台湾新幹線!割引チケットの種類、買い方、連結無料バスまで完全網羅。

シェアする

Linkunit




こんにちは、みみたまボーイです。

今回は台湾新幹線(通称「高鐵(ガオ ティエ)」を徹底解説。台湾新幹線は日本と比べて値段も安く、非常に便利。台湾新幹線割引チケットの紹介、チケットの買い方、乗り心地、自由席の裏技、そして連結シャトルバスまで一挙公開。




台湾新幹線割引チケットの種類

台湾新幹線はかなり多くの割引チケットを用意していて、一般販売の割引チケットと外国人限定の割引チケットがあります。もちろん、通常チケットもあります。

一般販売の割引チケット

下表の通り、多くの割引チケットがあります。例えば定期券の「49折」は定価の51%割引。65折だと35%割引。定期券が圧倒的に安いものの、旅行では使えないので、早鳥優恵(早割!アーリーバード!)の35%割引が一番お得

外国人限定割引チケット

なんと外国人限定割引チケットもあります。外国人なら誰でも入手可能です。台湾鉄道と組み合わせたチケットもありますが、新幹線に限定すると主に以下の3種類。外国人限定割引チケットの中だと3日間乗り放題チケットがお得です。

新幹線チケット 割引内容 価格
割引片道切符 いつでも20%割引 通常価格の20%割引
3日間新幹線乗り放題 3日間、何回でも新幹線の自由席に乗れる 2200元
新幹線2日 7日間の中から2日を指定して新幹線自由席乗り放題 2500元
広告

結局、一番お得なのは早割!

台湾旅行で一番ありがちな台北と高雄(左営)の往復で考えると、早割35%なら965元です。往復しても1935元。外国人割引チケット3日間乗り放題の2200元ですから、

圧倒的に早割がお得。まさに最強のアーリーバード!

早割の仕組み

圧倒的にお得な早割は28日前から予約できます。最高で35%割引。35%割引(65折)のチケットは一定量しかなく、売り切れると次は20%割引(8折)、最後は10%割引(9折)。チケット争奪戦が勃発します。

高雄まで行くなら20%割引になった時点で外国人限定3日間乗り放題の方がお得になります。10%割引(9折)は、いつでも20%割引でチケットを購入できる我々外国人にはメリットゼロです。むしろ損しています。

チケット料金詳細は台湾新幹線早割のページでご確認ください。ここです→台湾新幹線早割のページ

なお、35%割引は全ての時間帯に適用されているわけではなく、連休などは早朝、深夜など人が乗らない時間帯だけに適用されていたりします。そんなわけで、必ず35%割引が得られるかはわかりませんが、チケットが取れれば圧倒的に最安値。

早割の購入方法

ネットで購入できます。日本語になっているので簡単です。台湾新幹線のホームページで行きたい駅と乗車時を入力するだけです。このページからアクセスできます→台湾新幹線予約ページ

最初の画面で乗車、降車駅、乗車日を入力し、検索する。

続いて、出てきた画面のアーリーバードにチェックを入れます

すると、アクセス時点で購入できる早割チケットが表示されます。35%は結構早く売り切れるので、販売開始となる28日前に予約するのがお勧めです。

あとは、乗りたい時間を選んで「今すぐ予約」を押して必要情報を入力するだけです。

広告

3日間乗り放題や20%割りはネットで買える

早割35%が売り切れていた場合、外国人限定の3日間乗り放題、もしくは20%割引が候補になります。複数都市を回るなら3日間乗り放題、一都市なら高雄を除いて20%割引の方がお得。これらは日本ツアー予約サイトで購入でき、より簡単です

35%割りがあるかどうか探したりする労力を考えると、こっちの方がお手軽で良いかもしれませんね。

台湾在住で頻繁に新幹線に乗るなら自力で予約

台湾新幹線の外国人割引ページ

観光で台湾に来る人なら日本語簡単予約

台湾新幹線外国人限定割引チケット(3日乗り放題や20%割引)-veltra

通常チケットの買い方

駅に行って窓口、自動券売機で買う、コンビニ、携帯アプリなど色々と買う方法があります。自動券売機の表示言語は中国語、英語で両方切り替え可能。日本人だったら中国語表記の方がわかりやすいかもしれません。漢字を見れば、ほぼ理解できます。

