台湾タクシー事情まとめ。呼び方、料金、注意点。よく使う中国語も。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20180315194111j:plain

台湾タクシー事情まとめです。台湾のタクシーは日本と比べ遥かに安く、観光客はもちろん、現地在住の日本人にとっても、欠かせない存在。そんな台湾タクシーに乗り続けている、みみたまボーイの感想を交えたまとめです。*完全に主観




タクシーの種類

台湾のタクシーは、基本は黄色で統一されています。タクシー=黄色、黄色=タクシーという認識で問題ありません。例外として、いわゆるハイヤーがあり、その場合は黄色ではなく、通常の車と見分けつきません。

タクシーの呼び方

ホテルとかで呼んでもらう場合を除いて、主に以下の4つ。

  1. 手を上げて捕まえる
  2. 携帯で電話して呼ぶ
  3. 携帯アプリで呼ぶ
  4. コンビニで呼ぶ

手を挙げて呼ぶ

日本と同じです。流しのタクシーを捕まえる時は手を挙げましょう。「空車」の場合は、フロント部に「空車」と表示されています。日本と同じです。

携帯で電話して呼ぶ

タクシー会社の電話番号がわかっていれば、電話して場所、時間を指定して来てもらいましょう。日本と同じです。でも、中国語で場所と時間を指定するのは、難易度が高いと感じる人も多いでしょう。みみたまボーイも、好んでやりたくありません。

携帯アプリで呼ぶ

世の中便利になったもので、大手タクシー会社のタクシーは携帯アプリで呼ぶことができます。使い方を書いた記事を貼り付けておきます。携帯上で場所を指定すると、その場所にタクシーがやってきます。基本的に喋る必要なし。外人に最適!

関連記事:これは便利。携帯タクシーアプリ台湾大車隊の登録、使用方法。

弱点はアプリ圏外

そんな外国人を助けてくれるタクシーアプリの弱点は圏外です。大手タクシー会社なので、基本的には台湾全都市をカバーしていますが、山の中とか秘境の類だと圏外になります。携帯電波が繋がっていても、「そこではタクシー呼べません」と表示されます。

そんなわけで、タクシーアプリを持っているからといって、安心しすぎてはいけません。特に、秘境、絶景の類に行く時は圏外の可能性が高く、注意が必要です。

電話がかかってくることもある

基本的に一切喋らずタクシー呼べるわけですが、じつはタクシー運転手から電話がかかってくることがあります。例えば、近くまで来たものの、最後の微妙な場所がわからない時など。そんなわけで、わかりやすい場所で呼ぶのがコツです。

それでも電話がかかってきたら、もう諦めて、気合いで受け答えしましょう。何とかなります。タクシーの現在位置は携帯で表示されており、こちらからは相手の動きが丸見えなので、迷っている姿を楽しむくらいの気持ちの余裕を持ちましょう

ちなみに、新竹では分かりやすい場所で呼べば、電話がかかってくることは殆どないのですが、台東でアプリを使用した時は、ほぼ100%電話がかかってきましたね(笑)

コンビニで呼ぶ

これが一番簡単で、確実です。コンビニですから、場所が明確であり、タクシーアプリで呼んだ時のような、「最後に場所がわからず電話がかかってくる」というリスクがありません。近くにコンビニがあるなら、コンビニで呼ぶのをお勧めします

関連記事:コンビニなら確実にタクシーを呼べる。台湾生活必須情報。

台湾タクシー乗車時あれこれ

一口にタクシーと言っても、やはり文化の違いがあります。日本との違いなど、乗車時のあれこれをまとめてみました。

  • 自動ドアではない
  • ほぼ100%中国語
  • 車内が清潔とは限らない
  • 運転が荒い人もいる
  • 支払いはほぼ現金
  • 少しだけぼったくりの可能性

自動ドアではない

日本は完全に自動ドアですが、台湾タクシーは自動ドアではありません。基本的に、自分で開けて乗り込みますし、自分で開けて降ります。丁寧な運転手だと、降りて開けてくれたりします。そういう素晴らしい運転手に当たったら、ラッキーです。

ほぼ100%中国語

タクシーで使用する言語は、ほぼ100%中国語です。英語を話しても「は?」となること間違いなし。中には少し日本語を喋れる人もいて、簡単な日本語で喋りかけてきてくれることがありますが、ノリで喋っているだけなので、期待しない方が良いです。

万が一、コミュニケーションに困ったら携帯で翻訳(日本語→中国語)してもらうのをお勧めします。携帯は本当に進化していて、きれいに訳してくれます。少なくとも、通じる。

