台湾有名ドリンクスタンドの一言レビューと注文方法

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20170618101613p:plain

台湾の魅力のひとつは、何といっても果物。安くて美味しい。そして、その利点を活かして、台湾には多くのドリンクスタンドがあり、おいしいジュースを飲むことは台湾生活、台湾旅行の楽しみの一つでもあります。

台湾有名ドリンクスタンド、注文方法、注文時の困りごとは?




台湾有名ドリンクスタンド

台湾には多くの有名ドリンクスタンドがあります。チェーン店なので、どの店も台湾各都市に出店しています。とても全部は書ききれないので、よく見る5つを挙げました。みみたまボーイは大苑子が好き。

大苑子

f:id:mimitamaboy:20180318220315p:plain

大苑子の魅力は、果物の新鮮さ。契約農場で作られた果物を使用するというこだわり。フルーツ系のジュースなら、チェーン店で一番でしょう。夏のマンゴースムージーなど、期間限定ジュースあり、こまめにチェックすると良いですよ。

URL:大苑子

*期間限定ジュースがないか、確認してみてくださいね。

CoCo(都可)

f:id:mimitamaboy:20180318220350p:plain

台湾に2000店舗以上もある。台湾どころか、中国、アメリカなど海外にも進出しており、ついに日本にも進出している。台湾を代表するドリンクスタンド。全体的にドリンクが甘め。タピオカも甘め。子どもとシェアするのに良い。

URL:CoCo都可

また、通常台湾ドリンクスタンドは、大、中、小とボトルサイズを選びますが、CoCoは一種類のみ。つまり、ボトルサイズは選ばなくて良い。そして、ボトルサイズは、他の店舗の大に相当し、値段は中くらい。つまり、お得。

50嵐

f:id:mimitamaboy:20180318220428p:plain

フルーツよりはお茶を推しているお店。他の店と違い、タピオカのサイズを選べる。大きいタピオカ=大顆(da4 ke1, ダークー)、小さいタピオカ=小顆(xiao3 ke1 シャオクー)なので、指定しましょう。*売り切れたら選べません。

URL:‧歡迎光臨台北50嵐 – 深耕茶業有限公司

一芳

f:id:mimitamaboy:20180318220458p:plain

店の外観がおしゃれでカッコいい。みみたまボーイは一芳の水果茶が好きです。紅茶の中に果物がどっさりと入っている。なんと、日本に進出していた。

URL:一芳 YI FANG | 台灣水果茶

翰林茶館

f:id:mimitamaboy:20180319203419p:plain

みみたまボーイ妻はここのタピオカミルクティーが一番おいしいと言っている。タピオカミルクティー(=珍珠奶茶)の創始店とも言われるが、春水堂も創始を名乗っており、終わりのない論争を繰り広げている。

URL:首頁 – Hanlin

*翰林茶館はドリンクスタンドというか、店舗。

中国語サイトだが、こういう論争が巻き起こっている。

「春水堂」VS「翰林茶館」到底誰發明「珍珠奶茶」? | Giga Circle

こんな感じで創始店アピールをしています。

f:id:mimitamaboy:20180319203548p:plain

注文の流れ

一般的な流れは以下の通り。

  1. メニューからドリンクを選ぶ
  2. 店員に注文する
  3. 店員からカップのサイズ」、「氷の量」、「甘さを聞かれる
  4. お金を払う
  5. ドリンクを受け取る

注文時の困りごと

3の「カップのサイズ」、「氷の量」、「甘さ」を聞かれる、のステップで定員とのやり取り(返答)が発生するため、ここが最難関。ドリンクを選ぶなどは、指をさせば伝わるが、3は話さないことには伝わらないので。

注文時の困りごと、解決策

2の「注文する」時に、聞かれそうなことを全部言う

これで全て解決です。定員からの質問は、通常、「カップのサイズ」、「氷の量」、「甘さ」ですから、最初に全部伝えれば、それ以上は聞いてきません。それだけ伝えても、更に思いもよらない質問をされたら、潔く諦めましょう。

