社員旅行は台湾文化 3泊4日のタイ旅行

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

タイに行ってきました。台湾の記事じゃない…ですが、社員旅行で行ってきたので、社員旅行も台湾文化のひとつですから、記事にしておきます。タイ、良かったですよ。正直、それほど期待していませんでしたが、期待を遥かに超えていました。




台湾の社員旅行文化

日本でも、社員旅行の文化はありますが、最近は実施している企業も少なくなってきているのではないでしょうか。経費削減や、団体行動を好まない人も増えてきました。それに、大きな企業になると、実施するのは無理ですし。

社員旅行は中国語で「員工旅遊」

一方、台湾は日本に比べると社員旅行を行っている企業の割合は多いです。徐々に減ってきているという話はありますが、それでも5割くらいの企業は実施していると思います。そんなわけで、みみたまボーイも社員旅行でタイに行ってきました。

タイの交通で感じたこと

渋滞

バンコク市内の渋滞はかなり酷いですね。昼過ぎ、夕方は渋滞で車が動きません。こんなに渋滞が酷いとは知りませんでした。夕方は電車を利用した方がよさそうです。

タクシー

ぼったくりがありますね。トゥクトゥクに乗りましたが、行きのタクシーで150btsのところ、帰りのトゥクトゥクで400bts。まあ、ぼったくりと言っても知れていますし、トゥクトゥク体験代と思って払いました。こういうのも旅の楽しみの一つ。

タイ料理

行く前は、タイ料理は合わなさそうだなとネガティブな印象でしたが、全く問題ありませんでした。むしろ美味しく、嬉しい発見でした。

SOMBOON SEAFOODという店のプーパッポンカリー(カニカレー、Fried Curry Crab)美味しく、バンコク市内に多数出店しているようなので、HP載せておきます。

SOMBOON SEAFOODは、ちょっと高めのお店ですが、他のレストランのご飯も美味しかったので、みみたまボーイはタイでも生活できそうです。泊まったホテルは高級ホテルではありませんでしたが、ご飯は美味しかったです。

amazonでプーパッポンカリーを検索

タイで泊まったホテル

Praso@Ratchada12(バンコク)のレビュー

良かった点

  • ご飯は美味しかった
  • 隣にコンビニがあり、何かと便利
  • スタッフは優しく、新設

悪かった点

  • 市内中心部からは離れている(が、近くに大きなショッピングモールあり)
  • シャワーの温度安定性はイマイチ(温かくなったり、少し冷たくなったり。水になったりはしない。ぬるくなったりする程度。)

総合評価

全然OKレベル。

Praso@Ratchada12をBooking.comで見る

タイ バンコクのホテル 楽天トラベルおすすめ順

3泊4日タイ旅行の概要

1日目(ツアー)

  • 昼頃にタイ到着
  • ムアン・ボラーン観光

2日目(ツアー)

  • 水上マーケット
  • メークロン線路市場

3日目(自由行動)

  • アユタヤ遺跡
  • 象乗り
  • SEA LIFE

4日目(自由行動)

  • ワット ポー
  • ワット アルン
  • 台湾に帰る

1日目の詳細(ツアー行動)

ムアン・ボラーン観光

首都バンコクから東に1時間ほどのところにある、ムアン・ボラーンです。タイ国内の遺跡などをミニチュアで再現しています。いわゆるミニチュアパーク。但し、これまで見てきたミニチュアパークの中でも、そのこだわりは一番でした。

こだわりが凄い

まず、敷地の形が「タイ」の国土と同じ。そして、山や湖の場所は、小高い丘になっていたり、池を作ってあったりと、そこまでやるか…というレベル。もちろん、建物も良く再現されており、限られた時間でタイを楽しむには、もってこい。

敷地が広いのでカートなどに乗らないと、とても回り切れません。自転車レンタルもありました。いずれにしても、歩いて回るのは無理です。

ムアン・ボラーン基礎情報

2日目詳細(ツアー行動)

水上マーケット

ダムヌンサドゥアック水上マーケットに行きました。タイと言えば寺院というイメージでしたが、水上マーケットは子どもも楽しめるお勧めスポットでした。沢山ある水上マーケットの中で、ダムヌンサドゥアック水上マーケットが一番大きいようです。

なお、売っているモノの値段は、観光地価格。通常の値段の5倍以上。全く同じものが他の観光地で買えるので、ここで買う必要はないですが、ボートに乗ると全く何も買わないというのは無理…という雰囲気なので、最小限の出費で抑えましょう。

