女王頭が折れるまで残すは5年。野柳海洋世界とINHOUSEホテル。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20170619005009p:plain

台湾の絶景のひとつ、「野柳(イエ リョウYe3 liu3)」。「野柳」は台湾のカッパドギアとも呼ばれる奇岩地帯です。有名な「女王頭」を代表とする、奇岩の大パノラマは一見の価値ありです。台北からバスで揺られて一時間半で、日帰りも可能。




野柳の場所

Google mapです。台北から野柳まで。

野柳行きのバス(台北から野柳への行き方)

台北から国光客運の1815で行けます。2017年6月時点では台北駅の東三門からの発車になります。10分~20分に一本ありますので、混んでいても、それほど待つことはありません。ご安心ください。

下のサイトで国光客運の1815にアクセスできます。所要時間は約1時間30分弱といったところで、料金は124元。

f:id:mimitamaboy:20170619000743p:plain

バスの乗り方は、この記事を参考にしてください。

子連れにお勧めINHOUSE HOTEL

台北から日帰りもできますが、余裕があれば一泊するといいと思います。子連れの方であれば、片道一時間半のバスで往復は結構子どもにはキツい。

みみたまボーイは、2017年夏に野柳泊逸渡假酒店 BOUTIX RESORT HOTEL YEHLIU(ボウティックス)に泊まり、とても充実した設備に満足して、皆さんにお勧めしていましたが、2017年10月からINOHOUSE HOTELになったようです。

とはいえ、施設概要は同じようなので、野柳の新たなリゾートホテルとしてINHOUSE HOTELは使えると思います。Web site張り付けておきます。

立地抜群

女王頭のある野柳地質公園の目の前に位置していて、立地抜群です。子連れに嬉しい大きなキッズランドがあり、子どもにとっては野柳地質公園よりINHOUSE HOTELで遊ぶ方が楽しいでしょう。

シャトルバスサービス

また、INHOUSE HOTELに泊まれば、台北駅→ホテルの無料シャトルバスが利用できます。シャトルバスは有料&事前予約必要ですが、バス代と大差ありませんので、シャトルの方が直通で圧倒的に便利です。本数が少ないのが唯一の難点。

シャトル情報

  • 台北駅から14:00発
  • INHOUSEホテルから12:30発
  • 費用は200元

*最新情報はINHOUSE HOTELのホームページで確認ください

INHOUSE HOTELのシャトルバスのページ(シャトル=接駁)

野柳泊逸渡假酒店時代の施設

巨大ボールパーク(野柳泊逸渡假酒店時代)

f:id:mimitamaboy:20170619005105p:plain

ゲームセンター(無料)*これはINHOUSE HOTELでもあるのか未確認。

f:id:mimitamaboy:20170619005209p:plain

野柳地質公園(台湾のカッパドキア)

本丸の野柳地質公園です。岩石は主に石灰質の砂岩からなっていて、岩層の割れ目が海水の浸食を受け、柔らかい部分が失われ、残された固い部分だけが、その姿を今に残しています。時間の力と自然の力が融合して、この絶景が作り出されているんですね。

シンボルである「女王頭」は後5年で首が折れると専らの噂。

半島になっています↓

f:id:mimitamaboy:20170619011611p:plain

奇岩の大パノラマ↓

f:id:mimitamaboy:20170619011637p:plain

シンボルである「女王頭」。首が限界。

f:id:mimitamaboy:20170619011659p:plain

野柳海洋世界(水族館:野柳のダークホース)

野柳地質公園の隣に、野柳海洋世界という水族館があります。ほんとに隣です。野柳地質公園から徒歩5分。家族連れなら、訪れてみてもいいかもしれません。非常に小さな水族館なので、あまり見るものはありません。。。そう、「おっさん飛び込み」以外は。

衝撃の「おっさん飛び込み」。イルカショーだったか、アシカショーの前座として「おっさん飛び込み」がありますが、「おっさん飛び込み」の印象が強すぎて、何のショーだったか忘れました。

いや、もうこのショーは「おっさん飛び込み」がメインであると言えるでしょう。面白いです。面白いですが、長い。。。長すぎる。多くは語りませんが、時間があれば野柳のダークホース「おっさん飛び込み」も見てあげてください。

f:id:mimitamaboy:20170619012902p:plain

最後に

いかがでしたでしょうか、魅惑のおっさん飛び込み台湾のカッパドキア、野柳。の台湾の絶景にふさわしい、一度は訪れたい観光地です。いつ見れなくなるかわからない「おっさん飛び込み」「女王頭」を楽しみに、是非、野柳を訪れてみてください。

では、また。