台湾病院事情。医療システム、緊急時の対応、よく使う中国語まで。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

今日は台湾の病院事情について。生活していると大なり小なり必ず病気になるものです。病気にならないのが一番ですが、どんなに予防しても病気になる時はなります。そんなわけで、台湾の病院事情をまとめておきます。




台湾の医療機関

台湾の医療機関は、主に開業医、総合病院、大学病院といったところです。基本的には日本と同じような区分けです。診療時間はマチマチですが、大きな病院の場合は予約が必要です。また、深夜、祝日など緊急時は総合病院の急診に行きましょう。

台湾の医療レベル

日本と同等水準の医療を受けることが可能です。むしろ、先生は優しいので、みみたまボーイ的には日本より好きです。日本と比べて劣っていると感じたことはありません。

どのような科があるか

専門科の分類は日本とほぼ同じです。主なところを書いておきます。

  • 小児科:子どもの風邪は、全部小児科。
  • 耳鼻喉科:耳鼻科だが、頭痛とかでも対応してくれる
  • 皮膚科:そのまま皮膚科
  • 内科:そのまま内科
  • 牙醫:歯医者
  • 中醫:台湾独特です。東洋医学。漢方薬を処方してくれます。

病院の数

台湾にはたくさん病院があります。基本的には日本人駐在員が住むような地域には病院がたくさんあるはずです。病院が見つからなくて困るということは、まずありませんので、その点はご安心ください。

みみたまボーイの住む新竹市にもたくさん病院があります

台湾の健康保険制度

台湾にも、日本の国民健康保険と似た制度があります。「全民健康保険制度」です。全国民の加入が義務付けられていて、台湾駐在員(外国人)や家族も加入します。保険に加入すると写真付きの健康保険カード「健保カード」が支給されます。

↓こんな感じのカードです。健保カード(Jian4 bao3 ka3=ジェン バオ カー)。

みみたまボーイの場合、本人は駐在開始と同時に「全民健康保険制度」に加入でき「健保カード」が支給されました。一方、家族は滞在開始後6ヶ月に達した日から加入申請可能ということでした。

滞在開始から6ヶ月以内に海外旅行に行ったら?

一回の出国が30日未満の場合、滞在期間から出国日数をマイナスした日数の合計が6ヶ月に達した日から申請できます。例えば、6ヶ月中に2週間、海外に出たら、6ヶ月+2週間経過したら、「全民健康保険制度」に加入できます。

二回出たらどうなるか?

みみたまボーイ家はこれをやっちゃったんですね。一回は旧正月に日本に帰国。そして、出国日数をマイナスした合計が6ヶ月に達する直前に、健康保険制度のことを、すっかり忘れて香港に遊びに行きました。

この場合、一回目の出国までの期間はカウント対象外となり、次に入国してから6ヶ月経てば加入申請できます。その6ヶ月の間に、また一回は海外に出ることができ、出国期間はマイナスされます。わかりにくいですね、以下です。

みみたまボーイ家の例;

  1. 2016年8月台湾赴任
  2. 2017年1月日本へ一時帰国(旧正月)
  3. 2017年2月香港へ遊びに行く
  4. 2017年8月にようやく加入申請

2016年8月から滞在開始なので、2017年1月末まで台湾にいれば合計6ヶ月になり申請可能。ただし、1月に日本に一時帰国したので、その期間は対象外。それでも2月末まで台湾にいれば、合計6ヶ月で加入申請可能でした。

しかし、2月に香港に行ったことで、2016年8月~2017年1月までの約5ヶ月がカウント外になり、日本への一時帰国から戻ってきた日を1日目としてカウントのやりなおし。香港に遊びに行った期間は、当然マイナスされます。

加入申請までは余計な出国は控えましょう

健康保険制度に加入していなくても診察を受けれる

家族は滞在開始から6ヶ月は健康保険制度の申請ができませんが、6ヶ月の間に当然風邪を引く可能性はあります。ご安心ください。健康保険制度に加入していなくても診察を受けることができます。

医療費について

日本に比べると安いです。診断内容ではなく、病院の規模によって診療費が異なるシステムです。もちろん、大きい病院の方が高くなります。普通の風邪の場合は開業医で十分ですが、健保カードがあれば150元~250元くらいです。

健康保険制度に加入していない場合

受付で「健保カードありません(我没有健保卡)」と言えば処理してくれます。医療費は、健保カード保有時の3倍くらい。600元前後でしょう。凄い額の医療費を要求されるわけではありません。居留証は持っていきましょう。

緊急時の対応

救急車について

緊急事態には救急車を呼びましょう。電話番号は日本と同じで119番です。基本的に日本語は通じないはずなので、近くいる現地人に助けてもらいましょう。なお、救急車は中国語では「救護車」です。救急車の見た目は日本の救急車と同じです。

移民署の在住外国人向け24時間ホットライン

外国人向けの24時間ホットラインというのもあります。直通で救急車を呼べるわけではないですが、一応、日本語も通じると書いていますし、ここに電話して繋いでもらうのもありでしょう。電話番号は0800-024-111。

急診

救急車を呼ぶほどでは無いものの、祝日、深夜など医療機関が閉まっている時に、どうしても診察を受けたい場合は急診に行きましょう。行政区毎に急診対応している医療機関が決まっているはずなので、住み始める前に確認しておきましょう。

新竹市なら、馬偕紀念醫院とか大病院が対応してくれます。みみたまボーイは、旧正月に息子が高熱を出して、一度だけ急診に行ったことがありますが、馬偕は英語も通じる人がいて、対応も丁寧で助かりました。

病院での流れ

受付~診察~薬をもらって帰宅です。

受付&支払い

f:id:mimitamaboy:20170819175239p:plain

まずは受付。健保カードを出して受付しましょう。医療費は診療内容によらず一定なので、受付の段階で支払います。健保カードが無い場合は、居留証を出して「健保カードありません(我没有健保卡)」と言えば、処理してくれます。

「健保カード」と「居留証」は常に携帯しましょう。

f:id:mimitamaboy:20170819175522p:plain

診察

いよいよ診察です。ここで困るのが医師とのコミュニケーション。当然、中国語ベースです。とはいえ、使用する中国語は限られていますから、よく使う中国語は覚えておくと良いです。また、英語は割と通じます。日本語はあまり期待できません。

ただ、医療英語まで話せる人って少ないと思うんですよね。みみたまボーイも医療英語はさっぱりわかりません。Headacheとか、中学生レベル。でも、ジェスチャーと苦しそうな表情で、だいたい通じます。ご安心ください。

医療関係でよく使う中国語

日本語 中国語
頭痛 頭痛(tou2 tong4)
腹痛 肚子痛(Du4 Zi tong4)
鼻水が出る 流鼻水(Liu2 bi2 shui3)
鼻詰まり 鼻塞 (bi2 sai1)
全身がだるい 全身無力(quan2 shen1 wu2 li4)
発熱 発燒(fa1 shao1)

薬をもらって帰宅

薬は日本とほぼ同じです。下の写真のような感じで粉や錠剤が処方されます。

f:id:mimitamaboy:20170819175155p:plain

いかがでしたでしょうか?初めて行く時はドキドキしますが、台湾のお医者さんは優しいので心配不要です。では、また。