駅の様子。自動券売機は絶対見つけることができます。

窓口で買う

自動券売機の方が簡単ですが、外国人限定割引チケットは窓口でしか交換できません。パスポートを持って窓口へ行ってください。

窓口で使用する中国語

台湾新幹線の窓口でよく使う中国語をまとめておきます。まずは、窓口のスタッフに話しかける時に使用する言葉。

日本語 中国語
 窓口 窗口(Chuāngkǒu)/櫃台(Guìtái)
自動券売機 自動售票機(Zìdòng shòupiào jī)
自由席 自由座(Zìyóu zuò)
指定席 對號座(Duì hào zuò)
こんにちは 你好(Nǐ hǎo)
定期券を買いたいんです 我想買定期票 (Wǒ xiǎng mǎi dìngqí piào)
台北から新竹までの定期券 從台北到新竹的定期票

(Cóng táiběi dào xīnzhú de dìngqí piào)

XX分の新幹線の指定席チケットが買いたい 我想買XX的車次的對號座(Wǒ xiǎng mǎi X shí X fēn de chē cì de duì hào zuò)
いくらですか? 多少?(Duōshǎo)
キャンセルしたいんです 可以退票?(Kěyǐ tuìpiào ma)

続いて、窓口のスタッフが言うであろう言葉。

日本語 中国語
 どうしましたか? 有甚麼需要幫忙的嗎?(Yǒu shénme xūyào bāngmáng de ma)
もう一回言ってください 請再說一次(Qǐng zàishuō yīcì)
もう座席がありません 已經沒位了(Yǐjīng méi wèile)

已經滿了(Yǐjīng mǎnle)

売り切れています 都賣完了(Dōu mài wánliǎo)
別の時間の電車ならあります  其他時段的話還有(Qítā shíduàn dehuà hái yǒu)
おつり 找錢(Zhǎoqián)
キャンセルには手数料がかかります、いいですか? 取消的話,會有手續費也,可以嗎?(Qǔxiāo dehuà, huì yǒu shǒuxù fèi yě, kěyǐ ma?)

自動券売機で新幹線チケットを買う

自動券売機で買うだけと言っても、初めて買う時は操作に戸惑ったり、心配なこともあると思います。購入ステップを写真付きでまとめておきました。下の関連記事を参考にしてください。なお、コンビニで事前購入もできます

関連記事:台湾新幹線チケットの買い方(ステップ毎に写真付き)

関連記事:コンビニで台湾新幹線チケットの購入(ステップ毎に写真付き)

チケット購入時はおつりに注意

台湾新幹線チケット購入時、一番注意しないといけないのはおつりです。改善されてきていますが、いまだに多くの自動券売機はお札でおつりがでてきません。つまり、全部コインで出てきます。

例えば、1060元のチケットを買うのに2000元を入れた場合、おつりの940元が全てコインで出てきます。50元硬貨18枚+10元硬貨4枚です。財布パンパンになりますよ。とはいえ、小銭が無い場合もあります。そんな時は両替しましょう。

気付きにくいのですが、じつは自動券売機の隣に両替機があります。コインが大量に出てきたら、この両替機を使うことでお札に替えることが可能です。じゃあ、最初から券売機をお札が出る仕様にしとけよ、と思いますが(笑)。

関連記事:台湾新幹線(高鐵)チケット。コインがいっぱい出てきたら両替しましょう。

台湾新幹線アプリ

台湾新幹線を予約できるアプリもあります。「台湾高鐵 T-EX行動購票」です。クレジットカード決済もできて便利です。

台湾新幹線の事前予約は必要か?

台湾新幹線の指定席は事前予約が可能です。28日前から予約することができます。確実に乗りたい人は指定席を事前予約すると良いと思います。自由席はそもそも予約ができません。自由ですから。

とはいえ、連休でもない限りは、基本的には予約しないでも乗れます。以下、みみたまボーイの感触です。

基本は事前予約しないでも大丈夫

乗る日時によりますが、みみたまボーイの経験から、「最悪、座れなくても良ければ(=立ち)、事前予約は不要」と思っています。少なくとも、みみたまボーイは乗れなかった事はありません。座れないことはあります。

連休などは事前予約しましょう

基本的に事前予約不要と書きましたが、旧正月や連休など、明らかに特別なタイミングは別です。旧正月は、そもそも指定席チケットが取れないくらい混んでいます。予約が可能になる28日前になったら、すぐにチケットを確保した方が良いです。

みみたまボーイの感触まとめ

  • 台湾祝日(連休の場合)とても混んでいる。事前予約無しだと、立ちは覚悟。自由席の場合、20分くらい前にはプラットホームで待っていた方がいい。いっぱいだったら、最悪、一本後の電車になる(みみたまボーイは経験なし。ただ、危なかった時はある)。指定席は売り切れている可能性が高い。旧正月に乗るのは難しい。

