陶器の街、鶯歌観光。老街散策&ランチ。陶芸体験とおすすめ安達窯。

シェアする

こんにちは、みみたまボーイです。

今回は台湾一の陶器の街、鶯歌を紹介します。鶯歌は台北からも30分と近く、お洒落でかわいい陶器が並ぶ老街があり、何なら陶芸体験もできる素晴らしい観光地です。台北で似たような寺を複数観光するなら、みみたまボーイは鶯歌をお勧めします。




鶯歌の読み方は?

鶯歌はYing1 ge1です。誤解を恐れず、カタカナで書くと「インガーです」。

鴬歌の場所と行き方

台北駅から台湾鉄道でたったの30分(31元)で電車の本数も多いです。バスは台北までの直行便がほぼ無いので、台湾鉄道で行くのが良いと思います。タクシーなら片道600~700元。もう鉄道一択と言っていいでしょう→台湾鉄道ローカル線の旅。

桃園からならバスもあり

台北からだと台湾鉄道の一択ですが、桃園からならバスが便利。以下、2つの路線が桃園と鴬歌を繋いでいます。いずれも台湾鉄道の桃園駅が起点です。

  • 5001 桃園-三峽
  • 5005 桃園-三峽

車で行くなら11時までに着きましょう

中には車で行く人もいるでしょう。鶯歌老街のすぐそばに四か所駐車場があります。いずれも徒歩数分で老街に到着する非常に便利な立地です。それだけに、11時までに到着しないと、たいていの場合、満車になります。ご注意ください。

鴬歌老街周辺駐車場

  1. 三號公園停車場(30分毎に15元)
  2. 育英停車場(平日一回50元 / 休日一回 100元)
  3. 鶯歌國小停車場 (平日一時間30元 / 休日一時間40元)
  4. 三號公園重慶停車場 (平日一時間30元 / 休日一時間40元)

鴬歌駅から陶器老街までの行き方(徒歩10分)

鶯歌駅からしてレトロな感じで良いのですが、駅を出てから鶯歌老街まで、徒歩で10分ほどかかります。鶯歌駅に着いたら「文化路出口・陶瓷博物館」出口から出て、線路沿いを歩いてください。駅に地図もありますが、携帯で場所を確認しながら行くと確実海外行くなら!イモトのWiFi

鴬歌老街を遊びつくす

鶯歌のストリートには100店舗以上の陶磁器店が並びます。庶民的な店から高級陶磁器まで揃っており、ブラブラと見て回るだけでも全く飽きません。元々、陶土が豊富で水にも困らない土地であることから、陶磁器の街として現在の名声を得るに至ったようです。

鴬歌老街の営業時間

お店によってマチマチですが、10:00~18:00が平均営業時間です。ぶらぶら見てるだけで、本当に一日遊べます。

鴬歌老街の複合施設

ショッピングモールという訳でもないですが、複数のショップが集まった複合施設があります。暑い中、老街の小さなお店を見て回らないで済むので、助かります。でも、小さいお店を回るのも醍醐味なので、結局両方行きますが(笑)

光點美学館

鴬歌老街で一番大きなお店が光點美学館。お店も綺麗だし、多くの店が入っており、クーラーが効いており、非常に快適に陶器を見ることができます。陶器だけじゃなく、水晶とか、駄菓子とかも売っています。

台北101などにも店舗を構えている注目の陶器メーカー「乾唐軒」も入っています。また、中にはレストランもあり、ぶっちゃけ、ここだけでも十分なくらい。

  • 住所:鶯歌區陶瓷街18號
  • 電話:02-2678-9599
  • 時間:10:00~19:00 (毎月第一及び第三火曜日は休館)

新太源老街陶館

外見がレトロな雰囲気で良い。20mの大煙突が目印です。中に入ると陶芸体験などやっています。しかし、中はあまり特別な感じはしないので、外からの見た目を楽しめばいいと思います。まあ、こういう雰囲気を楽しみながらぶらぶら老街を歩くのが鴬歌の醍醐味。

  • 住所:新北市鶯歌區建國路485號
  • 電話:(02)8677-4311
  • 営業時間:09:00 – 17:30

鴬歌のローカル陶器店

ローカル店と言っても、ここは台湾一の陶器の街です。なかなか味のあるモノが揃っています。高級なものから、お値打ちなものまで、色々です。一例を見ていきましょう。まずは高級感あふれる陶器。

実用的なモノも。陶器の水筒。

こういう茶器を日本に買って帰りたい。

Goodデザイン。凸凹してて洗いにくいかな?

