日本語の絵本あり。新竹文化局図書館(圖書館)

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20180304090656p:plain

今日は新竹文化局図書館(圖書館)を紹介します。ただの図書館です。でも、日本語の絵本が置いてあります!これはありがたい。

台湾に住んでいても、本気を出せば日本の絵本手に入りますが、こうやって図書館で気軽に借りれるのは助かります。みみたまボーイは、それなりの量の絵本を日本で買って帰りましたが、早々に読み終わってしまい、子ども達に「もう飽きた」、「違う話がいい」と毎晩罵倒されています。




新竹文化局図書館の場所

住所:新竹市東大路二段15巷1號

電話:03-5319756

新竹文化局図書館の様子

B1に絵本があります。

f:id:mimitamaboy:20180304091900p:plain

B1はこんな感じです。ゆったりしてますね。

f:id:mimitamaboy:20180304091955p:plain

こんな感じで日本の絵本があります。

f:id:mimitamaboy:20180304092044p:plain

図書館カードの作り方

f:id:mimitamaboy:20180304114606p:plain

本を借りるには、図書館カードを作る必要があります。図書館カードはB1で作れます。下の写真のようなPCが置いてあるので、必要情報を登録して、受付に持っていけばOKです。

ただ、B1のPCは入力設定がボポモフォ(中国語版平仮名)になっているので、ボポモフォの読み書きができれば問題ないですが、できなければスタッフに手伝ってもらう必要あり。それは面倒!という場合、事前に家のPCで登録しておくこともできます。

図書館で登録する場合:

  • 良い点:その場で全部完結できる
  • 悪い点:PCがボポモフォ設定

PCや携帯から事前登録する場合:

  • 良い点:登録が簡単。ボポモフォではない。
  • 悪い点:結局、図書館に行って、図書館カードをもらう必要があり、図書館スタッフとの会話は必要。予想される図書館でのやり取りは、「図書館カード欲しいんですけど」→「Webで登録してください」→「既に登録してあります」→「では、ID教えてください」→「XXXです」→。。。といった感じ。

でも、このやり取りができるレベルなら、仮にボポモフォがわからなくても、図書館に行って、「ボポモフォできないけど、図書カードが欲しいです」と言った方が早い。

↓図書館のPC(ボポモフォ設定)

f:id:mimitamaboy:20180304092210p:plain

自宅PCや携帯から事前登録する手順詳細

図書館ホームページの借閲證申請から事前登録できます。(携帯も可)

f:id:mimitamaboy:20180304092853p:plain

チェックして、同意。

f:id:mimitamaboy:20180304093350p:plain

必要事項を登録します。

f:id:mimitamaboy:20180304093617p:plain

登録が終わると、「三か月以内に図書館に来てください」というメッセージが出て、図書館に行けばOKです。

以上、市民の味方、図書館でした。では、また。