台南帆布かばん屋完全網羅。おすすめ5店舗と2地区のぶらりマップ。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20180128195918p:plain

台南の帆布かばんぶらり旅帆布かばんは台南の隠れた魅力のひとつ。何といっても台南の帆布かばんはモノがしっかりしていて安い。人気かばん店をぶらぶら回りながら、ゆっくりお気に入りのかばんを探す。そんな台南の旅があってもいいんじゃないでしょうか。




台南おすすめ帆布かばん屋一覧

台南のおすすめ帆布かばん屋5店舗+小モノも手に入る2地区をまとめました。ゆっくりと全部を見て回ると、一日潰せます。全店舗の場所が近く、歩いて回ることも可能。歩いて疲れた時には、タクシーを使って無理なくぶらぶら回って下さい。

人気5店舗+2地域一覧(一言レビュー付き)

この5店舗+2地域を回れば、台南の有名帆布かばんスポットは完全網羅です。1~5は店舗、6の藍晒圖文創園區と7の神農街は色々な雑貨も売っている地域です。特に人気の5店舗(永盛帆布、合成帆布、清隆帆布、廣富號、林百貨店)は非常に近い。

  1. 永盛帆布:一番人気、一番有名。作業場兼売り場。種類は少ないが、モノは丈夫。
  2. 合成帆布:作業場兼売り場。永盛帆布よりは種類が多い。
  3. 清隆帆布: 台南一の老舗。ここも作業場兼売り場。
  4. 廣富號:ここは作業場ではない。店である。総合力が高い。
  5. 林百貨店:かばんだけでなく台南土産も買える。「林」押しが凄い。
  6. 藍晒圖文創園區:若者向けの新しいデザイン。色々と小物もあり。
  7. 神農街:台湾っぽい雰囲気で夜がおすすめ。掘り出し物が見つかりそう。

台南有名帆布かばん屋マップ

今回紹介する5店舗+2地域のかばん屋マップです。一番右上(赤丸)の台南駅から歩いて全部回ることができます。特に人気の5店舗(永盛帆布、合成帆布、清隆帆布、廣富號、林百貨店)は非常に近い。このアクセスの良さは素晴らしい。

帆布かばん屋ぶらり旅お勧めルート

先に永盛帆布周辺の5店舗をまわり、そこからタクシーで藍晒圖文創園區へ。最後は神農街が良いと思います(神農街は絶対に夜がお勧め)。神農街に行く前に一度ホテルに帰ってゆっくりするのもアリですね。

関連記事:台湾タクシー事情まとめ。呼び方、料金、注意点。よく使う中国語も。

台南おすすめ帆布かばん屋詳細情報

台南一番人気の帆布かばん屋「永盛帆布」

一番有名、一番人気でしょう触った感じ、この記事で紹介する店舗の中で、ここの生地が一番強い。種類は少なく、デザインはいたってシンプルですが、とても強いので、床に置いても自立してくれて使いやすい。

店構えは、まるで作業場。普通にミシンをかけています。お客さんが入ってこようが気にせず、黙々と作業を続けるその様は、まさに職人。最高峰の台南帆布かばんを探すには外せない帆布かばん屋。みみたまボーイ家も3個買っちゃいました。

  • 住所:台南市中西區中正路12號
  • 営業時間:9:30~21:30 年中無休
  • URL:永盛帆布のFacebook
  • 値段:1000元以下

ついでに台湾名物、担仔麺もどうぞ

永盛帆布の隣に有名な担仔麺の店、度小月があります。台南で最も有名な担仔麺です。百年の歴史を持つ老舗の味を楽しんでください。

f:id:mimitamaboy:20180128200158p:plain

広告

シンプルながら種類は豊富「合成帆布」

f:id:mimitamaboy:20180128200253p:plain

ここも作業場の雰囲気。永盛帆布より種類は多く、選びやすい。多少デザイン性のあるかばん+小物がある。開店時間は9時。どこよりも早く開店するので、最初に合成帆布に行き、その後他の店舗に行くのがお勧め。なお、合成帆布は林百貨店とコラボ商品を出しています。

台南の帆布かばん屋の中では珍しくちゃんとホームページがあり、Webで商品を見ることができます。シンプルながらもお洒落なデザインで、見ていて飽きません。遊び心をくすぐる様な商品もあり、ついつい見入ってしまう。そんなお店。

