台北101を見るなら象山。複数登山口への行き方を徹底解説。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

今回は台北屈指の夜景スポット「象山」を紹介します。象山は、その名の通り山であり、夜景に限らず象山から見る台北の景色はとても美しいです。台北旅行に来たら、象山は外せませんよ。他のところに行くより、象山に登った方が思い出に残ります。




台北101を見るなら象山

台北の夜景を楽しむなら台北101に行けば良い訳ですが、「台北101からは台北101を含んだ夜景は見れない」という大きな欠点があります。

一方、象山からは台北101が非常に綺麗に見え、台北101を含む全台北の夜景を楽しむことができるという一点で、台北101を圧倒的に凌駕しています。もちろん、夜景ではなく昼間に登っても、とても綺麗な景色を見れます。

象山をお勧めする理由

象山は、山と言っても本格的な山では無く、観光気分で登れます。一般的な大人であれば象山を登れないという事はありません。ただ、楽に登れるという訳でもなく、それなりに疲れます。この絶妙な苦痛が忘れることのない旅の記憶として残ります

台北には他にも龍山寺などありますが、どうせなら忘れれない苦痛の記憶を体に刻んでいってもらいたいものです。

広告

象山登山道は3つある

象山には3つの登山口があります。

  • 南登山口(代天殿靈雲宮):一番有名な登山口。MRT象山駅から象山公園を南側に突っ切ると到着。この登山口は迷うことなく到達できます。角度が急なので疲れますが、その分、苦しむ時間も短い。階段が急なので子連れはシンドイ。
  • 西登山口(市立療養院):通称「松徳院區登山道」。親子でも登れるであろう、一番ハードルの低いコース、松徳院區登山口。体力に自信がなければ、「松徳院區登山道」。MRT象山駅から登山口までが分かりにくい。迷う可能性あり。下の方で迷わないように徹底解説します。
  • 北登山口(永春高中旁的永春崗公園):象山のゴールである六巨石まで一番遠く、これといってメリットの無い登山口。敢えてこのコースを使う理由は無い。永春崗公園まで行けばこの登山口を見つけれます。

象山のゴールは六巨石

象山には複数の景観スポットがありますが、六巨石に行けば良いです。もちろん、他の景観スポットもありますが、外してはいけないのは六巨石。ここから台北市内(台北101含む)を見れば胸を張って象山に登ったと言えます。

象山所要時間

ルートにもよりますが、ざっくり一時間半くらいで十分です。

広告

MRT象山駅から松徳院區登山道までの道のり

MRT象山駅から松徳院區登山口までの道のりが迷いやすいので、写真付きで重点的に解説します。基本的に曲がり角には上の写真のような看板がありますが、多くの看板が木に隠れて見えません。看板の意味なし。そんな小さいこと気にしてはいけません。台湾ですから!

起点はMRT象山駅の2番出口

まずはMRTの象山駅(赤ライン)に行きましょう。象山駅の地図で、多くの人が向かう南登山口(上写真緑色)松徳院區登山口(上写真青色)を見てみましょう。全然場所が違いますね。ただし、どちらに行くにも2番出口です。

松徳院區登山口は3番出口でも行けますが、道路を渡るのが面倒。2番出口の方が良い。2番出口の写真も載せておきます。

f:id:mimitamaboy:20180216172918p:plain

信義路五段道路を歩く

2番出口を外から撮ると上の写真。青矢印の方向に向かいます。信義路五段という大きな道路に沿って歩きます。なお、霊雲宮の方は信義路五段150巷という道路。なんて紛らわしい。二番出口を出て、正面まっすぐ歩くと南登山口に行きます。

信義快速道路を超えるところで、ちょっと下に潜ります。

地上に出るときに、「どっちだ?」となりますが、どっちに出ても同じところに着きます。気にしないでください。片方階段、片方スロープなだけ。

信義路五段151巷を右折

信義快速道路を超えて1~2分歩き、信義路五段151巷を右に曲がります。ここは、標識がはっきり見えるので間違えないでしょう。

f:id:mimitamaboy:20180216174103p:plain

その後、信義路五段151巷を少し歩きますが、途中で信義路五段151巷110弄との分かれ道が出てきます。ここは左です(信義路五段151巷をキープ)。じつは標識があるのですが、2018年2月現在、ほぼ見えません。

下の写真のどこかに標識がありますが、見つけれないでしょ?

f:id:mimitamaboy:20180216174444p:plain

松徳路へ入る

その後、信義路5段と松徳路の交差点に着きます。ここは、松徳路へここも標識があるのですが、わかりにくい。

下の写真のどこかに標識がありますが、わからないでしょ?

f:id:mimitamaboy:20180216174627p:plain

松徳路に入るとすぐに階段が見えます。「あぁ、ここが象山歩道か。。。」と入っていってしまいそうになりますが、階段を登ってはいけません。

墓地に着きます。

青色の矢印の方向に進んでください。台北市立総合医院の矢印の方向です。

f:id:mimitamaboy:20180216174810p:plain

台北市立総合医院の敷地を歩く

その後、少し歩くと、病院が見えてきます。台北市立総合医院です。「え、病院の敷地に来ちゃったよ。間違ったかな…」と思うでしょうが、気にせず突き進んでください。小さいことは気にしてはいけません。ここは台湾ですから。

f:id:mimitamaboy:20180216174958p:plain

すると、ついに象山歩道という文字が見えてきます!

f:id:mimitamaboy:20180216175110p:plain

松徳院區登山口に到着。あとは、登るだけです!

f:id:mimitamaboy:20180216175152p:plain

頑張って登った後に見る台北の景色は最高です。せっかくなので夜景をどうぞ。

象山登山お勧めルート

松徳院區登山口から入って、南登山口で下りてくるのが、一番体力を温存できます。南登山口は急ですが下りは楽なので、短い方がいいでしょう。どちらも六巨石で合流するので、六巨石から急な階段の南登山口の方に降りれば良いだけです。

松徳院區登山口から登り、南登山口降りる下のようなイメージです。

f:id:mimitamaboy:20180216211741p:plain

では、また。

関連記事:台北101高層階レストラン利用でスムーズに台北101の絶景を堪能。