台湾生活の必需品Easy Cardは簡単チャージでこんなに便利

こんにちは、みみたまボーイです。

Easy Cardは台湾生活必需品!

台湾旅行、台湾生活の必須アイテム、Easy Card(悠遊卡、ヨウヨウカ)を紹介します台湾公共交通機関の支払いは全部このEasy CardでOK。動物園などもEasy Cardで入園できます。便利すぎてEasy Cardなしでの生活は考えられない。

Easy Card(悠遊卡、ヨウヨウカ)とは?

Easy Cardはプリペイド式カードだよ!

日本で言うとSuicaやICOCAのようなプリペイド式のカードです。但し、MRT、バス、コンビニ、シェアバイク、ロープウェイ、フェリー、動物園、コンビニなど、あらゆる施設で使用可能。Easy Card一枚で生活できるレベル。

切符や入場券を買う必要がなくなり、時間も手間も節約できます。しかも、MRTは料金が自動で20%割引になり、良いこと尽くし。小さいことでも積み重なると違います。台湾駐在員でEasy Cardを持ってない人には会ったことがない。

  • どこでも使えるプリペイドカード
  • 切符や入場券を買う手間が省ける
  • Easy Card割引がある

Easy Cardの種類

Easy Cardは3種類あります。いずれも100元でカードを購入できます。100元はカード代です。カードを買った段階でお金はチャージされてないので注意してください。

  • 普通のEasy Card(悠遊卡)
  • 学生用Easy Card(悠遊卡)
  • 子ども、年長者用Easy Card(悠遊卡)

Easy Cardは洗濯に耐えた

どうでも良い情報ですが、みみたまボーイは間違ってEasy Cardを洗濯してしまったことがあります。1000元くらい入っており、ショックでしたが、乾燥させたら使えました。強い!

旅行でもEasy Cardを購入すべきか?

台湾に住むなら100%買うとして、旅行で短期間しか滞在しないのに買うべきか?は悩むところです。この点について、身近な駐在員たちで話したところ、買った方がいいに決まってるだろ」という意見で100%一致しました。

Easy Cardはデザインが豊富なので、台湾っぽいデザインにすればお土産にもなる。コンビニで使用できるので、帰国前に余ったお金はコンビニで使い切ればOK。払い戻しもある。何よりイチイチ切符を買う必要がなく、圧倒的に便利。

Easy Cardの買い方

Easy Cardは簡単に変えます。どこにでも売っています。主な買い方は、以下の二点。

  1. 駅などの窓口で買う
  2. コンビニで買う

駅などの窓口でEasy Cardを買う

基本的に駅の窓口ならどこでも買えます。確実に買えますが、駅員と会話しないといけないので、中国語が話せないとハードルが高いかもしれません。

購入するのに必要な中国語は「我要悠遊卡(Wǒ yào yōuyóu kǎ)」だけです。あとは100元をチラつかせておけば大丈夫です。「100円は帰ってこないよ」と言ってくると思いますが、聞き取れなくても頷いていれば大丈夫。

Easy Cardと言っても通じない可能性が高い。カタカナ発音でよいので、ヨウヨウカと言ってください。発音にうるさい中国語ですが、これはカタカナ発音でも通じるはず。

コンビニで買う

おすすめ!非常に簡単で喋る必要も無い。レジ付近に大量のEasy Cardが置いてあるので、好きなデザインのEasy Cardを選んでレジに出すだけ。但し、別のプリペイドカードも売っているので、Easy Cardのデザインを確認してから購入してください。

  • いつでも買える
  • 喋らず買える
  • その場でチャージできる(喋る必要ありだが、チャージした方が手っ取り早い)

子ども用Easy Card購入方法

公共交通機関で大人と子供料金が異なるため、子ども用Easy Cardがあります。正確には、子ども/年長者用のEasy Card。通常のEasy Cardと同様、駅やコンビニで買えますが、需要が少ないためコンビニの店頭に置いてないことが多い。

