台湾ローカル鉄道の旅 内湾線で内湾老街への行き方

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20170910204404p:plain

今日は新竹から行けるローカル鉄道の旅、内湾線を紹介します。行きつく先は名前の通り「内湾」です。この内湾、新竹から行ける老街としては割と有名で、休日には観光客でにぎわっています。内湾には老街以外は、正直言ってこれと言うものもないのですが、自然を楽しむ、田舎に行くということを目的に行く感じだと思います。




内湾線

Google mapで内湾線をハイライトしてみました。

内湾線の駅です。終点が内湾。

f:id:mimitamaboy:20170910205230p:plain

内湾への行き方

新竹から内湾への行き方ですが、台湾鉄道の内湾線、もしくはバスで行けます。

台湾鉄道、内湾線の場合

まずは台湾鉄道、内湾線での行き方です。早朝、夕方は新竹駅から内湾への直通があるのですが、だいたい竹中駅で乗り換えが必要になります。ということで、だいたい、下の2ステップで内湾に行くことになります。

  1. 新竹→竹中
  2. 竹中→内湾(一時間に一本しかないので、注意)

内湾線時刻表のページを張り付けておきますね。ちなみに、六家駅は台湾新幹線の新竹駅と連結しています。新幹線で新竹まで来る人は六家が起点になります。

内湾線は車両にイラストが施されています。珍しいですよね。

f:id:mimitamaboy:20170910210313p:plain

中もちょっと変わっています。内湾は観光地なので、子どもに人気が出るようにしているんでしょうね。吊り輪もライオンだし。

f:id:mimitamaboy:20170910210400p:plain

バスの場合

バスでは行ったことがないのですが、バスも出ているようです。新竹客運のバスで行くことができるようです。参考までにバスのページも張り付けておきます。「平日」は日本語と同じ「平日」の意味、「暇日」が「休日」の意味です。念のため。

内湾の様子

f:id:mimitamaboy:20170910210906p:plain

内湾、そんなに見るとこ無いんですよね。自然を楽しむ。綺麗な空気を楽しむ。そんな感じでしょうか。駅を降りるとすぐに老街が広がっています。老街は台湾の一般的な老街と同じですが、特徴としては、客家人が多く住んでいるので、客家料理を楽しむことができます。

内湾老街の様子

f:id:mimitamaboy:20170910210949p:plain

内湾のもう一つの見どころは、内湾吊り橋です。まあ、ただの古い吊り橋だろと言われると返す言葉がないのですが、自然の中に古い吊り橋があるだけで、なんとなく絵になる。渡っていると揺れますが、安全です。ご安心ください。

ちなみに、どうでも良い情報ですが、この橋を渡ったところに「桜木花道」というカフェがあるそうです。たぶん、オーナーがスラムダンクを好きなだけで、直接的な関係はないと思います。

f:id:mimitamaboy:20170910211122p:plain

まあ、そんな感じでしょうか。長く新竹周辺に住んでいて、時間があれば一度くらい言っていても良いと思います。では、また。