台湾タクシー事情まとめ。呼び方、料金、注意点。よく使う中国語も。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20180315194111j:plain

台湾タクシー事情まとめです。台湾のタクシーは日本と比べ遥かに安く、観光客はもちろん、現地在住の日本人にとっても、欠かせない存在。そんな台湾タクシーに乗り続けている、みみたまボーイの感想を交えたまとめです。*完全に主観




タクシーの種類

台湾のタクシーは、基本は黄色で統一されています。タクシー=黄色、黄色=タクシーという認識で問題ありません。例外として、いわゆる白タク、ハイヤーはあり、その場合は黄色ではなく、通常の車と見分けつきません。

タクシーの呼び方

主に以下の4つ。

  1. 手を上げて呼ぶ:流しのタクシーを捕まえる時は、手を上げる。
  2. 携帯で電話して呼ぶ:王道だが、中国語が喋れないと無理。
  3. 携帯アプリで呼ぶ:簡単。基本、喋らず呼べるはずだが、運転手から「近くまで着いたけど、どこにいるの?」と電話がかかってくることも結構ある。
  4. コンビニで呼ぶ:簡単、確実。近くにコンビニがあれば、これがベスト。

乗車時あれこれ

自動ドアではない

日本と違い、自動ドアではありません。自分で開けて乗ってください。

言語

基本、中国語。簡単な英語もあまり通じない。たまに日本語を喋れる運転手がいる。

行き先の伝え方

日本と同じく、口頭で伝える。中国語に自信が無い時は、行き先を書いた紙や携帯を見せましょう。

【注意点&コツ】
  • 文字は大きく:運転手は年配の方も多く、携帯画面を見せても、「文字が小さすぎて見えない」と言われることが、割と頻繁にあります。このため、大きな文字で示せるよう、事前準備しておいた方が良い。携帯画面を拡大して見せるなど、工夫が必要です。

  • 住所も伝える:行き先を伝えても運転手が場所を知らないことがよくあるので、行き先の住所も示せるようにしておいた方が確実。住所が伝われば、運転手がナビ、携帯で調べて連れて行ってくれます。

支払い

台湾タクシーは料金も安いので、現金支払いで済ませればよい。

  • 現金:確実にOK
  • クレジットカード:タクシーによる。使えないタクシーもある。
  • 悠遊卡:タクシーによる。使えないタクシーもある。

おつりが無いこともある

ご安心ください。おつりはちゃんとくれます。が、稀に運転手が十分なおつりを用意していないことがあります。例えば、料金150元に対して500元を出した場合、おつり350元ですが、運転手が100元札を3枚持っていなかったりします(1000元札は持っている)。

この場合、運転手が近くのコンビニなどに行き、両替してお金を崩すかと思いきや、「コンビニに寄るから、お前がその500元を崩してこい」という日本では考えられないユニークな提案をされることがあります。一年半で二回経験しました。そんな台湾が大好きです。

降りる時の注意

ドアを開ける前に、後ろからバイクが走ってきていないか確認しましょう。台湾はバイク(スクーター)が非常に多く、更に車の隙間をすり抜けてきます。ドアを開けた瞬間に後ろから走ってきたバイクとぶつかる可能性は思いのほか高く、細心の注意が必要です。

運転が荒い人もいる

運転手によりますが、運転が荒い人はいます。完全に主観ですが、南部に行くほど荒い気がする。

ボッタクリ

みみたまボーイは日月潭で一回だけボッタクリにあいましたが、観光地以外ではまず無いと思います。

料金

初乗り運賃は都市によって異なる。台北70元。高い都市(新竹)で初乗り100元。距離と時間で加算され、細かい規定があるが、新竹は10km、約15分で約250元。日本と比べると遥かに安く、使いやすい。

タクシー利用時によく使う中国語

文法的な間違いを気にせず、伝わることだけを目的として一覧表を作ってみました。

f:id:mimitamaboy:20180316171300p:plain

特別ルール

旧正月は値段が上がります。例として、新竹では2018年の旧正月期間は通常料金+30%アップでした。値段の上げ方は都市により異なりますが、大まかに30%アップというイメージで大外れはありません。

f:id:mimitamaboy:20180315194536j:plain

以上。