台北101上層部に行く裏技。エレベーター待ち時間ゼロ。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

台北旅行の定番、台北101の一味変わった楽しみ方を紹介します。台北101の展望台は、台湾に来たら是非とも登って見てほしい場所のひとつ。ただ、展望台の値段が600元と高く、また非常に混雑していて、特にエレベーター待ちの時間が長いのが難点。

台北101の展望台の待ち時間が嫌!

みみたまボーイも何度も台北101の展望台に行きましたが、登る時はまだ良いのですが、降りる時のエレベーターの混雑が嫌で嫌でしょうがありませんでした。

ご安心ください。エレベーター待ち時間ゼロで台北101の上層部に上れます。




スムーズに台北101の上層部に行くには?

じつは、台北101の上層部にはレストランがあり、レストランを利用すれば、待ち時間ゼロで台北101の上層部に行くことができます。もちろん、帰りのエレベーターも、待ち時間ゼロです。非常にスムーズ。金に物を言わせた裏技です

台北101の展望台は89階(屋外展望台は91階))まで行けますが、レストランは86階です。展望台には届きませんが、正直ここまでくると3階差は無いに等しい。

台北101上層部のレストラン

3軒あります。じつは35階にスタバもありますが、こちらも予約が必要です。でも、35階だと、さすがに展望台(89階)との差が大きいですよね。

台北101上層部レストランの費用

気になるお値段ですが、じつはそんなに高くありません。例えば頂鮮の一番安いランチは1380元、一番安いディナーは1980元。高級中華料理ではあります。*ホームページで確認できます。

ただ、普通に展望台に上るだけで600元かかるので、差し引くと実質ランチ代は1380-600=780元。更にご飯はどこかでは食べるわけで、台北だと、費用は300元くらいでしょう。そうすると、その差は480元(約1500円)。

この480元に、高級中華料理代+エレベーター待ち時間解消代が含まれていると考えて、後はこれを高いとみるか、安いとみるかです。

金にモノを言わせた裏技と言いながら、限られた観光時間をエレベーター待ちで消費するくらいなら、こちらの方が展望&ご飯を一挙に処理できて効率的で、みみたまボーイはお勧めです。台湾観光中に一食くらいは高級中華も食べたいし。

台北101上層部レストランへの行き方

展望台へ行くのとは、そもそも入り口が違います。通常、観光客が訪れる入り口ではなく、オフィスビルの入り口から入ります。その後、2階へ上がり、専用の受付で予約してある旨を伝えれば、後はスタッフがレストランまで連れて行ってくれます。

*60階でエレベーター乗り換えて、85階 or 86階へ行きます。

入り口はオフィスビルの方

↓ここがオフィスビル入り口。通常観光客が入ることは無いので、入っていく人は少ないです。入る時、あってるのかな?と不安になりますが、気にせず入って下さい。

2階へ行ってください。看板があるので、大丈夫です。

2階に上がるとすぐ、専用の受付があります。ここで予約してあることを伝えてください。

台北101上層部レストランの予約方法

簡単にネットで予約できます。みみたまボーイは頂鮮101にしか行ったことありませんが、前日夜でも問題なく予約できたので、予約が取り難いということもありません(金曜の夜に土曜のランチを予約できた)。

頂鮮101の予約方法(他の2店舗もwebで予約できます)

ホームページのReservationから予約できます。

人数、日時を選ぶ

電話番号を入れて、Book a Tableを押す。すると、下の画面が変わり、同時に携帯に4桁の数字が送られてきます。携帯に送られた4桁の番号を、画面に入力すれば予約完了。

予約完了すると、予約完了メールが送られてきます。2階の受付でこの画面を見せるのが確実で早いかもしれません。

頂鮮101のランチ

1380元ではなく、1980元のランチ食べてきました。更に高いランチコースもあります。

まずは店内の様子。高級ですね。トイレも高級。トイレからでも景色が楽しめます。

まずは盛り合わせ

フィッシュのコラーゲンといくら和え

煮込みスープ

クルマエビとニンニクの蒸し物

シェフ特製の魚料理

牛肉と台湾産野菜と果物の炒め

看板メニュー台南担仔麺

季節のフルーツ

デザート

みみたまボーイは高級料理の味なんて、全然わかりませんけどね!

では、最後に頂鮮101からの景色をどうぞ。

では、また。