こんな感じでお店によって特色があり、更にお店の数が多いので、本当に一日いれそうな感じです。見てて飽きない。

おすすめ!安達窯も3店舗あり

臺灣陶磁器のブランド「安達窯」。台湾内外に多くのファンを持っています。なんとこの「安達窯」の窯元が、ここ鴬歌!さすが台湾一の陶器の街。そんな「安達窯」を扱う店が、鶯歌老街に3店舗あります。ここは必訪でしょう

  • 安達窯 鶯歌旗艦館 (10:30~19:30)
  • 安達窯-旗艦店(10:30~19:00)
  • 安達窯-窯廠(8:00~17:00/土日休み)

安達窯-amazon

鴬歌老街で陶芸体験ができる

老街を歩いていると、ところどころにDIYと書いてある店があり、陶芸体験できます。空いていれば当日、その場で陶芸体験も可能です。もちろん、予約して行く方が確実です。みみたまボーイは予約して行ったので、詳細書いておきます。

鴬歌陶芸体験有名店

有名な陶芸DIY店を書いておきます。全部鴬歌老街にあるので、陶器を見ながら老街をぶらぶら歩いているとたどり着けますよ。みみたまボーイはThe Shu’s Potteryに行ったことがあるので、体験記は下の方に書いておきました。

  • The Shu’s Pottery(新旺集瓷)
  • 新益源陶器工廠
  • 馬賽克工坊
  • 源陶工坊
  • 陶趣家工坊
  • 鶯歌陶藝專業玩陶教室
  • 豐陶藝坊

The Shu’s Potteryで陶芸体験

色んなお店でDIYとして陶芸体験をやってますが、みみたまボーイが予約して行ったのはThe Shu’s Potteryです。選んだ理由?ネット検索でトップで出てきて、電話無し、ネットだけで予約完了しそうだったからです。あとで聞いたら、一番有名だったそうです。

陶芸体験の予約

お店のHPで予約するだけです。お店のHPはここ→The Shu’s Pottery陶芸教室予約のページ

  1. アクセスするとカレンダーがあるので、まずは日付を選ぶ
  2. 名前とか必要情報を記入
  3. 複数コースがある(上の写真)ので、好きなコースを選ぶ

陶芸コース

  • A : 手でこねるだけ(150元/人)
  • B:ろくろを使う(250元/人)
  • C:出来上がってるコップに絵付け(220元/人)
  • D:モザイク(現地確認)
  • E:お椀に絵付け(300元/人)
  • L:手形とか(450~1800元/人、サイズ次第)

予約したら電話かかってきた

ネットで予約は完了。と思っていたら、鶯歌に行く3日前くらいに電話かかってきました。中国語で何言ってるかわかりませんでしたが、最終的に向こうが日本語になりました。日本語を喋れるスタッフもいます。ご安心ください。常駐してるかどうか不明。ツアーもありますが→鴬歌陶芸体験ツアー

陶芸体験当日

みみたまボーイ家は「C:出来上がってるコップに絵付け」にしました。ざっくり1時間です。コップは真っ白な出来上がっているモノを使い、好きな絵を描くだけです。絵を描いたら、お店で焼いてくれ、家まで郵送してくれます

郵送されるまで二か月かかる

長くね?と思ったのですが、相場がわからないので、そんなもんでしょうか。ただ、国内、国外問わず送ってくれます(日本でも送ってくれます)。送料は体験代金に含まれていないので、別途支払う必要があります。実際には一ヶ月ほどで送られてきました。

渾身のゴジラ

いやー、激似ですね。鴬歌陶芸体験ツアー

陶器も売ってる

The Shu’s Potteryは店構えも綺麗で、オリジナル陶器も売っていて、結構良かったです。陶芸体験しないでもブラブラとお店をのぞいてみると良いと思います。

鴬歌グルメ・ランチ

鴬歌でちょっと困るのがレストランです。台湾ローカル料理が大好き!なら良いですが、子連れで台湾ローカル料理は子どもが苦手、となると非常に困ります。そんなわけで、鶯歌の有名ローカル店+本格日本食料理屋をピックアップしてみました