注文の流れ詳細

メニューからドリンクを選ぶ

これは問題ないと思います。ドリンクスタンドには必ず下の写真のようなメニューが置いてあるので、それを見て選ぶだけ。

f:id:mimitamaboy:20170618101112p:plain

f:id:mimitamaboy:20170618101137p:plain

店員に注文する

一方的に頼むだけなので、何とかなります。ここで使えるフレーズは、這個(ヅェガ:Zhe 4 ge)=「これ」。飲み物の単位は「杯(bei 1)」なので、「これ一個」なら、這個一杯(Zhe 4 ge yi bei1、ヅェガ イーベイ)。二杯なら「两杯(liang bei1、リャン ベイ)」、三杯なら「三杯(san1 bei1、サン ベイ)」。

話は逸れて、「杯」は飲み物の単位であり、他のものは別の数え方があります。たとえば服なら「件」。日本でも、飲みものは一杯、二杯、服なら一着、二着。それと同じです。

ただ、こういう使い分けは慣れるまでは無理です。そんな時は、数なら「個 (ge、ガ)」を使えば、いつでも伝わります。文法的には間違っていますが、伝わります。這個一個(Zhe 4 ge yi ge、ヅェガ イーガ)。飲み物以外の買い物でも使えます。

みみたまボーイも台湾生活最初の一年は、這個一個、這個二個だけで凌ぎました。本当に「個」には、お世話になりました。この辺は外国人なので、伝わればよいという開き直り(でも、少しずつ覚えていった)。

「カップのサイズ」、「氷の量」、「甘さ」を聞かれる

注文時の困りごとで書いた通り、ここが最難関。

9割方、最初は「カップのサイズ」です。カップのサイズは「大(ダー)」、「中( ゾン)」、「小(シャオ)」の三種類。カップのサイズくらいだとスタッフも英語でBig?, Medium?, Small?とか聞いてくれるので、乗り切れる。

その後、「氷の量」、「甘さ」を聞いてきます。冰(bing1 ビン=こおり)と糖(tang1 タン=さとう)が聞き取るべきキーワード。冰(ビン)は氷の量を聞かれていて、糖(タン)は砂糖の量を聞かれています。

氷の量は、通常下の分類があり、お好みで回答ください。個人的にはいつも半冰くらいでいいですね。発音も簡単。

  • 正常(zheng4 chang2:ゼン チャン)氷たっぷり
  • 少冰(shao3 bing1:サオ ビン)ちょっと少なめ
  • 半冰(ban4 bing1:バン ビン)氷半分
  • 微冰(wei1 bing1:ウェイ ビン)氷少しだけ
  • 去冰(qu4 bing1:チィゥ ビン):氷無し

続いて、砂糖の量。下の分類です。分類は氷と似ています。お好みで回答すれば良いのですが、台湾の「正常」はかなり甘いので、個人的には、半糖以下を選ぶ方が良いと思います。

  • 正常(zheng4 chang2:ゼン チャン):結構甘い
  • 少糖(shao3 tang2:サオ タン)甘さが正常の70%程度
  • 半糖(ban4 tang2 :バン タン)甘さが正常の50%程度
  • 微糖(wei1 tang2 :ウェイ タン)甘さが正常の30%程度
  • 無糖(wu2 tang2:ウー タン)無糖、0%

と、書きましたが、コツは解決策で書いた通り、先に全部伝えることです。

マンゴージュース、大(ダー)、半冰(バン ビン)、半糖(バン タン)

これで、全て解決。所要時間10秒。一番簡単です。

*CoCoはカップのサイズがないため、「大(ダー)」と言うと、「カップのサイズないけど?」と返され自爆するので注意してくださいね。

 

お金を払う

お金払ってください。これは問題ないでしょう。

ドリンクを受け取る

混雑時は順番を書いたカードを手渡されたりもしますが、ここは問題なく対応できるはず。お金も払っており、待っていれば店員が持ってきてくれますよ。

f:id:mimitamaboy:20170611140832p:plain

以上、台湾ドリンク事情のまとめでした。

では、また。