台湾新竹市のお土産3選。鉄板のピーナッツバターからビーフンまで。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

今回は台湾新竹市のお土産について書いてみましょう。新竹市は観光ではまず来ないでしょうが、サイエンスパークがあり日本人が多く住んでいます。また、毎年かなりの人数の日本人が出張で新竹を訪れています。

そんな台湾新竹市ですが、観光都市ではないので、日本へ持って帰れるお土産も限られています。その辺のスーパーで台湾っぽいお菓子を買って帰るのも良いですが、「せっかくなので地元の名産品を買いたい!」そんな人がいれば、参考にしてください。




新竹市おすすめお土産3選

新竹を代表するお土産を3つ挙げてみましょう。新竹人の心に根ずくものから、新竹特産品まで、どれも新竹感がでているお土産たちです。

新竹人の家庭に必ずある「福源花生醬」

まあ、みみたまボーイの家には無いですけどね。でも、新竹に住む台湾人なら誰もが知っている、本当に殆どの家庭に置いてあるのが「福源花生醬」です。昔からあるお店で、長年の蓄積ににょり、いつの間にか「福源花生醬」が新竹人の鉄板になったようです。

福源花生醬って何?

「福源」はお店の名前で、「花生醬」はピーナッツバターです。つまり、「福源のピーナッツバター」です。「福源花生醬」は、ピーナッツ、砂糖、塩のみのシンプルなピーナッツバターですが、その濃厚な旨味が新竹人の心を掴んで離しません。

福源花生醬の店舗紹介

いつの間にか新竹人の生活に欠かせない存在になったことで、「福源」は大儲け。複数店舗を構えるまでになりましたが、それでも新竹にしかありませんから、「福源花生醬」新竹でしか買えない、まさに地元民のみぞしる、おすすめ鉄板お土産といえます

  • 住所:新竹市東區東大路一段155號
  • 電話:03-530-9711

福源花生醬はネットでも買える

大人気なのでネットで購入することもできますが、やはり現地で現物見ながら買うのがいいと思います。花生醬以外にも色々と売っていて、雑多な感じがいいですよ。

風の街、新竹 三川商行米粉(ビーフン)

新竹は強風で有名です。風の街、新竹。年に数回は台風のような強風に晒されることもあります。そんな強風のおかげで、新竹ではビーフン(米粉)が有名です。米をビーフンにした後、しっかり乾かさないといけませんからね。強風が必要。

地元新竹市民お勧め、三川商行のビーフン

ビーフン、お土産にしてもいいと思います。お馴染み焼きビーフンもおいしいし、スープにも使えるし。だいたい、お土産でビーフン買ってくる人も少ないので、パンチが効いてて良いような気がしますね。

そんな新竹ビーフンの中でも地元民がお勧めするビーフンが三川商行のビーフンです。ビーフンのおいしさを追及して、早40年以上。こちらも、新竹人なら誰もが知る存在です。理由はわかりませんが、包装には日本語がいっぱい書いてあります。

  • 住所:新竹市武陵路158號
  • 電話:03-5315161

竹塹の名を冠したお土産 新復珍竹塹餅

そもそも竹塹って何だよ、という話ですが、竹塹は新竹の昔の呼び名です。昔の雰囲気が漂う歴史あるお菓子、それが新復珍竹塹餅です。新復珍は、あの新竹最高のパワースポット城隍廟のすぐ隣にあるお店で、城隍廟に来たら必ず目にするお店です。

関連記事:城隍廟と新竹のマーライオン(龍鯉)を見逃すな!

竹塹餅そのものは、パッと見はちょっとお年寄りが好きそうな印象のするお菓子ですが、食べてみると、結構おいしくて、この手のお餅が苦手な人でも食べれるようなお菓子です。新復珍は他にも色々と売っているので、是非一度行ってみてください。

住所:新竹市北門街6號

電話:(03)5222205

では、また。