台湾駐在1年。駐在員の中国語学習法!(台湾華語)

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20170709082047p:plain

台湾生活も、はや一年。ある程度、中国語も理解できるようになってきたので、みみたまボーイの中国語学習法を紹介します。みみたまボーイも、まだ喋れませんが、中国語を勉強したいけど、勉強の仕方がわからない、という人に、少しでも参考になれば。




みみたまボーイの中国語ゴール

何事も、ゴールの設定は大切だと思うんですよ。ゴールを設定せずに走り出したら、どこ行くかわかりませんので。そんなわけで、みみたまボーイの中国語のゴールです。

「話は理解でき、ジェスチャー交えれば何とかコミュニケーションができる」

開き直りですが、ペラペラは目指していません。外国人ですから!

中国語の勉強内容

みみたまボーイの勉強方法は、基本的には、下の3つで構成されています。まあ、語学を学ぶのであれば、どの言語であっても、この3つでしょう。

  1. 単語、文法関連の基礎知識習得
  2. リスニング
  3. スピーキング

単語、文法関連の基礎知識習得

台湾に来たばかりの時は、基礎文法の勉強として「世界でいちばんやさしい 中国語の授業」を勉強していました。この本は非常に良いですよ。中国語勉強に対する心のバリアを取り除いてくれます。最初にこの本に出合えて、本当に良かった。

その後、週に一回、中国語の個人レッスンを受けることになり、授業で使用している教材が「実用 視聴華語」です。台湾で中国語の授業を受ける人の多くが、この教材を使用していると思います。台湾中国語学習のメジャー教材です。
中国語レッスンは、一回一時間で600元。個人レッスンの有無で中国語習得スピードは結構変わる。レッスンは受けた方が習得には近道。

「実用 視聴華語」1冊目と2冊目。5冊目まであるらしい。

f:id:mimitamaboy:20170709065911p:plain

リスニング

主に2つでリスニング力強化しています。あと、会社で現地台湾人が話しているのを聞くのも、地味ですがリスニング力強化に繋がっています。

実用 視聴華語のCD

文法を勉強している「実用 視聴華語」にCDが付いているので、文法の勉強を兼ねて聞いています。でも、「実用 視聴華語」のCDは、何となく好きじゃないので、下で紹介する「1000字華語」の方をよく聞いています。

1000字華語

主にこの1000字華語で、リスニングを鍛えています。外出中もYoutubeで見ることができます。CDのように、音だけ聞くのが苦手なので、映像付きで見ながら勉強しています。1000字華語でも、文法、単語が紹介されるので、その点でも良い教材です。

なお、500字華語というのもあります。1000字華語と大差なし。

スピーキング

1000字華語

1000字華語でシャドーイングです。英語もそうでしたが、スピーキングを鍛えるにはシャドーイングが一番ですね。あと、これも英語と同じで、ペラペラさえ目指さなければ、簡単な文法、簡単な単語で、最低限のコミュニケーションはできます。

みみたまボーイは、たぶん英語でも、全部で2000語くらい(a、theとか含む)しか使っていません。もっと少ないかも。外国語をマスターするのは難しいという印象が先行しますが、実際にはそれくらいで何とかなります。必要以上に身構える必要なし。

最低限のコミュニケーションは、簡単な単語、基礎文法だけでOK

みみたまボーイの現在地

基礎文法はわかってきました。単語量は全然足りません。リスニングは良くなってきましたが、まだ50%くらいしか聞き取れません。喋るのは無理です。基礎文法はわかっているので、単語量が増えれば、喋れるようになるはず。あと半年でゴールしたい。

では、今日も中国語の勉強を頑張ります。いつかゴールに辿り着けると信じて。