でも大丈夫。店員に言えば店の奥から出てくるはずです。ただし、マークが通常のEasy Cardと違うので、そこは認識しておく必要があります。下の写真のマークです。

  • 子ども用Easy Cardもコンビニで買える
  • でも、店頭に出てない可能性あり
  • 店員に言えば出てくる事が多い

Easy Cardのチャージ方法

プリペイド式なので、事前にお金をチャージします。購入したらすぐにチャージしましょう。途中で追加チャージしたい時は、駅やコンビニで追加チャージできます。

Easy Cardへお金をチャージする方法

駅員やコンビニ店員に悠遊卡とお金を見せ「加值(ジャー ズー:英語のチャージの当て字)」と言えばチャージしてくれます。追加チャージするときも同じです。

悠遊卡とお金を見せて指をさしながら「加(ジャー)」だけでも絶対通じると思います。もっと言うと、何も言わないでもお金を見せて悠遊卡を指させば、雰囲気と気持ちで伝わるハズ。

  • Easy Cardを買ったらすぐにチャージ!
  • お金をチラつかせて「加值(ジャーズー)」と言おう

駅の自動チャージ機械を使う場合

Easy Cardにお金をチャージする機械もあります。駅には必ずあるので、追加チャージしたい時などに使用してください。多くの場合、駅の自動券売機の横にあり、操作は簡単。下の手順でチャージしていってください。これなら一切話す必要なし。

1.自動チャージ機械を見つける:加値と書いてありますね。

f:id:mimitamaboy:20180319071147p:plain

2.下の赤枠の場所をタッチ

f:id:mimitamaboy:20180319071240p:plain

3.下の赤枠、加値と書いてある場所をタッチ

f:id:mimitamaboy:20180319071348p:plain

4.悠遊卡を機会にセット(置くだけ)

f:id:mimitamaboy:20180319071745p:plain

5.下の画面になったら、お金を入れます。おつりは出てきません。

f:id:mimitamaboy:20180319071440p:plain

6.お金をいれると、確認画面になります。「下一歩」をタッチ。

f:id:mimitamaboy:20180319071551p:plain

7.最終確認

f:id:mimitamaboy:20180319071842p:plain

8.加値成功とでたら、おしまいです。

f:id:mimitamaboy:20180319071935p:plain

上の写真でみみたまボーイは1000元入れていますが、台湾の公共交通機関は安く、例えば台北MRTで一番遠い淡水まで行っても、片道50元。旅行なら、そんなに高額を入れる必要はありません。手始めに300元とかで十分でしょう。

Easy Cardの払い戻し

払い戻し可能な窓口に行けばEasy Card内に残ったお金を払い戻ししてくれます。いっぱい余っている場合は払い戻しも活用しましょう。

払い戻し手数料

払い戻しの手数料は20元。ただし、5回以上利用&購入後3ヶ月以上経過していれば無料です。未使用で購入二日以内でも無料です。

払い戻し場所

上の写真が払い戻し可能な場所です。結構少ない。もっと増えればいいのに。最新情報は以下のEasy Card Web siteでご確認ください。「服務據點一覽表」をクリックすると最新情報になります。Easy CardのWeb siteへ

Easy Cardの残高確認

悠遊卡の残高確認+使用履歴は、このアプリでできます。ちょっと反映されるのが遅いのが難点。

Easy Wallet

Easy Wallet

  • EasyCard Corporation
  • Lifestyle
  • Free

Easy Cardの使用履歴、領収書

仕事の移動でEasy Cardを使ったりすると、経費精算で領収書が必要になります。そんな時も大丈夫です。Easy Cardの使用履歴はネットで簡単に検索できます。みみたまボーイは台北から新竹に通勤しているので、毎月申請日に検索しています。

Easy cardの使用履歴が検索できるサイトはここです→Easy Card使用履歴検索。アクセスすると上の写真の画面になるので、Easy Card番号を入力すればOKです。なぜか生年月日を入力する欄がありますが、自分の誕生日を入力すればOK。

まとめ

  • 悠遊卡はプリペイド式カード
  • 殆どの交通機関、観光施設で使える
  • 100元かかるが、それ以上の価値はある
  • 購入、使用方法ともに簡単
  • 観光であっても使わない手はない
  • 洗濯しても大丈夫!

では、また。

台北101の裏技。高層階レストランのメリット、費用、行き方。
台北101の高層階レストランで高級中華と絶景を堪能。高そうなイメージが先行していますが、じつはそれほど高くない。そんな台北101高層階レストランのメリット、費用、予約方法をまとめました!