金瓜石。ゴールドラッシュに思いを馳せて。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20171202064643p:plain

台湾の鉄板観光スポット九份の周辺観光地の紹介です。台湾と言えば九份。多くの人が九份までは行きますが、みみたまボーイは九份よりも周辺観光地の方が好きです。夜の九份の街並みは綺麗ですが、人が多すぎなので。

さて、そんな九份ですが、周辺に小さいながらも色々な観光地があります。九份だけ見て帰るのはもったいないので、是非周辺にも足を延ばしてみてください。ただ、観光地が点在していて個人では効率的に観光しにくいのも事実。

ご安心ください。基点の瑞芳駅からタクシーのパッケージツアーがあります。




旅の起点、瑞芳駅の場所

九份に行くにも、瑞芳駅が起点になります。

瑞芳駅への行き方

台湾鉄道に乗り、瑞芳駅で降りるだけ。

台湾鉄道ローカル線の旅。電車の種類、時刻表、携帯アプリ。

台北からバス(1062番)でもいけます。 

瑞芳駅発タクシーパッケージツアー

瑞芳駅でタクシーがいっぱい待ち構えています。一大観光地、九份を抱えており、余るほどタクシーがいます。瑞芳駅の目の前にタクシー乗り場があり、下の写真のようなパッケージツアーの表示あり。お好みで選んでください。

こんな感じでA~Eまでコースあり。

f:id:mimitamaboy:20171202070722p:plain

Aコースを利用したことがあります。九份には行きたくなかったので、最後の九份を金瓜石の黄金博物館にしました。こういったルート変更の交渉はよくあるので、問題なく運転手が対応してくれます。中国語が喋れなくても紙に書けば伝わるので、心配無用です。

Aコースで瑞芳駅から最後の黄金博物館まで2時間くらいです。九份と金瓜石は10分くらいしか離れてないので、最後が九份でも同じくらいでしょう。

南雅奇岩

結構見応えがあります。海とのコントラストが爽快。同じような岩がもっとあれば野柳に負けない観光地にもなれたが、二個くらいしかないのでマイナー観光地止まり。惜しい。基本は岩を見るだけであり、滞在時間は短い。

f:id:mimitamaboy:20171202071704p:plain

陰陽海

「海が半分黄色、半分青色(海の色)の不思議な光景が見れる」という名目でコースに入っていますが、実際は普通の海でした。写真ありません。普通の海ですから。自然現象なので、ポジティブに考えれば、たまたま見えなかっただけかもしれない。

オフィシャルには、山間部から鉱物を含んだ水が海に流れ出るうちに、海の色が青色と金色の二色に分かれて見えるという奇観、という触れ込み。次回に期待。

十三層遺址

十三層遺址は日本統治時に建てられた鉱山工場。今は閉鎖されています。名前の通り、昔は13層の建物だったそうですが、今は最上部だけが残されています。

閉鎖された工場を、長い時間を経て植物が覆い、古いセメントとそれを覆う植物のコントラストがまるでラピュタのようだ、ということで、「天空の城」とも呼ばれ、ノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。

ただ、工場は閉鎖後、そのまま放置されているらしく、今でも有害物質があったり、土壌汚染があるため、立ち入り禁止です。よって、外から見るだけ。作ったからには閉鎖まで責任もって、しっかりとやらないといけませんね。

f:id:mimitamaboy:20171202073113p:plain

黄金瀑布

小さな滝。過度の期待は禁物。期待しなければ、意外と良い。

f:id:mimitamaboy:20171202073331p:plain

浪漫公路

曲がりくねった道。全然、印象に残っていません。ただの道。

黄金博物館

金の採掘で栄えた金瓜石金鉱山の記念館。坑道に入れたり、砂金採り体験ができる。今は黄金博物館として観光地化されていますが、運営当時は捕虜が劣悪な環境で働かされ、多くの方が命を落としたという事実もあるようです。人の欲と歴史の闇を垣間見れます。

f:id:mimitamaboy:20171202074200p:plain

金塊。本物に触れます。

f:id:mimitamaboy:20171202075503p:plain

最後に

いかがでしたでしょうか?「過去に繁栄した空中都市」的な雰囲気と、それを醸し出す植物の生命力に思いを馳せながら旅する、金瓜石ゴールドコース。みみたまボーイ的には九份より楽しめると思っています。では、また。