定番から秘境まで。台北旅行(丸2日)のモデルコース。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

台湾に住んでいると、日本から近いこともあり、友人がやってくることも多々あります。できるだけ台湾を楽しんでもらえるよう計画を立てるのですが、ひとつモデルコースを作っておくと便利。みみたまボーイは新竹在住なので、台北の観光モデルコースです。

台湾観光で多いのは、3泊4日。移動も考えると2泊3日だと短すぎ、4泊以上は会社を休みにくい。そんな感じで、真ん中の2日間をフルで使える3泊4日で来る人が多いです。そんなわけで、今回のモデルコースは、丸2日でどこに行くかを考えました。




モデルコースの基本コンセプト

せっかくの台湾観光ですから、有名観光地は入れます。ガイドブックに書いてあるベタな観光地も結構良いですよ。台湾らしさがあるからこそ、鉄板観光地になっているわけです。ただ、詰め込みすぎると体が辛いので、余裕を持ったプランにしています。

また、有名観光地だけだと少し物足りないので、ソコソコ有名だけど、現地を知っている人がいないと、ちょっと遠くて手が出しにくい場所も盛り込みました。

モデルコースのコンセプト

・有名観光地入り
・詰め込みすぎない
・ちょっとレアな観光地入り

一日目はやはり有名観光地巡り

初日は、やはり台北市内の有名観光地巡りが良いでしょう。台湾についてワクワクしているでしょうから、鉄板観光地を巡って台湾の雰囲気を存分に味わって欲しいと思います。定番観光地は大外れは無いので、安心です。

台北市内の観光地は、頑張れば丸一日でかなり見て回れます。ただ、あんまり詰め込んでも一つ一つの印象が薄くなるし、体力的にもシンドイ。海外旅行、無意識に体は緊張しています。無理はせず、本当に行きたい場所をゆっくり見るといいと思います。

無理は禁物

さて、そんな台北有名観光地の中から、みみたまボーイが選ぶなら以下の3つ。

  • 龍山寺
  • 中正記念堂
  • 台北101

龍山寺

お寺の類は、行天宮など沢山あり、ガイドブックでも数多くのお寺が紹介されていますが、余程お寺好きでなければ、1つ行けば十分です。1つ選ぶなら、一番有名な龍山寺で決まりです。

中正記念堂

続いて中正記念堂。お寺とは全く雰囲気が違いますし、台湾を代表する建物であり、外せません。みみたまボーイが初めての台湾観光も中正記念堂でした。全てはここから始まった。中正記念堂では衛兵交代式を見ることができます。必見です。

中正記念堂の衛兵交代式は、一時間刻みです。(9時、10時、11時といった感じの一時間刻み。いつ行っても、それほど待たずに見ることができます。

じつは、夜もいいですよ。

f:id:mimitamaboy:20170725060525p:plain

台北101

最後の台北101では、夜景を楽しんでください。昼間より夜の方が断然お勧めです。台北101から見る光り輝く台北の街は、本当に綺麗です。展望台は、ちょっと高すぎ & 混みますが、それでも行った方が良いです。

裏技で混雑を避けて台北101を楽しむ方法もあります。お金がモノを言う。

休憩に

龍山寺、中正記念堂、台北101だけだと、確実に時間が余るので、お昼ご飯や、休憩を入れていきましょう。夏場のかき氷は、アイスモンスターが有名ですが、日本にもあるので、別の有名店で思慕昔とかが良いと思います。

一日目のタイムテーブル

  • 午前中:龍山寺
  • 昼ごはん:お好きなものを。餃子とかがいいかな?
  • 昼イチ:中正記念堂
  • おやつタイム:思慕昔でかき氷
  • 夜:台北101

台北市内の移動

基本的に移動はMRTで大丈夫です。龍山寺から中正記念堂まではMRTよりタクシーの方が便利。200元のかからないくらいでしょうか。台湾のタクシーは安いので、困ったらどんどん使った方が良いです。

MRB、タクシーなど台湾公共機関の乗り方をまとめた記事を貼っておきます。

二日目は少し遠くへ足を延ばしてみましょう

一日目で定番をしっかり押さえ、二日目は少し郊外へ足を延ばしてみるのが良いと思います。台北から日帰りできる観光地も沢山あります。その中でも、みみたまボーイがお勧めする、行って良かった観光地は、以下の4箇所。

  • 十分
  • 淡水
  • 野柳
  • 鶯歌

個別に一言レビューです。この中から、相手に合わせて選べば良いと思います。

十分(台湾のナイアガラ)

みみたまボーイが、自分で選ぶなら、十分です。十分には台湾の魅力が凝縮されており、台湾全土の中でもOne of my best観光地。

淡水(東洋のベニス)

淡水は、異国情緒溢れる港町。台湾っぽさが少ないですが、淡水老街では台湾の雰囲気を味わうことができます。そして、沈みゆく夕陽が絶品。

野柳(台湾のカッパドキア)

奇岩の絶景です。日本では同じような風景には出会えないので、アウトドア好きにお勧め。ちょっと遠いものの、何とか一日で帰ってこれます。

鶯歌(陶器の都)

台湾っぽい陶器、小物を買うなら鶯歌がお勧め。鶯歌は陶器の都として有名で、この街に来ると、茶器を買いたくなります。数え切れないほど陶器店があるので、ゆっくり見ていたら一日潰せます。きっとお気に入りの逸品が見つかります。

では、良い旅を。