台湾秘境「忘憂森林」の観光注意点。ベストシーズンと行き方は?

こんにちは、みみたまボーイです。

 

 

忘憂森林の行き方、注意点をまとめたよ!

ご存知でしょうか、台湾の秘境「忘憂森林」。憂いを忘れる森林ですよ。台湾人でも行ったことある人も少ない「忘憂森林」への行き方、注意点をまとめました!

 

忘憂森林とは?

1999年の台湾地震により、この一帯がが沼地になり、元々そこに生息していた杉の木が死ぬことで、忘憂森林が形成されました。

命ある時は普通の森。死ぬことで観光地としての命を得たわけですが、過ぎにとっては普通の森の方が良かったのかもしれません。いやー、憂いてますね。

忘憂森林の読み方

そもそも、何て読むの?

wang4 you1 sen1 lin2

忘憂森林の読み方はwang4 you1 sen1 lin2。誤解を恐れずカタカナで書くと「ワン ヨウ セン リン」。パッと見て読み方がわからないあたりが、秘境感を増大させます。

 

忘憂森林の場所と行き方

忘憂森林は台湾のド真ん中にあります。凄い場所にありますね。台中からバスで片道3時間という、秘境の名に恥じない凄まじい遠さ。

忘憂森林の場所

忘憂森林は台湾の南投という地域にあり、いわゆる山奥。本当に山奥。忘憂森林へ行く途中に妖怪村があります。妖怪の住処より遠い「忘憂森林」

忘憂森林への行き方

忘憂森林へアクセスするなら、最寄りの都市は台中。まずは台中に行きましょう。まあ、台中からでもバスで片道3時間。気楽に、気長に旅しましょう。

台中から忘憂森林への道のり

車なら片道1時間半で着くけど、公共交通機関だと片道3時間もかかる。公共交通機関と言ってもバスしかない。しかも、本数も少ない。山奥ですから!

忘憂森林行きのバス

忘憂森林行きのバスは6871。台湾鉄道台中駅から発車しています。

新幹線の台中駅から直通バスは無い

新幹線で台中駅に到着する人もいるでしょうが、新幹線の台中駅から忘憂森林への直通バスはありません。新幹線の台中駅に着いたら、台湾鉄道の台中駅へ移動しましょう。

新幹線台中駅→台湾鉄道台中駅→忘憂森林

ただ新幹線の台中駅→台湾鉄道の台中駅が遠いので、非常に面倒。新幹線のチケットを持っていれば無料で乗れるシャトルバス(159番のバス)があるので、それに乗りましょう。新幹線台中駅→台中公園(台湾鉄道の台中駅前)行きです。

みみたまボーイ体験談

みみたまボーイは台中に一泊して、早朝(朝イチ)のバスで忘憂森林に行き、その日のうちに台中まで戻りました。しんどかった。

朝イチのバスに乗っても、忘憂森林に到着するのは昼前!帰りのバスも少なく、計画的な行動が必要。だって、片道3時間。

参考として2019年3月時点のバス時刻表を貼り付けておきます(時刻表は常に最新版を確認してください)。なんと、一日たったの5本。これはキツイ。

忘憂森林のバス停から忘憂森林まで

忘憂森林のバス停に着いても、到着ではありません。バス停から「忘憂森林」まで、山道を歩きます。そんな簡単に到着はできません。さすが秘境。

バス停から忘憂森林まで行く方法は2種類。

  1. 徒歩
  2. シャトル(車):おすすめ
徒歩で忘憂森林まで行く

山道になっており徒歩で30分。かなり急な山道なので結構しんどい。一本道なので迷うことは無い。みみたまボーイは歩いたものの、かなり疲れた。

シャトル(車)で忘憂森林まで行く

バス停降りて、山道が始まるまでの間に複数の業者が「上まで片道100元!」と呼びかけてきます(往復200元)。怪しいやつらだなと思って無視していたのですが、これは乗るのが正解。一緒に行った友人も同意見。

帰りは下りなので、バス発車時刻まで時間があれば、歩けばOK。

  • シャトルは片道100元
  • 乗るのが正解
  • 帰りは歩きもOK

忘憂森林の観光注意点

こんなに遠い秘境「忘憂森林」。しっかり満喫しましょう。そんなわけで、忘憂森林観光時の注意点をまとめました。

  • 忘憂森林は遠い!計画的な行動を!
  • ベストシーズンは6月!
  • 午前に行くべし!
  • 公共トイレがない!

忘憂森林観光の最適な時期は6月

水の有無で印象が大きく変わります。一番お勧めだと言われるのは、水がある時期(6月~10月)。その中でも6月がお勧め。7月以降は台風が来たら終わり…。水のない時期も、それはそれで良いですけどね。

  • 水がある月:6月~10月
  • 水が無い月:11月~5月

午前中がベスト

午後は霧が出てくるので、午前中に行くのがベストです。霧の忘憂森林も良いのですが、下山が危険です(徒歩の場合)。あと、帰りもバスで3時間ですから。

公共トイレがない

何より重要なことを書きましょう。

公共のトイレがありません

でも、大丈夫。シャトル(車)に乗れば、そのお店のトイレを利用可能。もしくは、頂上付近にカフェがあり、コーヒーでも飲めばトイレも使える。

ちなみに、忘憂森林行きバスにもトイレは無いので、これも注意点。旅立つ前に体内の水分管理とトイレタイミングを考えておいてください。

忘憂森林の感想

ここまで長い道のりを経てたどり着く「忘憂森林」。それはそれは素晴らしい絶景だった!と言いたいところですが、正直なところは「まあまあ」でした。5点満点で3点といったところでしょうか。

まあ、それでも行きたいのが秘境ハンター。台湾に住んでるなら近くにある「妖怪村」や、台湾中部、南部の観光地と一緒に行ってみてください。では、また。