宜蘭ホエールウォッチングと亀山島

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20171010113446p:plain

宜蘭でホエールウォッチングを体験してきたので、当日の様子と感想を書いておこうと思います。みみたまボーイ初めてのホエールウォッチングでした。事前に考えていたのは、「船酔い大丈夫かな?」でしたが、船酔いはキツかった。ただ、思いのほか亀山島が雄大で且つ自然の厳しさを感じることができて良かった。




乗船当日

乗船前日に、「乗船時間の30分前に来るように」というメールが来たので、30分前に烏石港に到着。遅れたくないので移動方法はタクシーにしました。漁港に着いたら、1Fの船着き場の近くにゲートがあり、名前を言って到着した旨を伝える

【烏石港】

住所:頭城鎮港口里烏石港路168號

乗船~ホエールウォッチングの流れ

  • 救命胴衣を来て乗船
  • 乗船後30分で船酔い者続出(みみたまボーイも気持ち悪くなる)
  • 乗船後45分でみみたまボーイ息子吐く
  • 乗船後1時間で龜山島に到着(今回のコースは上陸せず)
  • 乗船後1時間~1時間半でイルカを見る(鯨は見えず)
  • 乗船後2時間でみみたまボーイ娘吐く
  • 帰港

感想

かなり多くの人が船酔いしていました。吐く人も続出。スタッフは慣れた手つきで、処理ていたので、今回特別に船酔いする人が多かったわけではなく、毎回こうなんだと思います。

みみたまボーイは吐きませんしたが、序盤から船酔いにはなっており、ずっと「早く帰港しないかな」と思っていました。自分一人ならまだしも、子どもが船酔いになっているのは辛かった。酔い止め必須です。そんな中、みみたまボーイ妻だけは船酔いにもならず、最後まで普通でした。前世か来世は漁師だと思います。

イルカは見えますが、船酔いでそれどころではない。しかし、そんな中でも、意外なところで亀山島は良かった。亀山島を船で一周するわけですが、亀山島の絶壁は凄まじく、自然の厳しさを感じることができ、見応えがあります。当然、写真を撮る元気はありませんでした。

途中、気合で取った写真を張り付けておきますが。海しか映っていない。

f:id:mimitamaboy:20171010120422p:plain

まとめ

  • 船酔いが辛く、自然の厳しさを感じる
  • 鯨に会える確率は低そう
  • イルカには確実に会える
  • 亀山島から自然の偉大さを感じることができる
  • イルカは水族館で見ればよい

では、また。