これはキツイ。台湾健康診断で地獄を見る。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20170811054742p:plain

台湾で初めての健康診断受けてきました。こんなにシンドイ健康診断は生まれて初めて。今日はこの地獄の健康診断について書いていこうと思います。台湾で健康診断を受ける人、覚悟を決めてから受けてくださいね。

本当に地獄のような健康診断でしたが、台湾だからキツかったのか、日本でもキツイのかは正直わかりません。と、言うのも、みみたまボーイは日本では胃カメラとか含めた健康診断は受けたことないんですね。今までは、身長、体重、採血、尿検査、X線とかくらいでした。

ただ、今回から胃カメラが加わり、更に本人が望めば、会社負担で腸の検査もしていいということで、せっかくの機会ですし、海外生活で変なストレスもかかっていそうなので、胃腸をしっかり見てもらうコースを受けてみました

思えば、この決断が間違いだった。

胃腸の検査のために、前日から食事制限。そして、前日夜からは下剤を飲むことになります。食事制限は病院から送られてきた、お粥ともスープとも言えないものを食べることになるのですが、味もしませんし、なんか暗い気持ちになります。まあ、これは我慢できます。不味いですが、気合でなんとかなる。

当然、食事制限があります。夜10時に2L水飲むのも辛かった。そんなに飲めないし。

f:id:mimitamaboy:20170811054922p:plain

これを溶かして食べますが、不味い。(無味に近い)

f:id:mimitamaboy:20170811054947p:plain

問題はこいつです。なんだこれは。腸の検査がありますから、腸の中にイロイロあってはいけないので、全部出す意図はわかりますが、強力すぎる。前日の夜7時と当日の朝4時に飲まないといけないのですが、かなりの苦痛を伴いながら、とめどなく出ます

f:id:mimitamaboy:20170811055016p:plain

苦痛と言うと簡単ですが、本当に苦痛で唸り声をあげながら、全身痙攣しながら、とめどなく出る。最後は出るものもないのですが、水だけ出ます。シンドイ。もうね、これに耐えれたら、たぶん健康ですよ。

そんな苦痛に耐えて健康診断へ。行ってしまえば、あとは簡単です。中国語さっぱりわかりませんけど、なされるがまま受ければいいだけです。一応、居留証と健康保険カードは必要なので、忘れずに持っていきましょう

初めての胃カメラでしたが、腸の検査もあるので全身麻酔で受けました。全身麻酔も初めての経験でしたが、だんだんと意識が遠のいていくのがわかり、いつの間にか眠りについていました。そして、起こされた時には全て終わっており、全く痛みも感じることなく終わりました。これはいいですね。

実際には意識を失っている間に口から胃カメラおしりから腸の検査(カメラ?)を入れられて凄いことになっているわけなので、想像したくはないですね(笑)。当日の朝4時に飲んだ下剤の影響は腸検査の段階でまだ続いているので、意識を失ったことで、おしりの筋肉が緩んだら、凄いことになっている気がするのですが、これも考えない方がいいでしょう。

そんなわけで、地獄の健康診断が終わりました。地獄だったのは準備段階で、当日は非常に楽でしたね。来年は別のコースにしたいと思います。では、また。