返されないよう、今を生きる我々が何をしないといけないかを考えされられます。小さな陳列館で長くは滞在できませんが、真剣な気持ちになります。

関連記事:秘密偵察部隊の歴史。黒蝙蝠(黒コウモリ)中隊文物陳列館

  • 住所:30054新竹市東大路二段16號
  • 電話:03-5425061
  • 営業時間:火曜日~日曜日9:00~17:00、月曜は休み
  • Web:黒蝙蝠陳列館

台湾の歴史。第15位 眷村博物館

台湾に中国大陸から主に軍人として移住して来た人たちが住む村が「眷村」。このような背景から、眷村の多くは軍の基地がある桃園、新竹、高雄にあったとのことです。

眷村に対しては、元々台湾に住んでいた人と、眷村に住み始めた人で、複雑な思いがあるようです。しかし、色々な思いが交錯しながらも、眷村の存在が台湾文化のひとつであることは変わりなく、この場所を訪れることで、両方の立場からの思いを感じ、過去は過去として、少しでも良い未来になることを考える貴重な場と言えます。

関連記事:台湾の歴史に触れる。新竹眷村博物館。

  • 住所:30054新竹市東大路2段105號
  • 電話:(03)5338442
  • 営業時間:火曜日~日曜日9-12時、13-17時(月曜休み)
  • Web:眷村博物館

昔の市役所 第16位 新竹市美術館

新竹市美術館は、昔は新竹市役所でした。新竹も、昔はこんな小さい市役所で十分なくらいの街だったんですね。今は、美術館として利用されています。

非常に小さいので長時間は過ごせませんし、一瞬で終わってしまいますが、割と短期間で展示物が入れ替わるので、たまにフラッと立ち寄ると良いです。みみたまボーイは結構好きで散歩がてら立ち寄ったりしています。タダですし。

関連記事:無料で気軽に入れる新竹市美術館

3歳児に人気 第17位 新竹消防博物館

3歳くらいまでは、消防博物館で消防車に乗っていれば、それだけで十分楽しいようです。純粋な心を思い出させてくれます。ちょっと遠くには行きたくないけど、子どもの世話もしないといけない、そんな休日に使えます。

関連記事:新竹の秘宝 新竹消防博物館

  • 住所:30046 新竹市中山路 4 號
  • 電話:03-5229508→内線425
  • 営業時間:火曜日~日曜日9-12時、13-17時(月曜休み)
  • Web:https://www.hcfd.gov.tw/museum/

遠くなければもっと上位 第18位 北埔

客家人の街、北埔。レンガ造りの古い町並みがレトロな感じで良い。客家文化の「擂茶」を楽しむことができます。

みみたまボーイは老街にあまり興味が無い&ちょっと遠いので18位ですが、好きな人ならトップ10入りもしそうな感じ。少なくとも内湾よりは好きです。まあ、消防博物館に負けるのはどうかと思いますが(笑)。

関連記事:北埔老街。新竹から日帰りで行ける客家の街で擂茶を楽しむ。

住所:新竹県北埔郷

難易度高し 第19位 槺榔驛古輕便車

トロッコ列車です。乗れれば間違いなく子どものテンションが上がるものの、予約の難易度が高い。いつかこれを楽しんでみたい。いつか乗ってみたい、夢のトロッコ列車。

関連記事:難易度高い。上級者向け新竹観光地トロッコ列車

  • 住所:新竹市北區東大路三段430巷23號
  • 電話:0920-111593 (予約が必要)
  • 営業時間:8:30~17:00
  • 注意:一回一人50元,6人以上で発車。6人に満たなくても6人分払えば発車。

一回で飽きた 第20位 内湾

新竹から行ける老街としては有名で、休日には観光客でにぎわっています。内湾には老街以外は、正直言ってこれと言うものもないのに、何故そんなに人気なのか。老街好きが多いのか。自然を楽しむ、ただただ、その目的だけで行くところ。

関連記事:台湾ローカル鉄道の旅 内湾線で内湾老街への行き方

日本人には特別感なし 第21位 辛志平校長旧宅

日本人にとっては、ただの古い日本の家屋であり、それ以上でもそれ以下でもない。確かに、何か懐かしい気持ちにはなる。隣の喫茶店で、日本の雰囲気を感じながら、お茶でもするのが良いと思います

関連記事:新竹 辛志平校長旧宅(故居)で日本の雰囲気を感じる

  • 住所:新竹市東門街32號
  • 電話:03 522 0351
  • 営業時間:平日:11:00~17:30;週末:10:00~17:30
  • Web:校長宅

鉄道好きでないと… 第22位 新竹市鉄道芸術村

電車が目の前、スレスレを通っていくので、電車好きには溜まらないのかもしれない。非常に数は少ないが展示物もあるので、10分くらいは時間を使える。

新竹観光:新竹マイナー観光地 新竹鉄道芸術村

ただの湖 第23位 青草湖

湖です。水が綺麗なわけでもない。公路客運5604で行けますが、本数が少ないので、行くならタクシー。だが、ただの湖であり、タクシーに乗っていくほどでは無い。

青草湖のページへリンク

途中で断念 第24位 青青草原

大きな滑り台のある草原。みみたまボーイは行ったことありません。正確にはバスで行こうとたものの、最寄りのバス停から青青草原の入り口が遠すぎて、5歳児、2歳児が歩いて到達できず。行くならタクシーしかないが、滑り台に乗るためだけにタクシーは無い。

圧倒的最下位 影像博物館

もうノーコメント。時間が有り余って、何かのついでで、近くを通ったらどうぞ。

関連記事:新竹市民しか行かないであろう新竹影像博物館

番外編 新竹マッサージ

観光じゃないけど、せっかく台湾に来たならマッサージを受けてみるのも一興かと思います。みみたまボーイお勧めの二店舗を書いておきます。カッピングを受けれますが、地獄を見ますのでお勧めしません(笑)。

新竹ベストマッサージ店 鄧老師養生會館でリフレッシュ

おすすめ新竹マッサージ店 民生健康養生館で体のメンテナンス

新竹おすすめホテル

新竹は工業都市なので、多くの日本人が出張できます。そのため、日本人を意識したホテルもいくつかあります。新竹で日本人にお勧めできるホテルとしては、Sol Hotel、煙波大飯店がツートップです。ちょっと離れた3位でアンバサダーホテルですね。

関連記事:台湾新竹市のお勧めホテルトップ3。日本語対応ができビジネス、観光に最適。

これで有名どころは殆どカバーしています。穴場を見つけたら更新します。では、また。



シェアする

フォローする