台南穴場観光地、四草緑色隧道!マングローブの絶景(注意点と行き方)

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20170708041030p:plain

台南の「四草生態文化園區」にある「四草緑色隊道(隧道)」この「四草緑色隊道(隧道)」ですが、台湾地元民に人気で週末はとても混んでいます。日本ではまだあまり知られていないかも知れません。マングローブが作り出す「緑のトンネル」が見どころです。




四草とは?

まず「四草」の紹介から。「四草」は「台江国家公園」の中にあります。マップを見てもらうとわかりますが、台湾の西側にあり、非常に特殊な地形をしています。

湿地として有名で、広大な湿地に多くの生物が住んでいます。運が良ければ絶滅が危惧される黑面琵鷺や東方白鸛にも出会うことができるそうです。そして何と言っても多くのマングローブが生えており、そのマングローブが織りなす絶景が見どころとなっています。

四草の場所

新幹線の最寄り駅である、台南(新幹線:台南駅)から。

台湾鉄道の台南駅からは、こちら。

四草生態文化園區への行き方

新幹線の台南駅を起点にしています。結局、台湾鉄道の台南駅へ行くことになるのですが、新幹線の台南駅と、台湾鉄道の台南駅が離れているのが、面倒。

  1. まずは新幹線の台南駅へ。
  2. 新幹線の台南駅」から「台湾鉄道の台南駅」へ。新幹線の台南→台湾鉄道の台南駅が、とても離れています。新幹線の台南駅が台湾鉄道の「沙崙站」に連結しているので、「沙崙站」→「台湾鉄道 台南駅(站)」へ。*タクシーだったら400元くらいです。
  3. 台湾鉄道の台南駅から台湾好行99番(台江線)に乗って、四草生態文化園區へ。

バス停の表示

f:id:mimitamaboy:20170708041209p:plain

四草綠色隧道注意点

休日は、とても混んでいます。

みみたまボーイは呑気に休日に行ったところ、到着したのが2時。四草緑色隊道のマングローブクルーズに乗れたのは5時でした。約3時間待ち。信じられない込み具合です。

しかも、外国人が来ること少ないのか、英語での案内もほぼ無く、何時間待ちかも表示されていません。じつはチケットを買う場所で中国語でアナウンスが流れていますが、みみたまボーイは聞き取れませんでした。

近くに観光するところもあまりないので、途方にくれます。みみたまボーイは、仕方ないのでタクシーで安平へ行き、ちょっと観光して、戻ってきました。

四草綠色隧道攻略法

実行したことは無いですが、混雑を避けるなら以下でしょう。

  • 平日に行く
  • 朝イチで行く

平日は、さすがに空いているはずです。もう一つは、台湾人は一般的に朝の行動が遅いので、休日の朝イチで行けば空いているはずです。朝イチで行ったことないですが、台湾人の行動習性から、これは有効なはず。

四草は台南中心部からも離れていますし、近くに他の観光地もないので、ここで長時間足止めをくらうと他の観光地に行く時間が無くなってしまいます。できるだけスムーズにマングローブクルーズを楽しめるように旅行計画を立ててくださいね。

四草綠色隧道詳細

営業時間はHPをご確認ください→四草緑隊HP

チケット売り場です。緑色隊道の売り場で買ってくださいね。

f:id:mimitamaboy:20170708040925p:plain

湿地帯なので、干潟に住む生き物も見れます(主にカニ)

f:id:mimitamaboy:20170708041324p:plain

近くにお寺もあります。一般的な台湾のお寺。

f:id:mimitamaboy:20170708041413p:plain

最後にもう一度マングローブの織りなす絶景をどうぞ。

f:id:mimitamaboy:20170708041030p:plain

では、また。