新竹市民しか行かないであろう新竹影像博物館

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20170903083344p:plain

今日は新竹影像博物館を紹介します。つい先日知ったのですが、新竹市は台湾で最も高い古跡密度を誇っているらしいです。確かに、この周りには旧新竹市役所で今は美術館として使用されている古跡もありますし、歩いて見て回れる範囲に結構色々ありますね。




影像博物館の場所

Google mapです。新竹駅から歩いて6分。とても近いです。

影像博物館の様子

影像博物館は日本統治時代に建設された映画館を再利用しており、その外観からは歴史の息吹を感じることができます。台湾における映画の歴史を紹介しているのですが、内部の展示は、正直大したことが無く、ほぼ10分で見て回れます

f:id:mimitamaboy:20170903084911p:plain

  • 入場料:新竹市民は無料、市民でなければ20元。
  • 開館時間:9:30~12:00, 13:30~17:00, 18:30~21:00(映画放映の方は9:30~12:00, 13:30~17:00だけ)

この影像博物館、新竹市の観光マップとかには必ず乗っているので、みみたまボーイもどんな感じかと思い、言ってはみましたが、正直二回目は無いですね。新竹を知るという意味で、新竹に住んだという証として、行ってみるのはいいかもしれません

f:id:mimitamaboy:20170903084706p:plain

こんな展示がいくつかあります。

f:id:mimitamaboy:20170903085031p:plain

では、また。