  • 住所:台南市中西區中山路45號
  • 営業時間:平日9:00-21:00 休日9:00-20:00
  • URL:合成帆布
  • 値段:1000元以下(ホームページで確認ください)

150年を超える老舗「清隆帆布」

1860年創業の老舗中の老舗。なんと150年を超える歴史があります。150年ですよ、150年!150年同じ仕事を続けるのは並大抵ではありません。世代を超えて引き継がれるその技術と品質は一見の価値あり。

売っている商品はかなり少ないもの、独自のセンスが光ります。地味なデザインが多かったが、最近お洒落なデザインが増えてきたと評判。値段もお手頃です。ちなみに、ここも完全に作業場の雰囲気。ボーっと歩いていると見逃しかねない。

台南のオールラウンダー「廣富號」

f:id:mimitamaboy:20180128200329p:plain

ここは作業ではない。ちゃんとした店である。種類も豊富で、デザイン性に富んだかばんも売っています。シンプルなデザインのかばんも売っており、廣富號は選びやすさNo.1。台南帆布かばんのオールラウンダーという印象。

まさに安心の廣富號ですが、じつは複数店舗あり、台南では忠義店、安平店、 台南主題館があります。また、台北に誠品松菸店もあります。台北でも買えるのは嬉しいものの、「台南でしか手に入らいない」というレア度がなくなるので、やや微妙ですね。

  • 住所:台南市中西區忠義路二段125號(他に台南2店舗、台北1店舗)
  • 営業時間:11:00~21:00 年中無休
  • URL:廣富號

日本との繋がりも感じる「林百貨店」

f:id:mimitamaboy:20180128200541p:plain

レトロな雰囲気の百貨店です。合成帆布とのコラボ商品あり。かばん以外にも小物、台湾土産が買える。行って損なし、「林」押し。屋上に登ると台南の街の景色が望めます。戦争で米軍の空襲を受け壊れた壁なども保存されており、歴史を感じることもできる。

  • 住所:台南市中西區忠義路二段63號
  • 営業時間:11:00~22:00
  • URL:林百貨店

お洒落リノベーション「藍晒圖文創園區」

藍晒圖文創園區は最近リノベーションされたお洒落なアート空間です。歴史は無いですが、おお洒落な手作り帆布に出会えます。また、三越があるので、日本食にありつけるのも魅力のひとつ。夜には蛍光ライトアップで幻影的です。

生活工芸×手作り「觸感私塾」

f:id:mimitamaboy:20180128200613p:plain

手作りお洒落帆布かばんと言えば、觸感私塾。有名5店舗はシンプルデザインの帆布かばんが多いので、もう少しデザイン性のある帆布かばんを探している時に立ち寄ってみてください。やさしいデザインで何だかほっとする帆布かばんが見つかりますよ。

手工皮革+帆布「four fifths」

帆布かばんと革製品のコラボです。持ち手など、一部にこだわりの皮を使用しています。帆布かばんに、もうひとつアクセントを入れたい!という人におすすめ。帆布かばんに限らず、皮の小物も売っています。

まさかの台湾で和柄「京都 奈」

ここは和柄、がま口など日本を感じることができます。台湾に来てまで和柄を選ぶ必要もないわけですが、逆に考えると台湾で和柄なんてレアですよ。みみたまボーイ妻は買っていました。和柄をみるとなんだか穏やかな気持ちになりますね。

藍晒圖文創園區の基礎情報

  • 住所:台南市南區西門路一段669號
  • 営業時間:園区は24時間開放。14:00から開店の店もチラホラ。
  • URL:藍晒圖文創園區

ノスタルジックで幻想的な夜の台湾「神農街」

f:id:mimitamaboy:20180128200642p:plain

夜の雰囲気が九份にも似ていると言う人もいますが、そこまでは言い過ぎ。ただ、どこかホッとする台湾の良い雰囲気があります。掘り出し物を探してください。

  • 住所:台南市中西區神農
  • 営業時間:いつでもいけるが、夜がお勧め。
  • URL(台南市政府のHP):神農街

以上、意外とハマる台南帆布かばん探しのぶらり旅でした。では、また。

関連記事:台南観光名所7選 定番、絶景、そして日本人の知らないおすすめ秘境