子連れ必見。台北の「兒童新樂園」は安くて一日遊べる遊園地!

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

台北にある遊園地、台北市立児童新楽園。普通の遊園地です。規模はちょっと小さめですが、5歳、2歳のみみたまボーイの子どもには十分。気張って大きな遊園地に行っても、乗れないものも多いので、これくらいでいいかなと。*正式には台北市兒童新樂園




台北市立児童新楽園の場所

台北駅からのGoogle mapです。台北駅からでも、車でたったの13分。

台北市立児童新楽園への行き方

行き方は沢山あります。

手っ取り早いのはタクシー

これを言っては元も子も無いですが、色々と乗り継ぐのが面倒なら台北駅や泊まっているホテルから、タクシーで直行が一番早くて簡単で、値段だってそんなに高くない。台北駅からでも200~300元もあれば行くでしょう。

最寄駅からバスでの行き方

最寄りの「劍潭」、「士林」、「芝山」のいずれかの駅からバスが出ています。降りる出口を間違えると、時間のロスになるので注意してください。「兒樂1號線」と「兒樂2號線」は直通ですが、有料(他のバスと同じ値段)です。

• 捷運劍潭站出口3→公車轉乘站→41、紅30、兒樂2號線→兒童新樂園
• 捷運士林站出口1→公車轉乘站 255區、紅30、620、兒樂1號線→兒童新樂園
• 捷運芝山站出口1→公車轉乘站 → 兒樂1號線→兒童新樂園

でも、最寄駅からでもタクシーの方が手っ取り早いです。100元未満で到着するでしょう。バスなら15元ですが。一応、MRTマップ載せておきます。

f:id:mimitamaboy:20170717005106p:plain

台北市立児童新楽園の詳細情報

入場料

入場料だけなら、たったの30元/人です。この場合、入場後、アトラクションを楽しむのは別料金です。悠遊卡を使用することができます。子どもの分は、同じカードで2回払えば(かざせば)、2人は入れます。同様に、3回払えば、3人は入れる。

乗り物の費用

大型遊楽施設に分類される13種類(観覧車など)は一回20~30元、その他キッズルームのような施設もあり、そちらは一回100元など、料金はマチマチです。ちょっと立ち寄っただけ、という時は、入場料+個別に乗り物料金を払うのもアリ。

やっぱりフリーパスがお得か?

「一日票」というフリーパスに近いものがあります。何でも乗り放題、遊び放題ではなく、大型遊楽施設に分類される13種類(観覧車など)は乗り放題です。入場料込みの値段なので、一日遊べば、こっちの方がお得になると思います。計画次第。

乗り物、施設の紹介

HPの乗り物、施設の紹介ページです。
身長制限もあるので、事前に見ておくと良いです。イメージは100cmを超えると、大型遊楽施設で遊べる乗り物が増え、フリーパスも有効。100cm以下だと小型遊楽施設の利用頻度が高いので、フリーパスじゃなくてもいい

住所など

臺北市兒童新樂園
住所:台北市承徳路五段55号
入園料:大人30元、子供15元、6歳以下無料
開園時間:9:00〜17:00(日、休日前〜18:00 土、夏・冬休み〜20:00)
HP:https://www.tcap.taipei/Default.aspx

児童新楽園の様子

実際の児童新楽園の様子です。凄い大きな遊園地ではないのですが、大きな観覧車もあり、乗り物もそれなりにあり、値段も安いので、とても助かります。

ボールパーク(90cm以上)

もっと小さい子も遊べるキッズルーム

ボールパークは予約制

ボールパークは一回50分の予約制です。例えば、13:00~13:50までが一つの区切りで、遊べる人数が決まっている、という感じです。制限人数に達していなければ、入場時間の5分前から並んでいる順に入場可能です。

そんなわけで、台北市児童新楽園に到着後、すぐにボールパークへ向かい、空いている時間で予約しておくと良いと思います。週末はそれなりに混むので、予約しないと入場できない可能性が高いです。

最後に

いかがでしたでしょうか?台北で唯一の本格的な遊園地、台北市台北市児童新楽園です。一台テーマパークではないですが、気軽に入れる都会の遊園地としては、クオリティが高いと思います。是非、一度いってみてください。

なお、隣に台北市立天文科学教育館や国立台湾科学教育部という施設もあり、そっちも結構おもしろいです。では、また。