調べてみました台湾プロ野球!野球シーズン、チーム、球場のまとめ。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20170714071631p:plain

台湾プロ野球について調べてみました。野球は台湾でも人気のスポーツのひとつで、プロ野球もありますし、日本に比べてチケットも安く、足を運びやすいです。台湾プロ野球の正式名称は「中華職業棒球大連盟」(CPBL)




プロ野球チーム

今は4チームで開催されています。たった4チーム…昔はもっと多くあったのですが、台湾プロ野球には過去に野球賭博など暗い歴史もあり、今は4チームだけです。

  • Lamigoモンキーズ(本拠地:桃園)
  • 中信兄弟ブラザーズ(本拠地:台中)
  • 統一7−ELEVENライオンズ(本拠地:台南)
  • 義大ライノズ(本拠地:高雄)

台湾プロ野球シーズン構成

まずはプロ野球シーズンから。プロ野球が開催されているのは、3月~10月日本と同じで前半戦、後半戦にわかれており、オールスターゲームもあります。オールスターゲームは、7月に開催されることが多いです。

1シーズンの構成

「レギュラーシーズン」→「プレーオフ」→「台湾シリーズ」という流れです。基本構成は日本と同じですね。月曜日に試合が組まれないので、そこも日本と同じ。

  • レギュラーシーズン
  • プレーオフ
  • 台湾シリーズ

プレーオフ、台湾シリーズの仕組み

プレーオフ、台湾シリーズの運用は以下の通り。4チームしかありませんので、プレーオフに進出できないと、かなり屈辱なシステムではあります。

前後期で優勝チームが違う場合

  • 年間勝率が高いチームが台湾シリーズへ進出
  • 前後期で優勝チームの年間勝率が低い方のチームと、優勝チームを除いた球団で年間勝率が一番高いチームがプレーオフで争う

前後期で優勝チームが同じ場合

  • 優勝チームは台湾シリーズへ進出
  • 年間勝率が高い2チームがプレーオフに進出
前後期で完全優勝しても、台湾一になれるとは限らない

前後期で優勝チームが同じだったら、問答無用で優勝でいい気もしますが、みんなが盛り上がるイベントとして台湾シリーズは外せないんでしょうね。商売的にも。

試合日程

試合日程は台湾プロ野球のホームページで見ることができます。ホームページをクリックして、左上の賽程(Sai4 cheng2)」をクリックしてくだしさい。カレンダーと対戦チーム、球場が表示されます。

台湾プロ野球のホームページ

チケットの買い方

コンビニで買える

台湾に住んでいれば、コンビニで買えます。以下、関連記事を参照ください。

関連記事:台湾プロ野球チケット購入方法!コンビニで簡単に買えますよ!

ネットで予約も可能

使ったことはないですが、ネットでも予約できるようです。台湾プロ野球チケットページ(チケットのページはここをクリック)の下部に以下の場所があるので、赤枠部をクリックするとチケット購入画面に進みます。

操作は、コンビニでの操作とほぼ同じです。「運動」からスタートです。

ぶっちゃけた話

オールスターでも無い限り、結構空いているので内野バックネット裏とかでも、2~3日前でも予約できます。

球場

各チームの本拠地として下の球場があるようですが、実際には台湾内の色々な球場で試合が開催されています。あくまで、主に下の球場で開催されているという感じ。

  • 桃園国際棒球場(桃園市・Lamigoモンキーズ)
  • 臺中市洲際棒球場(台中市・中信兄弟ブラザーズ)
  • 臺南市立棒球場(台南市・統一7−ELEVENライオンズ)
  • 高雄澄清湖棒球場(高雄市・義大ライノズ)

球場はメジャー志向

球場は、日本よりメジャーリーグを意識しているようです。勝手にサンフランシスコ ジャイアンツのホーム、AT&T Parkのようなのをイメージしていましたが、行ってみると、サンノゼジャイアンツに毛が生えたくらいでした。

sanfrancisco.giants.mlb.com

www.milb.com

観戦した感想

実際に見てきて、感想をまとめました。コストパフォーマンスは良いと思います。台湾在住の人でなくても、台湾旅行のひとつのアイテムとして組み込んでもいいと思う。安いので最後まで見なくても、損した気分になりませんし。

どうでもよいマイナーリーグ情報

台湾と関係ないですが、アメリカだとメジャーリーグもいいですが、マイナーリーグはチケットが格段に安く、それでいて球場の雰囲気はアメリカらしさがあり、お勧めです。選手との距離が近いのもいいですね。

また、将来の有望株を探しにスピードガンを持ったスカウトがバックネット裏にはいっぱいて、それはそれで面白いです。チケットが安いので、子どもが飽きたら5回とかで帰っても、全然損した気分にならないですよ。では、また。