北投温泉は台北旅行の起点にもなる、優良温泉地。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20170702023623p:plain

今日は台北から日帰り可能な人気観光地、北投温泉を紹介したいと思います。ちょっと立ち寄って入れる日帰り入浴可能な温泉もありますし、ホテルに泊まってゆっくり温泉を楽しむことも可能です。観光温泉地として確立されており、日本の温泉地に近く、ホッとします。

さて、そんな北投温泉ですが、台北からMRTで30分で着きます。実際の感覚はもっと近く、地下鉄(MRT)に乗ったらすぐ着くイメージ。台北駅までのアクセスも非常に簡単で乗り換えもほぼ無いので、みみたまボーイだったら、北投温泉を拠点に台北観光をしたいくらいです。

有名処の士林夜市や故宮博物館などは北投温泉から近いですし、温泉も楽しめますし、良いこと尽くしです。また、MRTの淡水信義線なので、その他の台湾主要観光地に行くのにも、特に不便がありません。




北投温泉への行き方

  1. 台北から淡水信義線(赤ライン)で「北投」へ。30分。
  2. ピンクラインに乗り換えて「北投」から「新北投」へ。

ただし、ホテルによっては、淡水信義線で「北投」まで行けば、シャトルバスを出してくれることも多いので、ピンクラインに乗らなくても大丈夫です。また、ピンクラインに乗り換え、新北投からホテルまで歩くor タクシーを使うくらいなら、淡水信義線で「北投」まで行って、そこから北投温泉の主要観光地orホテルまでタクシーで行った方が楽です。

北投温泉は有名観光地なので、確実にタクシーはいますし、淡水信義線の「北投」駅→「北投温泉主要観光地」まで、タクシー料金も100元もかからないくらいなので、コスト的にも痛くもかゆくもない。

MRT路線図です。

f:id:mimitamaboy:20180217180701p:plain

MRTに乗る時は悠遊卡(ようようか、ヨウヨウカ)が便利です。お土産にもなりますし、悠遊卡(ようようか、ヨウヨウカ)の利用をお勧めします。

北投温泉の見どころ

温泉を楽しむのがメインです。駅周辺に主要観光スポットが固まっているので、主要スポットを適当に見て、台北観光に繰り出し、夜はゆっくり温泉を楽しむと良いと思います。

北投温泉の主要観光スポット

  • 地熱谷
  • 温泉博物館
  • 水着で入浴可能な温泉
  • 善光寺

まずは地熱谷でしょう。

f:id:mimitamaboy:20170702030706p:plain

この湧き出る湯気、温泉地に来たなという雰囲気を醸し出しており、北投に来たなら、必ず訪れるべき場所だと思います。地熱谷には「水温極高」と言った標識があったりして、よくわかりませんが、別府の地獄めぐりを思い出しました。

さて、そんな地熱谷ですが、結構、硫黄の匂いがします。硫黄の香り+煙が充満するその景色は独特で、日本統治時代には、なんと台湾八勝十二景に選ばれています。地熱谷の温度は80~100℃ということですので、「水温極高」というのも頷けます。酸性度も高いようなので、まるで地獄。絶対に入ってはいけません。

いやー、熱そうだ。

f:id:mimitamaboy:20170702030850p:plain

続いて、温泉博物館。まあ、ただの博物館ですが、雰囲気のある建物が良いですね。30分くらいで見て回れるので、チラッと寄ってみてください。

f:id:mimitamaboy:20170702031034p:plain

そして、日帰り入浴可能な「千禧湯」男女共用で水着着用で大人40元。あと、有名な日帰り温泉は「瀧乃湯」ですが、これも近くにあります。ただ、かなり熱いので、熱いのが苦手な人にはおススメできません(こっちは水着不要)。でも、ホテルで温泉に入ればいいと思う。

f:id:mimitamaboy:20170702031126p:plain

最後に台湾善光寺です。まあ、ここは必須ではない。みみたまボーイは泊まったホテルで徒歩20分と騙され、ちょっと散歩感覚ででかけて、ひどい目に会いました(笑)。かなり遠く、途中から山道なので、相当な覚悟で歩いてください。と、言うか、行くならタクシー利用をお勧めします。

こんな感じの独特な建物があります。

f:id:mimitamaboy:20170702032736p:plain

そして、北投を一望。山道大変でしたが、この景色は爽快でした。

f:id:mimitamaboy:20170702032900p:plain

緑豊かな渓谷に囲まれた台湾の温泉街「北投」。いかがでしたでしょうか?アクセス便利なので、台湾旅行の拠点にお勧めできます。台北から日帰り可能な温泉と言えば、ライバルとして烏来温泉もあるのですが、圧倒的に北投がお勧めです。

では、また。