台湾洗濯事情 天日干し?部屋干し?

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20170826063905p:plain

今日は台湾の洗濯事情について書いてみたいと思います。日本人は綺麗好きですから、洗濯一つとっても、やはり日本と台湾では違いがあります。

例えば、洗剤とか柔軟剤も日本で使っているものと比べると、台湾ローカルの洗剤は、何かが違う気がします。洗っても臭いとか、柔軟剤入れてもバリッバリとか、ちょっと意味がわかりませんもちろん、日本の洗剤、柔軟剤も手に入りますが、日本で買う価格の約2倍くらいします。日本の価格を知ってるだけに、ちょっと買う気が起きない。

そんなわけで、みみたまボーイは、下の方法で乗り切っています。

  • 日本から来る人に持ってきてもらう
  • 日本帰国時に大量に持って帰ってくる

みみたまボーイ家の洗剤ストック(一部)です。この先、一年はいける(笑)

f:id:mimitamaboy:20170826063946p:plain

それに干すときも注意が必要です。日本人は洗濯物は当然天日干しで、カラッカラになるまで干したいところですが、台湾ではそうはいきません。外で干している人は殆どいません。主にPM2.5とか空気が悪いせいだと思います。特に冬はPM2.5のせいで、尋常じゃないくらい大気状態が悪い時がありますので、とても干せません。干したらPM2.5まみれです。

そんなわけで、必然的に室内干しになります。そこで必要となるのが、除湿器。みみたまボーイは除湿器2台持って台湾に来ました。毎日、フル活動しています。マンションの一室は完全に洗濯物を干す部屋になっています。また、台湾は湿度も尋常じゃないくらい高いので、カビ対策としても除湿器はあった方が良い

f:id:mimitamaboy:20170826064023p:plain

以上、何かと困る台湾水回りでした。では、また。