非日常!台湾でクレー射撃体験!初心者でも体験できますよ。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20170716112913p:plain

ひょんなことから、クレー射撃を体験してきました。みみたまボーイは全く射撃に詳しくありませんが、どうも日本ではライセンスが無いとできないようですね。台湾ではライセンスは必要なく、初心者でも体験できました。射撃場にインストラクターがいます。




みみたまボーイの射撃感想

大昔に韓国に旅行で行った時にハンドガンを打って以来の経験でしたが、今回はクレー射撃用の銃ということで、ハンドガンとは衝撃が全然違いますね。クレー射撃は全身にズドンと衝撃が走り、なかなか迫力があります。

そんなわけで、恐る恐る体験してきましたが、銃を撃つ操作は意外と簡単。弾をセットして、引き金を引くだけです。しかも、簡単な設定にしてもらえば、初心者でも意外と当たるので、割りと面白かったです。

日本で体験するハードルの高さを考えると、誰でも撃てる台湾でやってみるのも良いかと。

頂福靶場(みみたまボーイが行った射撃場)

今回は頂福靶場という射撃場に行ってきました。台北から車で30分、桃園国際空港からも車で約30分です。ローカル感満載ですが、予約不要でいけます。当日、射撃大会などが開催されていないかは確認した方がベターとの台湾人の友人は言っていました。

*たぶん中国語しか通じません。凄い簡単な英語なら通じるかも?

こんな看板があります。

f:id:mimitamaboy:20170716114010p:plain

Google mapです。桃園国際空港から。

頂福靶場への行き方

  • タクシーで行く
  • 友達に車で連れて行ってもらう

山の中なので公共交通機関なんてあるはずもなく…こういう場所じゃないと危なくて銃なんて撃てないでしょうし。仕方ありません。でも、桃園国際空港から近いので、旅行初日や最終日に時間を潰すのに使うと面白いと思います。

関連記事:台湾タクシー事情まとめ。呼び方、料金、注意点。よく使う中国語も。

出張で台湾に来ている人なら、現地台湾人の同僚に車で連れて行ってもらうと、言葉の問題も解消でき、確実です。みみたまボーイが行った時も、日本からの出張者がクレー射撃の経験者で、台湾でも撃ちたい!ということで、台湾人の友人と行きました。

射撃体験詳細情報

費用

25発で1000元(=3500円くらい)でした。

事前に個人で準備すべきもの

特にありません。射撃に最低限必要なものは支給されます。

耳栓

射撃時は耳栓が必要ですが、耳栓代は射撃料に含まれています。撃ってみるとわかりますが、かなり音が大きいので、耳栓は必須ですね。

f:id:mimitamaboy:20170716114846p:plain

クレー射撃用の銃

たくさん銃が並べられています。好きなのを使えば良いです。銃がずらりと並んでいる景色は、かなり非日常ですよ。また、持ってみるとわかりますが、ずっしりと重いです。初心者は翌日腕が筋肉痛になりますよ。

f:id:mimitamaboy:20170716114827p:plain

当然ですが、弾も支給されます。実弾を目の前にすると、なんか緊張。

f:id:mimitamaboy:20170716115316p:plain

その他

常連の人はサングラス(シューティンググラス)をかけていましたが、さすがに支給されませんでした。

詳しい人に聞くと、拳銃は顔から話して発射ですが、クレー射撃の銃は肩で担ぐ感じで、目に近い位置で発射するので、火薬の発火で起こる衝撃、チリなどから目を保護する意味で、本当はシューティンググラスがあった方が良いそうです。

日本でクレー射撃をしている人は、いつも使っているクレー射撃セットをお忘れなく。初心者は丸腰で行けば大丈夫です。

実際に射撃体験をしてみて

操作自体は簡単。弾を詰めて、引き金を引くだけ。ただし、いくつか注意点があります。他の体験なら、素人が間違っても笑い話ですが、今回は銃ですからね。「間違った時は死ぬ時」という可能性もあるので、本当に注意して取り扱ってください。

  • 銃口は必ず人のいないところ(山の方)を向けておく
  • 撃つ直前まで引き金に指をかけない(間違って引き金引いたらヤバい)

射撃場での主な流れ

射撃場についてからの主な流れは以下のような感じでした。全く難しいことはないのですが、中国語が喋れない場合、一番の問題は言語でしょう。現地人と来るのがベストですが、これくらいなら何とでもなる気がする。

  1. 受付(先にお金を払う)
  2. 必要な備品を受け取る(耳栓とか)
  3. インストラクターと一緒に射撃場所に移動
  4. 銃に弾を詰める
  5. 構えて、撃つ

撃つときの掛け声

弾を詰めて、銃を構えて、撃つ準備が出来たら「好(ハオ)!」と言うと、クレーを飛ばしてくれます。好(ハオ)は、「いいよ!」という感じです。「好(ハオ)」の代わりに「OK」でも通じると思います。なお、銃の構え方はインストラクターが教えてくれます。

プロっぽい人が撃っていました。みみたまボーイが撃ってる写真は、ビビって、へっぴり腰で、かなりかっこ悪かった。緑の服の人がインストラクター。

f:id:mimitamaboy:20170716115553p:plain

台湾その他射撃場

パッと調べて出てきた射撃場を載せておきます。みみたまボーイは行ったことはありません。あくまで参考情報です。

台北周辺

  • 頂福靶場 (この記事の射撃場)
  • 內木山靶場
  • 臺北市政府警察局五指山靶場

宜蘭

四方林靶場

彰化

田中飛靶場

嘉義

嘉義市體育會射擊委員會-田寮靶場

高雄

  • 大寮靶場
  • Nantzu Shooting Range

墾丁

墾丁休閒飛靶射擊場

以上、みみたまボーイも初めての体験、クレー射撃でした。では、また。

シューティンググラス(サングラス)-楽天市場
シューティンググラス(サングラス)-amazon