鴬歌の有名ローカルレストラン

まずはローカル台湾料理屋を書いてみましょう。せっかくの台湾旅行なので台湾っぽい料理が良い、という人は行ってみてください。

厚道飲食店

鴬歌の老舗、厚道飲食店。鶯歌の人にとっての「おふくろの味」。排骨飯套餐(排骨飯セット)がたったの160元で食べれます。住所:新北市鶯歌區尖山埔路79號

勇伯垃圾麵

ここも50年を超える老舗です。夕方4時から深夜の1時半までしかやっていないので、昼間は食べれないというレア感があります。垃圾麵 40元(S)、60元(L)。 住所:新北市鶯歌區中正一路157號

彰鶯肉圓

地元民に根強い人気。いるよね、こういうのが好きな人って。みみたまボーイ子どもは全く食べようともしませんが。肉圓40元/個。住所:新北市鶯歌區行政路35號

三年一班

ここは味で押してるわけじゃないですが、なんと牛肉麺やコーヒーを食べる/飲むと、そのお皿、カップを持ち帰れます。まあ、デザイン気に入らなかったらいらないわけですが、ただで持ち帰れるなら、一回行ってみてもいいかも。

鴬歌の日本料理屋

台湾に住んでると、とにかく日本料理が食べたい時があります。子どもが日本料理しか食べなかったり。うどんしか食べなかったり。そんな時、台湾地方都市だと困るのですが、鶯歌は大丈夫です。八條壽司があります。

八條壽司

こういうお店がひとつあるだけで、全然違います。うどんもあって、助かります。現地人にもコスパが高いと人気です。住所:新北市鶯歌區南雅路435號

鴬歌のその他観光地

鴬歌には老街以外にも博物館とかもあります。みみたまボーイ的には老街散策で十分ですが、一応紹介しておきます。

鴬歌石

せっかく来たら鶯歌の全景を見たい!そんな人にお薦めなのが、鴬歌石。北鶯公園から歩いて到達でき、小高い場所から鶯歌を一望できます。鶯歌駅から北を望むと鶯が羽ばたいているように見えるという、由緒正しいただの岩です。

鴬歌陶磁博物館

陶器の歴史などを知ることができます。みみたまボーイは、そこまでの興味は無かったので「ふーん」といいながら、さらっと見て終わりました。しかし、なんと、新北市民なら無料で入れる!そんな日本人はほぼいないでしょうが。

三鶯桃花源

鴬歌の駅から老街と違う方向に歩くと三鶯桃花源があります。草原(というほど広くも無いが)に巨大な陶器がおいてあります。「巨人の陶器だ」とかナントカ。こどもは若干テンションあがりますが、大人は「ふーん」という感じ。

三鶯龍窯橋

この辺唯一の夜景?スポット。龍の形をした橋で、入り口は龍の口になっています。夜は光る。ただ、それだけですが、夕方から夜にかけて鴬歌にいるなら、一目見ていってあげてください。

台湾のサグラダファミリア

鴬歌の隣町、三峽に台湾のサグラダファミリア「清水巖祖師廟」があります鶯歌と三峽は近いものの、歩くと辛いので鶯歌駅から三峽行きのバスが便利。でもサグラダファミリアとは似ても似つきませんが。むしろ、日光東照宮(全く及ばないが)。台湾のサグラダファミリア。三峡の清水巖祖師廟

三峡老街の名物、クロワッサン

「三峡といえばクロワッサン、クロワッサンといえば三峡」と言われるくらいです。なんで三峡がクロワッサンの聖地なのかわかりませんが、それくらいなので三峡に来たらクロワッサンを食べてください。以下、有名店3店。

  • 福美軒(9:00~18:00/住所:台北県三峽鎮信義街25号)
  • 康喜軒(8:00~20:00/住所:台北県三峽鎮中華路74-5号)
  • 三角湧黄金牛角(6:30~18:00/住所:台北県三峽鎮大同路79号)

季節限定、桐花観賞

毎年5月になると台湾は桐花の季節です。そして、鶯歌付近には多くの歩道があり、じつは隠れた桐花の名所です。孫龍歩道が有名です。鶯歌石にも立ち寄れる歩道なので、2kmくらいありますが、5月に行くならお勧め。

以上、台湾一の陶器街、鶯歌でした。それでは最後に台湾っぽい陶器をどうぞ。

では、また。あの鼎泰豊に優先入場してコース料理に舌鼓



シェアする

フォローする