台中で恐竜にビビる!子ども号泣、国立自然科学博物館。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20170716185404p:plain

今日は台中の観光地?、国立自然科学博物館を紹介したいと思います。この国立自然科学博物館ですが、台湾に生息している生物や先住民の歴史をギュッと濃縮した展示をしており、なかなか見応えがあります。と言っても、展示物の説明は中国語なので、みみたまボーイにはよくわからないのですが、展示そのものが結構しっかりしているので、見るだけでも楽しめますよ。

本館はメイン展示エリアは、スペースシアター、科学センター、生命科学ホール、人類文化ホール、地球環境ホール、植物園の6つのエリアから構成されており、かなり広く、フラッと立ち寄っても半日くらいは潰せると思います。子どもと行くなら、みみたまボーイ的には生命科学ホールの恐竜ロボットがお勧めです。




国立自然科学博物館の場所

google mapです。台湾鉄道の台中駅から。

続いて新幹線の台中駅からです。

国立自然科学博物館への行き方

台湾鉄道の台中駅から

下の路線のいずれかで「植物園」で降りてください。

台湾新幹線の台中駅から

パンフレットでは新幹線台中駅から出ているシャトルバスに乗って、「SOGOデパート前で下車」となっています。下のホームページの159番のシャトルバス(無料)です。わからなければ、タクシーの方が無難です。タクシーの方が時間も節約できますし。タクシーは新幹線の駅に100%いますしね。

シャトルバスの詳細は下のページで確認してください。

国立自然科学博物館内部

いきなり、このマンモスがお出迎えしてくれます。なかなかの迫力ですね。この段階で、この先に期待が持てます。

f:id:mimitamaboy:20170716184926p:plain

そして、みみたまボーイお勧めの、生命科学ホールです。ここに恐竜のロボットがあるのですが、これが唸り声を上げながら動くんですよ。そして、子どもビビる。みみたまボーイの娘は、最初全く近づきませんでした。部屋にも入らず無理やり近くに連れて行ったら号泣していました (笑) 

まあ、そのうち慣れて、最後は楽しんで恐竜の真似をしていましたが。なかなかのクオリティで作られているので、結構迫力ありますよ!

f:id:mimitamaboy:20170716185247p:plain

その他にも、動物の模型があったりします。

f:id:mimitamaboy:20170716185530p:plain

いかがでしたでしょうか?台中にお越しの際は、ぜひ国立自然科学博物館で子どもに刺激を与えてください。では、また。