宜蘭の誇る世界最高峰ウィスキー KAVALAN工場見学

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20171010122133p:plain

みなさんご存知でしょうか。台湾が誇る世界最高峰ウィスキー、KAVALAN(カバラン)台湾発本格派シングル・モルト・ウィスキー、KAVALANは毎年World Whisky Awardに参加し、非常に高い評価を受けています。

そんなKAVALANのWhisky工場が宜蘭にあります。正式名称は、金車噶瑪蘭威士忌酒廠。予約不要、その上、無料で工場見学ができます。もちろん、最高峰シングル・モルト・ウィスキーも販売しており、宜蘭観光では是非立ち寄ってもらいたいスポットです。




カバラン・ウィスキー工場の場所

Google mapです。宜蘭駅からKAVALAN工場まで車で20分。

カバラン・ウィスキー工場への行き方

カバラン・ウィスキー工場へはタクシーかバスで行きましょう。

バスの場合

宜蘭駅(宜蘭火車站)から緑12か752番のバスに乗ると、カバラン・ウィスキー工場に着きます。いつもお勧めしている台湾公車通は、残念ながら宜蘭をカバーしていませんが、下の宜蘭バスのアプリが便利です。ご利用ください。費用は20元。

iBus_宜蘭勁好行

iBus_宜蘭勁好行

  • Yilan County Government
  • Travel
  • Free

タクシーの場合

費用は宜蘭駅からで約300元。行きは問題なくタクシーを捕まえれると思いますが、帰りのタクシーを呼ぶのがちょっと面倒。

ウィスキー工場内では台湾大車隊の携帯アプリも使えなかったので、工場スタッフにタクシーを呼んでもらう、自分で電話で呼ぶ、行きのタクシーに帰りも迎えに来てもらうの三択です。結構田舎にあるので、流しのタクシーに出会える可能性は極めて低い。

タクシーの乗り方は下の記事を参考にしてください。帰りも迎えに来てもらう場合の中国語も載せてあります。タクシーで帰るなら、時間を決めて迎えに来てもらいましょう。

どの行き方がベストか?

行き

ウィスキー工場は広いので、バス停から試飲區までは10分くらい歩きます。一方、タクシーなら試飲區まで一気に行ってくれます。よって、行きはタクシーが便利です。たった10分ですが、タクシーの値段も高くないので。

帰り

帰りはタクシーを呼ぶ難易度が若干高いのと、バス停まで行く道に、ウィスキーの樽を装飾したオブジェがあるので、ゆっくり歩きながらバス停に行き、バスで帰るのが良いと思います。バスの本数が少ないので、帰る時間は事前に確認しておきましょう。

バスが面倒なら、行きのタクシーに時間を指定して、帰りも迎えに来てもらうのが、一番手っ取り早くて確実です。

KAVALAN Whiskyについて

カバランのブランドイメージは、「完全な美のバランス」と「新たな思索の創造」。

蒸留所は高い山々の頂に囲まれた宜蘭県の中央部に位置しており、天然水を使用して作られるのがカバラン・ウィスキー。宜蘭の水は台湾で最も清らかで新鮮であると言われ、KAVALANウィスキーの滑らさや、クリーミーな味わいは、この水によるものと言われています。

そんなKALAVAN Single Moltは、ウィスキーの本場スコットランドでも評価され、地元銘柄を抑えるほど好評。まさに、台湾発本格派シングル・モルト・ウィスキー。

f:id:mimitamaboy:20171010124618p:plain

カバラン・ウィスキー工場の様子

KAVALAN蒸留所は2008年12月から一般公開されるようになりました。もちろん無料です。ここでは、麦芽磨砕→糖化→発行→蒸留→熟成といった一連のウィスキー製造過程を見ることができます。工場もかなり綺麗ですし、結構楽しいですよ。

工場外観

f:id:mimitamaboy:20171010124846p:plain

麦芽を触れたり

f:id:mimitamaboy:20171010124654p:plain

蒸留塔があったり

f:id:mimitamaboy:20171010124730p:plain

保管期間で色が変わる。深みが増すというやつでしょうか。

f:id:mimitamaboy:20171010124932p:plain

2Fには同じく金車グループで、台湾では有名なCoffeeショップ、Mr. Brownがあり、ゆっくりお茶することができるので、いつ行っても大丈夫です。

f:id:mimitamaboy:20171010125248p:plain

無料テイスティング

ビジターセンターで無料テイスティングが可能です。30分に一回、試飲區でテイスティングをすることができます。試飲できる銘柄は日によって違いますが、世界に名だたる本格ウィスキーですから、飲んでおいた方がお得です。

テーブルに数種類の小瓶に入ったウィスキーが置いてあります。これは香りの比較用。 そのうちの1種類がテイスティング用として配られます。

自分好みのウィスキーを作る。DIY。

予約をすれば、ウィスキーの原酒を組み合わせて、オリジナルウィスキーを作ることができます。みみたまボーイは体験していませんが、これは面白いかもしれません。世界最高峰のオリジナルウィスキーは最高のお土産になりそうですね。

体験した人に聞いてみると、所要時間は約40分。ブレンド作業自体は簡単で、中国語がわからなくても大丈夫。作ったウィスキーは高級ウィスキーのように箱に入れて持ち帰ることができ、非常に良い記念になった!とのこと。次回、やってみたいと思います。

費用は300mlで1500元。予約は下のカバラン・ウィスキー工場のHPからできます。

開催の15分前には1階の商品部(お土産売り場)でお金を払い、チケットを貰って2Fへ行かないといけないようです。あと、未成年(お酒が飲めない年齢の人)は、DIYに参加できないとのことなので、注意してください。下にHPの案内を貼っておきます。

台湾では18歳以上でお酒が飲めます

英語版案内

じつは中国語版の方が、中国語がわからなくても漢字から何となく意味がわかります。そして、英語版より詳しく書いている。

カバラン・ウィスキー工場の情報

金車噶瑪蘭威士忌酒廠(カバラン・ウィスキー工場)
住  所:宜蘭県員山郷員山路2段326号
営業時間:平日9:00~18:00、土日祝日9:00~19:00(旧正月の大晦日は~17:00)
電  話:+886(03)922-9000

宜蘭の誇る世界最高峰ウィスキーKAVALANを是非一度お楽しみください。では、また。