猫空ロープウェイへの行き方とクリスタルキャビン

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

猫空(mao1 kong1=マオ コン)紹介です。台北動物園の隣から猫空駅までロープウェイで行くことができます。お茶(木柵鉄観音茶)の産地として有名な高地で、猫空からは台北市内を一望できます。半日もあれば行けるので、まあまあお勧め。

猫空の口コミ情報 トリップアドバイザー




猫空って何?

名前の由来は

「猫空」の名前の由来は諸説あり、真実は誰もわからないでしょう。パンフレットにも正確な名前の由来は不明と書いてありました。でも、「猫空」って、何か人を引き付けるところがある良い響きですよね。

  • 猫がおらず、猫が空っぽ→猫空
  • 猫空にある特徴的な地形「壺穴」が「マーオ カン」と呼ばれていたので、音が似ている「猫空」にした。
  • 猫空にある特徴的な地形「壺穴」が猫の爪痕に似ていたので猫空にした。

猫空の場所

台北の南東部に位置しています。台北中心部からは離れていますが、台北市内ですし、MRTの動物園駅の隣からロープウェイが出ているので、アクセスは良いです。

猫空への行き方

電車で行く場合

猫空へ行くには、まずMRTの文湖線(茶色ライン)で動物園駅まで行ってください。台北MRTマップで見ると、右下です。動物園駅から「貓空纜車」に繋がっています。*纜車=lan3 che1 =ロープウェイです。

MRT動物園駅で下車すると、「貓空纜車」という矢印が見えるので、矢印の方向に進めば、ロープウェイの猫空駅に到着です。MRT動物園駅からロープウェイ乗り場までは約350メートル。徒歩5分。微妙に離れています。

矢印に従って歩いていけば到着します。

ちょっと外を歩きます。

バスで行く場合

バスで行くこともできますが、MRTの方がわかりやすいかなと思います。台北駅からだと236に乗れば動物園の前まで着くので、あとは歩いて「貓空纜車」を目指すだけ。

実際には、台北市内の各所から多くのバスが動物園までは出ており、台湾バスに精通している人なら、バスで行くのも良いと思います。バスの詳細情報は以下の貓空纜車HPで確認できますので、参考にしてください。

猫空ロープウェイ

猫空ロープウェイについて

猫空ロープウェイは台北市初のロープウェイ路線で片道は20分から30分。全長、なんと4033m。「動物園駅」、「動物園内駅」、「指南宮駅」、「猫空駅」の四つの駅で構成されています。

猫空ロープウェイのキャビン

ひとつのキャビンには8名まで乗車可能で、結構広いのでベビーカーもOKなのは助かります。キャビンは2つのタイプがあり、一般(通常キャビン)と水晶(床が透明:クリスタルキャビン)です。

このように乗り場がわかれています。

どちらに乗っても値段は同じなので、当然クリスタルキャビンの方が人気があります。一般とは並ぶところが分かれるので、一般キャビンはガラガラ、クリスタルキャビンは待ち時間発生、ということは多々あります。

赤色のキャビンがクリスタルキャビンです。午前中に行くと比較的待ち時間少なく乗ることができます。昼以降は、かなり混みます。

みみたまボーイは、MRT新店駅付近から猫空までハイキングして、朝イチで猫空駅から動物園駅方向のロープウェイに乗ったことがありますが、クリスタルキャビンですらガラガラで乗り放題でした。

クリスタルキャビンはこんな感じです。正直なところ、待って乗るほどでは無いかなという感じ。キャビンから見える風景の方が綺麗です。

猫空ロープウェイの料金

運賃は1駅70元、2駅100元、3駅120元。とても安いです。

ここでも悠遊卡が使える

猫空ロープウェイも悠遊卡で乗ることができます。猫空は現地人にも人気の観光地なので、チケット売り場が混雑しています。悠遊卡があれば、チケット購入の手間が省けるので、悠遊卡利用がお勧めです。

また、バス、MRTも悠遊卡で乗れるため、悠遊卡があれば、かなり時間の節約ができ、スムーズです。更に、普通にチケットを買うより、若干割引金額で乗れます。また、なんと台北動物園も悠遊卡で入れます。この守備範囲の広さが悠遊卡の凄さ。

↓悠遊卡があれば、こうやってチケットを買う手間が省けます

猫空ロープウェイの運営時間

運営日 時間
月曜日 休み(メンテナンス)

毎月第一週だけは09:00 ~ 21:00で運営

火曜日~木曜日 09:00 ~ 21:00
金曜日、祝日の前日 09:00 ~ 22:00
土曜日 08:30 ~ 22:00
日曜日 08:30 ~ 21:00

猫空の魅力

まずはお茶

f:id:mimitamaboy:20170722063208p:plain

猫空はお茶の街です。茶園とお茶屋さんがたくさんあります。お茶屋さんで名物の「木柵鉄観音茶」や「文山包種茶」を飲みながら、ゆっくりと台北を眺めるのがお勧めです。お茶もおいしいし、空気もおいしい。爽快です。

猫空遊園公車(バス)でぶらぶら

猫空駅に着くと、猫空遊園バスが走っており、猫空周辺の主要観光地に連れて行ってくれます。猫空の名前の由来になったかもしれない「壺穴」に行くなど、興味のある観光スポットを訪れてみてください。

指南宮もどうぞ

途中の「指南宮駅」で降りて、指南宮を見て回るのも良いと思います。台湾っぽい雰囲気が味わえるので、せっかく猫空まで来たらなら、立ち寄ってみてください。

都会の喧騒から離れた猫空をぜひ満喫してください。では、また。

台北ホテルの予約ならこちら 楽天トラベルおすすめ順