過年。旧正月(春節)に手紙でも。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20180125041344p:plain

ようやく年の瀬ですね、旧暦の。台湾では日本と同じく1月1日から新年が始まりますが、いわゆる旧正月(春節)があるので、年2回正月があるような感じです。

とは言っても、1月1日は、祝日ですが、それほど特別な感じはなく、普通の祝日と同じ感じです。1月2日から普通に働きますし。年越しライブだけは盛んですね。その代わり、旧正月(春節)は日本の正月と同じような特別な雰囲気。

旧正月は旧暦に基づいているので、毎年変わります。2018年の旧正月は2/15から6日間が休み。昔は9日間休みだったりしたようなのですが、2017年も6日しか休みが無かったと思います。だんだん短くなってるんですかね。残念です。

旧正月関連の言葉

一番は新年快楽でしょう。発音の誤解を恐れず書くと、新(しん) 年(にぇん) 快(くぅわい) 楽(らー)です。これだけ言っておけば大丈夫。

  • 新年快樂(xin1nian2kuai4le):あけましておめでとう
  • 恭喜(gong1xi1):おめでとう(結婚とかでも使える)
  • 元旦(yuan2dan4):1月1日のこと。日本と同じ
  • 除夕(chu2xi4):大晦日のこと
  • 過年(guo4nian2):旧正月の年越しからお正月の期間のこと
  • 跨年(kua2nian4):(12月31日から1月1日の)年越しのこと
  • 尾牙(wei3ya2):忘年会
  • 年貨(nian2huo4):お正月用品
  • 壓歲錢(ya1sui4qian2):お年玉。赤い袋に入れます。

旧正月の台湾人

多くの人は実家に帰ります。日本と同じです。海外旅行に行く人も多いですね。これも日本と同じです。実家に帰る人が多いため、この期間は台北が空いています。そんなわけで、この期間に台北に行くと、何かと空いてて良いですよ。

その代わり、南部は混みます。新幹線のチケットも取れないくらい。

旧正月関連の注意点

大晦日(除夕)の夕方くらいから、店が閉まります。早いと昼過ぎから閉め始めます。大きな百貨店とかは、かろうじてやっている店もありますが、閉まる可能性があります。外食ができないので、食材を買っておかないと喰いっぱぐれます。年々営業している店も増えつつあるような気はしますが、それでも注意が必要です。

大晦日の夜は外食できない可能性が高い

旧正月に手紙でも

台湾でも日本のように年賀状を出す習慣があるのか知りませんが、文房具店に行くと新年の手紙セットが大量に売ってあるので、日本と同様、手紙を出す習慣がある模様。

売っている手紙ですが、デザインが台湾っぽくて、みみたまボーイは結構好きです。冒頭の写真のような感じです。種類が豊富なので、選ぶ楽しみがありますよ。ぜひ、日本に手紙を書いてみてください。

では、また。