台湾水事情と水の調達方法。水道水は飲めないが、歯磨き、うがいはOK。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

今回は台湾の水事情について書いていきます。みみたまボーイは台湾駐在が決まった時、日常生活で一番気になったのが、「水」でした。台湾に来たタイミングで、息子がまだ1歳だったこともあり「水は大丈夫なのかな?」と不安になったものです。




 台湾の水道水は飲めない

まず、一番大事なことを書きましょう。

台湾の水道水は直接は飲めません。

じつは品質上は台湾の水を飲んでも大丈夫

台湾では沸騰させた水、またはろ過した水を飲むわけですが、じつは台湾の水道水は「飲料水質基準」を満たしており、品質上は飲むことが可能です。しかし、台湾の水道会社ですら、水道水を直接飲むことは薦めていません。

台湾の水は硬水

日本の水はカルシウムやマグネシウムなどの含有量が比較的少ない軟水ですが、台湾の水はそれらを多く含む硬水です。まあ、特に気になったことはありません。一応、洗濯や料理には向かないとされています。

台湾の水道水を直接飲めない理由

水道会社の管轄範囲内では直接飲むことのできる品質レベルであるにも関わらず、最終的に直接飲めなくなる主な理由は以下の2つです。

  • 貯水池や貯水タンクの清掃が行き届いていない
  • パイプラインが古く、劣化が激しい

貯水池や貯水タンクが汚れている

台湾の多くの家庭はアパート、マンションといった集合住宅に住んでいるわけですが、水の消費量が多いため、基本的には貯水池や給水塔、貯水タンクを設置して、水の安定供給をしています。

貯水池や給水塔に入るまでは、飲料水としての基準を満たしているわけですが、貯水池や給水塔の清掃、保守が行き届いていないために、飲料水といて不適切な品質に変わってしまうことが多いそうです。なんか、もったいないですね。

ただ、この問題、多くの台湾人は理解しており、それでも清掃しないわけなので、もう諦めモードなんだと思います。まあ、根本的なパイプラインの問題があるので、ここで清掃、保守を頑張っても仕方ないという気持ちなのかもしれません。

パイプラインが古く、劣化している

台湾では水道水を運ぶパイプラインが古く、劣化、破損していることが多いと言われています。これは結構根本的な問題であり、他で頑張っても、パイプラインの問題で水道水品質が悪化してしまうとすると、どうしようもありません。

また、台湾は地震が頻発するということもあり、例えば921地震などでは台中、南投の水道管がかなりの被害、ダメージを受けたそうです。もちろん、政府も予算を充てて対策を進めているようですが、台湾全土のパイプライン再構築は容易ではありません。

まあ、結局直接は飲めない

歯磨きやうがいは大丈夫

台湾の水は飲めませんが、歯磨きやうがいをするくらいは全然問題ありません。毎日やっていますが、子ども達を含めて、調子悪くなったことはありません。安心して歯磨き、うがいをしってください。

たぶん、少量なら飲んでも大丈夫。まあ、意図的にチャレンジする人はいませんが、みみたまボーイの経験では、3歳の息子がうがいの途中で、そのまま水を飲んでしまったことがあります。彼は病院送りにはならなかったので、少量ならいけます。ご安心?ください。

台湾での水の調達方法

では、どうやって毎日口にする水を調達するか。選択肢は以下。みみたまボーイ家は、「ミネラルウォーターを買う」で凌いでいます。ウォーターサーバーを利用している日本人も多いと思います。

  1. 浄水器を付ける(フィルターでろ過して使う)
  2. ウォーターサーバー
  3. ミネラルウォーターを買う(PETボトルで購入)

浄水器をつける

一般の台湾家庭はこのスタイルが多い。カートリッジフィルターを定期的に交換するとか、そういった手間がかかります。みみたまボーイは、この定期交換を忘れそうなのと、浄水器の効果がイマイチ心配(気持ちの問題)なので、この方法にはしませんでした。

だいたい、中国語の重要なところを見落として変なセッティングになってたら病院送りですからね。じつは借りているマンションの水道には浄水器が付いていますが、ちょっと怖くて、一回も使ったことがありません。

ウォーターサーバー

続いて、ウォーターサーバー。台湾でも飲める富士山の水いう魅力的な商品もあります。水は毎日使うし、飲むし、ただでさえ異国で住むストレスがあるので、日常の細かいところで感じる安心感は大切だと思います。唯一の難点は、ややお値段が高いこと。

みみたまボーイも、最初はウォーターサーバーにしようと思っていました。ウォーターサーバー自体が便利ですしね。値段は必要経費かなと。まあ、結局最後は選びませんでしたが、ありですね。

