中信ブラザーズ!臺中市洲際棒球場への行き方と様子

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20170806183617p:plain

台湾プロ野球を見てきました。中信ブラザーズ 対 Lamigoモンキーズです。みみたまボーイは今回台中の洲際棒球場で見てきました。中信ブラザーズのホームですね。もちろん、どっちのファンでもないので、ホームチームを応援します。

Go! Local team!

f:id:mimitamaboy:20170806183728p:plain

さて、相手のLamigoモンキーズは2017年前半戦優勝と力のあるチーム。難しい戦いが予想されます。しかし、中信ブラザーズも2017年前半戦は2位と奮闘。そう易々と負けるとは思えません。。。

結果はボロ負け。驚くほどのワンサイドゲーム。よく見たら、前半戦は12ゲーム差の2位でした。相手が悪かった。

そうは言っても、初めての台湾プロ野球は結構楽しめました。プレーの質は若干日本より劣るかもしれません。トップクラスはそれほど差がないのかもしれませんが、これが層の厚みと言うやつでしょうか。




臺中市洲際棒球場の場所

Google mapです。台中駅から、ちょっと遠いんですよね。

臺中市洲際棒球場への行き方

台湾鉄道の台中駅からの行き方は、バス or タクシーです。

バスの場合

台湾鉄道の台中駅から58号、もしくは65号バスで洲際棒球場で下車

タクシーの場合

片道約400元

バスの乗り方。

もし、新幹線の台中駅から行く場合は、台湾鉄道台中駅より更に遠いので、一気にタクシーの方が良いと思います。

台湾プロ野球の様子

入場ゲート

日本だと水持ち込めないとか荷物チェックとかありますが、そこは台湾、チケット見せるだけのノーチェックで入れました。これは、良いのか悪いのか。アメリカは金属探知機のゲート通ったりしますからね。

f:id:mimitamaboy:20170806183812p:plain

スタジアムの様子

バックネット裏でたった450元/大人(子どもは350元/人)と日本と比べたら圧倒的に安く喜んでいたのですが、この低価格のせいでプロ野球選手の年俸が安く、そのために野球賭博が蔓延しやすいといった負の側面もあるそうです。

安いからという狭い視野で喜んでいてはいけないのかも知れませんね。

f:id:mimitamaboy:20170806184054p:plain

球場の雰囲気は、日本と言うよりアメリカに似ていますが、規模は小さいですね。ただ、その分、どの席でもそれなりにフィールドとの距離は近く、臨場感は高い。雰囲気は日本にも全然負けてないです。おもしろい。

f:id:mimitamaboy:20170806183905p:plain

f:id:mimitamaboy:20170806183942p:plain

そんなわけで、初めての台湾プロ野球を楽しんできました。意外と観光に組み込んでもいいかもしれません。基本的に、どこかのチームのファンということは無いでしょうから、5回くらいまで見て帰ってもいいですしね。

席は基本的に当日でも空いているので、当日球場でチケットを買う、もしくは台湾に来てからコンビニでチケットを抑えればOK。では、また。