車内が清潔とは限らない

日本のタクシーは、どのタクシーに乗っても綺麗ですが、台湾のタクシー車内が綺麗かどうかは、運転手次第です。汚い場合もあります。みみたまボーイはこれが一番嫌ですね。汚いタクシーに長時間乗るのは嫌なんですよね。匂いとか気になるので。

大手タクシー会社(台湾大車隊、大都会とか)は、綺麗であることが多いですね。さすがに、その辺も運転手に注意喚起しているのでしょう。たまに大手でも汚い時もあるので、100%大丈夫とは言えませんが、ヒット率が高い

一度、運転手が昼に食べようと思っているのか、臭豆腐を助手席に置いているタクシーに乗ったことがありますが、臭すぎましたね(笑)

運転が荒い人もいる

完全に運転手によりますが、運転が荒い運転手もいます。ぼったくりしてくる運転手は、運転も荒いことが多いですね。まあ、そりゃそうか。

支払いはほぼ現金

一応、支払い方法として以下の3種類がありますが、台湾タクシーは料金も安いので、みみたまボーイは現金支払いで済ませればよいと思っています

  • 現金:確実にOK
  • クレジットカード:タクシーによる。使えないタクシーもある。
  • 悠遊卡:タクシーによる。使えないタクシーもある。

おつりが無いこともある

ご安心ください。おつりはちゃんとくれます。が、稀に運転手が十分なおつりを用意していないことがあります。例えば、料金150元に対して500元を出した場合、おつり350元ですが、運転手が100元札を3枚持っていなかったりします(1000元札は持っている)。

この場合、運転手が近くのコンビニなどに行き、両替してお金を崩すかと思いきや、「コンビニに寄るから、お前がその500元を崩してこい」という日本では考えられないユニークな提案をされることがあります。一年半で二回経験しました。そんな台湾が大好きです。

少しだけ、ぼったくりの可能性

みみたまボーイは二回ぼったくりにあっています。一度は日月潭、二回目は桃園です。

こうすれば、ぼったくりに遭わないという必勝法はありませんが、呼び込みしているタクシーには乗らないことで、ぼったくり確立を下げれます。もしくは、事前にいくらになるか聞いておくと良いでしょう。

ボッタクリに遭ってしまったら

みみたまボーイは、ぼったくりに遭った時には、そのまま支払いました。べらぼうに高かったわけではないのと、家族も乗っていたので万が一何かあったら困ります。この辺は自己判断ですが、みみたまボーイの判断基準は、家族の安全、健康が第一です。

行き先の伝え方のコツ

日本と同じく、口頭で伝える。中国語に自信が無い時は、行き先を書いた紙や携帯を見せましょう。以下、台湾タクシーに乗る時の注意点とコツです。

  • 文字は大きく:運転手は年配の方も多く、携帯画面を見せても、「文字が小さすぎて見えない」と言われることが、割と頻繁にあります。このため、大きな文字で示せるよう、事前準備しておいた方が良い。携帯画面を拡大して見せるなど、工夫が必要です。

  • 住所も伝える:行き先を伝えても運転手が場所を知らないことがよくあるので、行き先の住所も示せるようにしておいた方が確実。住所が伝われば、運転手がナビ、携帯で調べて連れて行ってくれます。

降りる時も気を抜くな!

ドアを開ける前に、後ろからバイクが走ってきていないか確認しましょう。台湾はバイク(スクーター)が非常に多く、更に車の隙間をすり抜けてきます。ドアを開けた瞬間に後ろから走ってきたバイクとぶつかる可能性は思いのほか高く、細心の注意が必要です。
広告

タクシー料金

初乗り運賃は都市によって異なります。台北70元。高い都市(新竹)で初乗り100元。距離と時間で加算され、細かい規定がありますが、新竹は10km、約15分で約250元。日本と比べると遥かに安く、使いやすい。

タクシー利用時によく使う中国語

文法的な間違いを気にせず、伝わることだけを目的として一覧表を作ってみました。みみたまボーイ的には観光地に行った時に、帰りも同じタクシー運転手に迎えに来てもらう時に使用する言葉が一番役に立っています。

台湾タクシーの特別料金

旧正月は値段が上がります。例として、新竹では2018年の旧正月期間は通常料金+30%アップでした。値段の上げ方は都市により異なりますが、大まかに30%アップというイメージで大外れはありません。

f:id:mimitamaboy:20180315194536j:plain

以上、台湾タクシー事情でした。では、また。