春の陽明山は百花繚乱、花の海(桜、カラー、そしてアジサイ)

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

春の陽明山公園の紹介です。台北の裏山、陽明山は、台北からのアクセス良く、大都会台北の喧騒から離れ、大自然でのんびりと気持ちをリフレッシュするにはもってこいです。

そんな陽明山、春になると桜、カラー、そしてアジサイと、花に覆われます。台湾の冬は天気も空気も悪い日が多く、何となく毎日憂鬱ですが、陽明山で桜が咲きだすと春の息吹と共に気持ちも明るくなります。




陽明山とは

台北から近いこともあり有名な陽明山。じつは「陽明山」という名前の山はありません。七星山など複数の火山から形成される地域の総称なんです。昔は「草山」と呼ばれていたようですが、その後、明代の哲学者、王陽明を記念して「陽明山」となりました。

陽明山という山は無かった!

陽明山は花が綺麗なだけではなく、噴火口やカルデラなどの奇観を目にする事もでき、温泉も楽しむことができます。台湾人にも人気の観光スポットで、週末にはアウトドア好きな人が多く訪れ、賑わっています。

春、花の季節

3月に桜が咲き始め、6月のアジサイまで、春の陽明山は途切れることなく花満開。年によって多少前後しますが、おおまかな目安は以下の通りです。カッコ内は中国語。

  • 3月~4月:桜(櫻花)
  • 4月~5月:カラー(海芋)
  • 5月~6月:あじさい(紫陽花、繡球花)

さくら(櫻花)の季節

桜の季節には毎年フラワーフェスティバルが開催されます。例えば、2018年は2/22~3/25まで陽明山花季が開催されていました。毎年開催されますので、春になったらHPチェックしてみてください。陽明山公園付近で見ることができます。

2018年の陽明山花季のHPはこちら

日本人にとっては、春と言えば桜という印象で思い入れも深いので、ついつい見に行きたくなります。台湾で日本のような桜並木を見ることはできませんが、陽明山に行けば桜を見ながら、春の訪れを感じることができます。ソメイヨシノは少ないですが。

プチ情報:台北サクラweb site

桜は陽明山以外でも見ることができ、台北市政府が台北サクラ情報を扱ったweb siteを公開しています。何かと使えて便利です。

プチ情報その2:台北ツツジフェスティバル

陽明山の桜から若干遅れますが、近い時期に台北市内でツツジフェスティバルが開催されます。陽明山に行った帰りなど、フラッと立ち寄るのもアリ。

2018年はこんな感じでした↓

台北つつじフェスティバルのHPへリンク

カラー(海芋)の季節

桜の終わりはカラーの始まりです。陽明山の竹子湖で楽しむことができます。みみたまボーイはカラーという花のことを知りませんでしたが、真っ白で優雅なカラーの花が一面に広がる景色は印象的で、来年も見に行きたいと思っています。

ぶらぶらと竹子湖の周りを歩いていても見ることができますが、竹子湖には多くのカラー農園があり、中に入ってカラーを採ることも可能です。農園に入る時にお金を払うシステムでした。結構、多くの人が中に入ってカラーを採って帰っています。

あじさい(繡球花、紫陽花)の季節

桜、カラー、そして、あじさいへと続きます。あじさいが咲くころには、もう初夏というか暑いです。あじさいも竹子湖で見ることができ、カラーと同じように農園に入って、あじさいを持って帰ることができます。入園料は100元ほど。

「東湖-水車寮步道 高家繡球花園」、「頂湖-大賞園繡球花」、「水尾-大梯田繡球花」などが有名です。台湾のあじさいは日本から入ってきた種ということで、日本人にとっても見慣れた種のあじさいに心癒されます。

陽明山への行き方

まずは陽明山へ行きましょう。陽明山へは自家用車を除いてバス or タクシーです。基本はバスですね。台北駅からバスも出ていますし、剣潭、士林からのバスもあり、更にフラワーフェスティバルの時は特別便も出ており、書ききれません。

一般的な台湾バスの乗り方はこちら↓

メジャーな行き方だけ書いておきます。

メジャーなバス to 陽明山

  • 台北駅から260番のバスに乗って、終点の陽明山總站で下車。
  • 剣潭、士林から紅5番に乗って、終点の陽明山總站で下車。

*陽明山總站の一個前に「陽明山」というバス停があり、紛らわしいですが「陽明山總站」まで行ってください。仮に「陽明山」で降りても、徒歩数分で「陽明山總站」に着くので、間違って降りても大丈夫です。

他の行き方は下の陽明山web siteでご確認ください。

更に竹子湖への行き方

陽明山總站でバスを降りると、目の前に陽明山周遊バスのバス停があります。陽明山總站から竹子湖は少し距離があるので、この周遊バスを利用すると良いです。

最後に

春の陽明山は交通規制がかかるくらい混んでいますが、一面花で覆われ、とても綺麗です。都会のの喧噪からちょっと離れ、ゆっくりと春の訪れを満喫してください。では、また。