台北動物園への行き方を徹底解説。あなたにベストな行き方は?

シェアする

こんにちは、みみたまボーイです。

広大な敷地面積に多くの動物、それでいて入園料が60元(220円)とコストパフォーマンスが非常に高い台北動物園。台北に住む家族連れはもちろん、子連れ台湾旅行でも有力な候補地。そんなわけで、今回は台北動物園への行き方を完全解説




台北動物園の場所

まずは台北動物園の場所を確認しましょう。台北動物園は台北市の南のはずれにあります。台北駅から車で20分ほど。

台北動物園への行き方

台北動物園への行き方は4つです。MRT利用が一般的ですが、出発地点によってはバスの方が楽だったり、子どもが歩き疲れて寝たら帰りはタクシーというケースもあるので、それぞれの方法の良い点、悪い点を詳しく解説します。

【台北動物園への4つの行き方】

  1. MRT
  2. バス
  3. タクシー

一般的にはMRT

多くの人にとってMRTが第一候補となります。茶色の文湖線最終駅が台北動物園です。

MRTの良い点、悪い点

MRT利用の良い点は、とにかく簡単。確実に到着できる。一方で、難点としては、文湖線への乗り換えが面倒

そんなわけで、文湖線周辺ホテルを予約していたり、文湖線周辺在住なら間違いなくMRTがベスト。それ以外は必ず一回は乗り換えが発生し、ちょっと面倒(大した手間ではないが)。みみたまボーイはオレンジライン周辺に住んでおり、動物園までは二回も乗り換えが必要で、非常に面倒です。

バスも便利

出発地点によっては動物園まで直通で行けるバスが非常に便利

バスの良い点、悪い点

良い点は、なんといっても動物園まで直通。悪い点は、1.自宅 or ホテル周辺から動物園直通バスが出ているとは限らない2.旅行だとバス利用はハードルが高く感じるかもしれない

台北動物園直通バスの検索方法

上の写真で台北動物園への直通バスを見ることができますが、自宅 or ホテルの最寄りに、これらのバス停があるのか、どうやって調べればいいんだ!と、みみたまボーイは思ったので、簡単な検索方法を書いておきます。

Googleマップで最寄りのバス停から動物園行きのバスがあるか検索しましょう。これが一番早く、確実な方法です。台北に住み、バスを利用する事になってから、Googleの凄さを実感しています。

Googleマップで検索したら一発で出てきます(下例参照)。動物園のパンフレットに載ってない912番のバスを紹介してくれるGoogleは流石です。そんなわけで、旅行であっても携帯が使えるようにしておいた方が絶対便利です。海外行くなら!イモトのWiFi

Googleマップ検索結果↓バスの乗り方はこちら→台北市バスの乗り方をステップごとに写真付きで紹介

一番楽なのはタクシー

お金を気にしなければ、もちろんタクシーが一番楽です。

タクシーの良い点、悪い点

タクシーの良い点は、もちろん楽なところ。悪い点は、他の行き方と比べて遥かに高い。MRTなら台北駅→動物園で35元(125円)。一方、台北駅から台北動物園まで350~400元(1400円)。なんと10倍!

10倍!と書くと気が引けますが、台湾のタクシーは安く、実際の金額は1400円くらいなので、じつは大したことありません。特に台北動物園は広く、途中で子どもが歩き疲れて寝るケースも多く、帰りはタクシーというのは現実的な選択肢です

みみたまボーイも帰りはタクシーを使ったこともあります。動物園入り口で多くのタクシーが出待ちしており、タクシーを捕まえるのは容易です。タクシーの乗り方はこちら→台湾タクシー料金相場、捕まえ方、乗り方、注意点。知ってると便利な中国語

車で行く強者へのアドバイス

車で行く強者もいるかもしれません。ご安心ください、台北動物園には駐車場があります。動物園站地下停車場です。平日は一時間たったの10元。休日(6:00~22:00)は一時間60元。

休日ボッタクリすぎだろw

台北動物園の入場料が大人60元ですからね。動物園より高いじゃないか!しかも、一時間で帰る人なんていないし。4時間くらいはいるでしょう。なかなかやりますね。

台北動物園の穴場駐車場、木柵機廠停車

そんな休日ですが、少し歩けば安い駐車場があります。木柵機廠停車です。休日でも一日駐車で、たったの120元(8時~16時)。台北動物園までは徒歩12分。全然ありだと思います。

以上、子連れ台湾旅行の有力候補地、台北動物園への行き方でした。では、また。関連記事はこちら→広大な台北動物園の効率的な回り方 vs おすすめの回り方



シェアする

フォローする