台湾に住む日本人の方へ。富士山頂級天然水CLYTIA

ミネラルウォーターを買う

みみたまボーイ家は結局これにしました。ウォーターサーバーと迷いましたが、コスト面も考慮して、みみたまボーイ家(の家計)に最適なのはミネラルウォーターという結論

ミネラルウォーターの難点

ミネラルウォーターの面倒なところは、重くて持ち運びが面倒なことです。みみたまボーイ家は徒歩2分の場所にスーパーがありますが、それでも大量の水を頻繁に運ぶのはかなりシンドイです。水って結構使いますしね。

ネットで頼めば家まで持ってきてくれる

最初は自力で運んでいましたが、途中で気づきました。ネットで頼めば、家まで運んでくれます。まあ、それでもマンションの1階から自分の家までは自力で運ばないといけないのですが、台車とかあるので、それくらいはしょうがないかなと。

ネットはMomo通販を使用しています。何でもmomoで購入できます。便利な世の中になったものです。→momo購物網

広告

水の使い分け実例

みみたまボーイ家の水の使い分けを書いてみましょう。

  • 歯磨き、うがい:水道水
  • お風呂:水道水
  • お茶とか飲み物:ミネラルウォーター
  • お米を研ぐとき:水道水
  • お米を炊くとき:ミネラルウォーター

水道水が原因で起こりうる症状

よくあるのが下痢、肌荒れの類です。この辺は台湾の水が硬水だから、というのもあるかもしれませんが、日本でも住み慣れた場所から引っ越すと、敏感な人だとなったりしますね。それぞれ、原因は違うので、対策も違います。

じつは一番はストレスだったり

人間、繊細なもので、意外とストレスが原因だったということがあります。正確には、ストレスが原因で免疫力が下がり、その結果、水などの微量成分の違いに体が敏感に反応してしまうという感じですね。

これは慣れるしかない、その内に慣れるので大丈夫ですが、まあ深く考えすぎず、新生活に慣れてくるまでは、できるだけリラックスできるような環境で過ごすのが一番です。知らず知らず、体はストレスを感じていたりするので、注意が必要ですね。

下痢

水道水が原因の下痢は雑菌や不純物が原因であることが殆どのようです。特に台湾だと貯水槽の保守、清掃が行き届いてないことがありますので、仮に生水を飲んだら下痢になる可能性が上がります。もちろん、症状は人によって違いますが、リスクは高い。

対策ですが、沸かせば雑菌は死にますね。でも、不純物はそのまま残ります。そんなわけで、やはり浄水器、ウォーターサーバー、ミネラルウォーターといった対策が必要になってきます。健康第一ですから、この辺はちゃんとやっといた方が良いです。

肌荒れ

結構あるのが水道水が原因で肌荒れするというもの。肌荒れは水道水中の「残留塩素」が原因の可能性があります。台湾の水道水は日本と比較して塩素濃度が高いという話も。

水道水の残留塩素は、 人によっては、肌を乾燥させたり、肌荒れを起こしたり、髪の毛をパサパサにしたりするようなので、敏感な人は対策が必要かもしれません。なお、みみたまボーイは鈍感なので、特に不具合を感じたことはありません。

肌荒れ対策

飲む分には浄水器、ウォーターサーバー、ミネラルウォーターの類ですが、肌荒れの場合、皿洗い、お風呂、シャワーといったところも影響してくるので厄介です。毎日、ミネラルウォーターのお風呂に入るわけにもいきません。

みみたまボーイ妻の場合、皿洗いはゴム手袋をつけてますね。まあ、台湾だから着けているのか、日本でも着けていたのかは覚えていませんが…。

お風呂、シャワーの類が更に問題で、肌荒れに加え、髪の毛ゴワゴワするといった症状が出る可能性ありです。これが気になる場合、浄水シャワーノズルを付けるのがベストでしょう。お風呂だけなら入浴剤という手もあります。

この辺は、台湾生活を始める前に準備しておいた方が少しは異国で住む不安材料を消せるかなと。何があるかわかりませんし、健康に関することなので、備えれるところは備えておいた方が良いと思います。

それでも肌荒れになったら皮膚科へ行ってください

肌に気になる症状が出たら、すぐに皮膚科に行きましょう。早め、早めの対応が大切です。台湾の医療レベルは高いですし、先生も優しいので恐れることはありません。

関連記事:台湾病院事情。医療システム、緊急時の対応、よく使う中国語まで。

そんな感じです。では、また。

関連記事:台湾洗濯事情。天日干し?部屋干し?入手できる洗濯用洗剤の種類まで。