  • 土日混む。朝や夕方など多くの人が利用する時間帯は、立ちを覚悟。昼間は高確率で自由席でも座れる。当日だと、朝、夕方の指定席は売り切れているかも。

  • 平日だいたい自由席でも座れます。朝や夕方など多くの人が利用する時間帯は、自由席だと座れないこともありますが、一駅待てば降りる人がいるので、そのタイミングで座れます。指定席の売り切れも、あんまり無いですね。

自由席の裏技、9号車

通常、自由席は10号車から12号車です。自由席のチケットを買うと、チケットにも「10~12号車が自由席」と書いてあります。しかし、一部の時間で9号車が自由席になります

自由席の裏技、9号車に乗ろう

当然、電光掲示板やアナウンスもあるのですが、気付かない人が多いので、9号車が自由席になっている場合(電光掲示板を見れば書いてある)、9号車に乗れば高確率で座れます。是非、一度使ってみてください。座れると、なんか嬉しいですよ。

新幹線駅から最寄り駅までの無料シャトルバス

多くの台湾新幹線の駅は郊外にあり、主要な台湾鉄道駅まで離れています。そんな時に使えるのが、台湾新幹線連結の無料シャトルバス。自分の行きたい場所の近くまでシャトルバスが出てたらラッキーです。ぜひ、使ってください。

無料と言っても条件があり、新幹線のチケットを持っている人は無料です。乗る時に運転手に見せるとタダで乗れます。そんなわけで、無料バスを使用する人は新幹線チケットを捨ててはいけません

みみたまボーイが新幹線嘉義駅→台湾鉄道嘉義駅へ無料シャトルバスに乗っていった経験を記した記事がこちら。こんな感じでチケットを見せればOKです。→300年燃え続ける水火同源。台湾泥温泉「關子嶺温泉」から徒歩で行ける。

無料シャトルバス検索はアプリが便利

「台湾高鐵」というアプリで無料バスの停車駅と出発時刻を調べることができます。台湾新幹線の予約ができる「台湾高鐵 T-EX行動購票」とは異なるアプリなのでご注意ください。

では、みみたまボーイが頻繁に使う新竹駅のシャトルバス時刻表を検索してみましょう。まずアプリを開く。台湾新幹線会員の人はパスワードなどを入力。会員じゃなくても、右下(赤枠)を押せば使えます。

その後、無料シャトルバスに乗る駅を選択し、乗り換え情報のボタンを押します。すると、高鐵快X公車という表示が出るので、時刻表を押します。

これで時刻表を見ることができます。

台湾新幹線の乗り心地

基本的には日本の新幹線と同じです。綺麗で、快適です。旅行者用にキャリーバックを置くスペースとかもあります。「自由座」が自由席、「對號座」が指定席です。指定席には、「通常指定席」と、「グリーン車に相当する商務指定席」があります。

要は自由席、指定席、グリーン車、の3つに分けれられています。

自由席、指定席、グリーン席のレビュー

  • 自由席:日本の新幹線自由席と同じ。一列で5人座れる。2人席、3人席という組み合わせ。充電用のコンセントはない。(充電用のコンセントは車両間に共用がある)
  • 指定席基本設備は自由席と同じ。確実に座れるだけ。
  • グリーン車やはり違いがある。飲み物(お茶、コーヒー)、おしぼり、簡単なお菓子が出てくる。そして、新聞をくれる。各席に充電用のコンセントが設置されている。席は、一列に4人(2人席+2人席)なので、自由、指定席よりはゆったりできる。やはり一番はコンセントがあるのが魅力。

グリーン席詳細

せっかくなので、台湾鉄道グリーン席詳細を紹介しましょう。上で書いた通り、グリーン席は2人席×2人席でゆったりシートです。

何より一番の魅力はコンセントがあること。席がゆったりしてるとか、お菓子とか飲み物とか出てくるとか、正直なところどうでもいいのですが、とにかく充電できることが嬉しい。

飲み物とお菓子の写真も載せておきます。コーヒーか紅茶、それとお菓子です。お菓子の種類は定期的に変えているようです。

台湾新幹線会員のメリット

台湾新幹線の会員になると、なんと20元(約75円)につき1ポイントもらえます。そして、500ポイント貯めると、なんと100元(約350円)分お得になります

還元率、1%!

あんまりメリット感じませんが、みみたまボーイは、とりあえず会員になりました。デメリットも無いので。高鐵、良く乗るし。

台湾新幹線の子ども料金規定(MRTも同じ)

  • 満12歳以上のお客さんは普通料金(全票)が必要
  • 6歳以上、且つ、身長115cm以上だと子ども料金が必要(「且つ」なので、6歳以上でも115cm未満なら不要)

では、また。