特徴的な外観が印象的な宜蘭蘭陽博物館

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20171010135741p:plain

今日は一目見たらその外観を忘れられない蘭陽博物館です。この形状、本当に特異ですね。初めて蘭陽博物館を写真で見た時、何が収容されているかもわからないのに、行ってみたいと思ったものです。

何層もピラミッドが重なったような、この外観は、台湾北海岸一帯でよく見られるケスタという丘陵を参考にしているそうです。ケスタとは、片面が切り立ち、もう片面が緩やかに傾いている、台湾北海岸特有の地形とのこと。




蘭陽博物館の場所

宜蘭の駅からは車で30分くらい。

蘭陽博物館への行き方

タクシーかバスですかね。電車は駅から20分くらい歩かないといけないので、ちょっとシンドイ。バスの場合、紅1番です。礁渓駅からだと131番のバスでも行けます。値段は圧倒的にバスが安いけどタクシーもあり。

蘭陽博物館の様子

中の展示物は普通です。宜蘭の気候、風俗といったものを展示してあります。外観が印象的すぎるのでハードル上げがちですが、中は普通の博物館だと思って行った方ががっかりしないで良いですよ。また、あまり敷地面積も広くないため、だいたい1時間もあれば見て回れます。

宜蘭の山について

f:id:mimitamaboy:20171010141715p:plain

海について

f:id:mimitamaboy:20171010141808p:plain

港町なので海と共に生きてきたようです

f:id:mimitamaboy:20171010141841p:plain

蘭陽博物館は、中は大したことありませんが、その外観だけでも一見の価値あり。歩いて行ける距離に烏石港があるので、蘭陽博物館を見た後、漁港で海鮮料理を楽しむのが良いと思います。では、また。