ココナッツアイスだけ食べるとか。

ボートに乗って水路を回り、買い物をするだけですが、普段味わうことのない雰囲気。これこそ、旅の醍醐味。外国人に人気で、とても賑わっていました。物価は、ぼったくり価格ですが、観光地に行っているので、しょうがない。

メークロン線路市場

線路沿いにある市場というか、線路にはみ出しているので、電車が来るとテントをしまって、電車が通り過ぎると、また市場再開。まあ、それだけですね。

特に売っているものが特別ということもありません。敢えてここで買うものもないですが、こういう雰囲気がタイである、と言われればそうなのかもしれない。

3日目詳細(自由行動)

アユタヤ遺跡巡り

3日目は自由行動の日でしたので、現地ツアーでアユタヤ遺跡巡りをしました。バンコクからアユタヤまではバスで約1時間。日本語ガイド付きのツアーでアユタヤ+象乗り体験で半日でしたが、5歳、2歳の子連れにはちょうど良かったです。

正直なところ、遺跡に詳しい訳でもないので、3つくらい見ると「もういいかな」という気持ちになります。そういう意味でも、半日ツアーで良かった。

ワット・ヤイチャイモンコン

初代王、ウイートン王によって建立された寺院だそうです。

ワット・プラシーサンペット

かつては王宮として使用されていたそうです。ビルマとの戦いで現在は3つの仏塔が残るのみ。仏塔はスリランカ様式だそうです。そう言われてもわからないけど。

ワット・マハタート

ビルマとの戦いで、大きなダメージを受けた寺院。仏像の首が切り落されています。そのうちの一つが、いつしか菩提樹に包まれ、戦争の悲惨さを語り掛けています。

象乗り体験

生まれて初めて象に乗りました。子どもも喜んでいましたね。街中にも象がいました。遺跡と象のコラボなんて、タイでしか体験できないので、是非どうぞ。

ツアーに参加してみて思うこと

タイの郊外観光、一般の日本人だとツアーじゃないと難易度高いと思います。タイ語、全く読めません。台湾だと漢字なので、ある程度予測がつきますが、タイはヒントゼロです。この状態で郊外に個人で行くのは、ちょっとキツイなと感じます。

英語が通じれば良いですが、郊外ではちょっと期待できなさそうな雰囲気。また、やはりツアーは有名ポイントをサクサク回ってくれるので、短時間で効率的に見て回るならツアーですね。今回の三大寺院も個人で一つ一つ回ったら、一日はかかったはず。

バンコクのアクティビティを探すなら Tripadvisor

SEA LIFE

半日ツアーだったので、バンコクに戻ってきてからバンコク市内の水族館「SEA LIFE」に行きました。サイアム・パラゴンというデーパートの地下にあります大きさはソコソコですが、見せ方が上手いなという印象で、子どもは楽しんでいました。

ただ、タイ人と外国人のチケット価格差がありすぎです。なんと倍。誰がどう考えてもやりすぎでしょう。

  • タイ人490bts
  • 外国人990bts

ネットで買えば100bts割引で買えますが、Voyaginで買えば45%割引です。もう、どういう価格コントロールなのか、全く理解ができませんが、安く入ってください。直前に買っても、45%割引のようです。

SEA LIFE自体はとても楽しい場所でした。

4日目(自由行動)

足早に有名観光地ワット ポー、ワット アルンを観てきました。

ワット ポー

昼過ぎの飛行機で台湾に戻ることになっていたので、朝イチからワット ポーへ。タイの観光地で調べると必ず出てくる、ワット ポーの大寝釈迦仏は見ておきたいなと思っていたので、何とか最終日に組み込みました。

まあ、予想通り大仏が寝ているだけと言えばそれまでですが、分かっていても見ておかないといけないものってありますよね。ワット ポーは朝8時に行っても開いていますが、大寝釈迦仏は8時半からしか開いていないので、ご注意ください

ワット アルン(暁の寺)

ワット ポーからだと船に乗って行きます。対岸なので距離は近いです。ワット ポーから歩いて船着き場まで約5分。乗船時間も5分ほどなので、すぐにつきます。

今回の旅の最後の観光地ということも合わさって、ワット アルンはとても良かったです。船から見るワット アルンはとても綺麗で、旅の終わりの独特な感情を湧き立ててきました。以上、意外と良かったタイ旅行でした。では、また。

゜:*★タイのオプショナルツアー予約Alan1.net★*:°